プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

笑ってるやんけ、と言いながらオレも笑顔


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ちょっと前に、33年ぶりにスタークラブを見に行った、という話を書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4124.html)。
30年ぶりを探してるわけじゃないんだが、ウィラードをね、見てきましたよ30年ぶりに。

ま、どうですか、ウィラードっていうのは、やっぱ多少こう、一匹狼感が強いというか、敵ばっかりというか。
だからか、最後に見た高校の時もワンマンだった気がする。
千葉ね。
ちょうどOUTLAWが出た頃だったと思うんだけど、SEにそのシングルそのまま使ってて、なんかこう、あれ?感はあったりして。
ま、いいんだけど、多少こう、なんかそういう「宣伝っぽいことするわけ?」みたいなところもあったりなかったり。

ま、簡単に言うと、ボーカルのJUNGRAYさん、気むずかしそう、という。

でもまあ、完全に孤立ってこともなく、他のバンドでギター弾いてたりもしてたよな。
一時期スターリンでもひいてたわ。
だから、その辺は結局はそういうパブリックイメージを作ってきた感じなのか、どうなのか、よくわからないけど、そういうイメージがずっとあった。


が、この日見たJUNさん、笑っとるやんけ!、と。
まずね、それが感想ですよ。

ご本人も言っていたけど、歳をとって丸くなる、という感じなのか、どうなのか。
でも、なんかすげえそれは自然体で、よかったな。
「裏切られた」という感じより、なんか嬉しかった。

だって、やっぱオレも当時はしかめっ面してケンカに備えながらライブハウスに行っていたけれど、今はやっぱどっちかというと「笑ってる」もんな。
歳とって云々、って別にまあ自然体で考えちゃったらいいじゃない、みたいな。
アンチエイジングだとか、しらんがな、と。
イイ感じで「歳とったらいいがな!」というか。

で、ウィラードをまた30年の時を経て楽しめるなんて、サイコウじゃないか。

ま、知ってる曲は2,3曲だったですよ。
そりゃそうですよ。
オレとしては最初の頃のインディーのしか知らない感じなんだから。

でもまあ、OUTLAWが始まれば、やっぱ前方に押し寄せちゃうよな。
一気に当時に戻るんだ、オレも。


この日、ツノも一緒に行ったんです。
久しぶりだな。
ツノは、ストリップや風俗以外ではあまり「これに行きたい!」というのはない人だし、そもそもが優等生なので、あまり「話題」にならないところがあるし、埋もれちゃいがちというか。

でも、ライブはとりあえずなんでもけっこう「のる」というのは知ってまして。

で、久しぶりに一緒に行かない?と誘ってみました。
ま、知らないバンド、だけど、きっとツノは楽しめる、というか、そもそも「知ってるバンド」がない、ツノには。

ネットで作業中によくかける、って曲でも、あまりツノは興味がないらしく、あまりその曲のことを言ったりしてこない。
他の連中はけっこう「あれかけて」「これかけて」言ってきたりするけど。


で、ツノがどうだったかというと、見事にのってましたわ。
拳上げて、時に上空で拍手し、そこそこ笑顔で。

いや、誘ってよかったな、と思ったんだけどさ。


で、まあ恒例ですが、イチマルも一緒だったんだけど。

実は、ツノはイチマルが大嫌い、で。
ツノはそれを公言してはばからない。
しかも、「世界で三番目にキライ」とのことで。

かなり上位なんだけど。

そんなこともあって、イチマルは調子がいいんで、ツノのそばでふざけたりしちゃうんで、そんな時には「ちょっとツノから離れてやれよ」とかいいます。
そういうのがあったからか、行きの車の中、オレとアキとツノとイチマルの4人だったんだけど、まあ普段だったら「アキちゃんアキちゃん!」とずっと喋りっぱなしのはずのイチマルが、一言も喋らない!

どうも、イチマルなりに気を使っていたらしく。

帰り、ツノはライブ会場から電車ということになったので、車は三人。
そうなったら、もう、イチマル喋りっぱなし!


まあ、どうですか、なかなかねこの辺の彼なりの「きづかい」がですね、なんかおもしろかった、というお話であります。







(BGM:水木炎「アモーレ港」fromYOUTUBE)
→いや、すげえカッコイイスキャット風というか、ビートルズ風というか、始まるんですが、唄が始まるとね、う~ん…。
…語尾がスゲエ!
スポンサーサイト

<< 松方弘樹さんにシンパシーを感じた誕生日 | ホーム | 無視も能力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP