プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「結局金かよ」、という


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



誰か~。


てなことで。
あの、先日大日両国大会に行ったってのは書いたんですけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4127.html)。
その日、ちょっと早く着きすぎまして、両国国技館の隣に「東京江戸博物館」がありまして、そこに行ってみたんです。

ま、市丸曰くの「東京エロ博物館」ですね。
それならなおさら行ってみたいと思うのは、もうみなさん誰しも同じかと思うんですが。
この日やってた特別展は「直虎」。

オレとしてはあまり歴史は好きではなく、というか、興味なく。
正直、よくわかんないんですよ。

1600年関ヶ原、とか「いい国作ろう鎌倉幕府」とか、そういうのは覚えていますが、じゃあ、関ヶ原が誰と誰の闘いなのか、その後の日本にどういう影響を及ぼしたのか、とか、そういうのがまったくわからない。
わからないので、興味も湧かない。

いや、わからないからこそ、興味が湧く、ということもあったりしますが、キライなんだと思う、「歴史」って。

ま、戦後史とかは面白いと思うんだけど、戦国とか言われちゃうと、なんかもうわけわかんないんですよ。
今の自分から遠すぎて。
たぶん、学校の歴史の授業がつまらなかったんだと思います。

歴史を学ぶってのは、今後の社会を作る上ですごく重要なことなんで、ぜひとも学びたいところではあるんだけど、戦国かあ…、う~ん…。
…という感じですね。

ま、前置き長くなりましたが、でもまあ、ちょっと前になりますけど、山形に行った時は最上義光記念館というところに行きまして(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3785.html)。
それはとてもまあ面白かった。

自分としても、自分は歴史嫌いだと思っていたんで、なんかおかしな感じで。
まあ、ちゃんと見れば面白いもんだな、というか。
だから、歴史モノの博物館も、「じゃあ、ちゃんと見てやるか!」みたいな気持ちではいるんです。
やっぱ、食わず嫌いはもったいないですし。

で、この日の直虎。

どうなんですかね、今、流行ってるじゃないですか。
オグラまで直虎直虎、言ってるありさまで。
NHKでやってるんですね、ドラマ。

この前、ちょっと番組表見てみたら、「直虎・城主もつらいよ」ってタイトルでですね、もうこれはおそらくコメディ入ってるじゃん、という。
ふざけてんのか!と実在の直虎に墓の下から怒られそうですけど。

そのおかげか、もう満員ですね。
満員ってわけでもないけど、そこそこ人がいて。
親子連れ、ご年配の方、もういろいろ。

で、よし、まあさて、山形の時のように一生懸命見るか!という気持ちでですね、入り口を入ったんですけど、これがもう、ウソのように身が入らない。

え?と。
自分でもなんか不可思議。

いやいや、見るぞ!
えっと、直虎の息子が直政?へえ…。

う~…。
身が入らない。

これね、もう最後まで身が入らないまま、わかったのは直虎が男か女かはっきりしない、くらいの感じの。

ま、もうオレとしては、直虎がどうしたこうしたというより、どうして身が入らなかったのか、についてばかり気になりまして。
いろいろ理由を考えていたら、思い当たることが一つありました。

この日、イチマルたちと一緒だったんです。
で、博物館とかではよくあるんですけど、障害者手帳を提示すると無料、みたいな。

ま、イチマルたち、もう給料と年金だけでかつかつでやってる連中にしてみたら、もうものすごくありがたいことなんですよ、これ。
いや、ありがたいな、と思っていたんですけど、この博物館は、どうも付き添い一名も無料です、と。
あ、そうなの?と。

ま、これもいいシステムだと思うんです。
実際、付き添いの人は、まったく付き添い、というか、興味ないけど、その人のためについてきた、という場合が多いわけですから。

手帳持ってるヤツばかりだったけど、まあ数人は手帳がない。
が、その人達も無料か…。
じゃあ、甘えますか、ということで。

無料で入ったんだ。

そこですね。
たぶん。

「元を取ろう」という精神が働かなかった、というか。
「何だ結局、そういうことかよ」、みたいな。
というか、やっぱ、付き添いとして入ったわけですから、やっぱ結果どうやっても付き添いでしかない、ということだと思いました、という話。





(BGM:ちわきまゆみ「THE PUNK」fromYOUTUBE)
→なんかアレだよな、すげえ俺が思うパンクではないが、これは彼女なりのセックスピストルズなんだろうな。
スポンサーサイト

<< 見納めにはまだ早い~今月のツイッターまとめ | ホーム | ま、俺はアナゴも好きです >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP