プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「大人は楽しい!」 ★ プロレス群雄割拠


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、「プロレス戦国時代 “群雄割拠 其の一”」という大会がありまして。
プロレスリング・フリーダムズが主催して後楽園で行われたわけですが。

いわゆる地方の「ローカルインディー」といわれる団体が集まっての大会。
プロレスの聖地、後楽園でそれを見せちゃおうというんだから、贅沢な大会である。

ちょっと前に、山形でDEWAプロレスを見たことは書いたんですけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3786.html)、ま、この感じを聖地で見れるというのはうれしい。
オレなんかはまあこの感じ大好きなんで、けど、首都圏に住んでると逆にちょっとこの辺の流れが遠い感じもありまして。

確かに、プロレスとしてはWWEが「ちゃんとしてる」ってのは、わかる。
けど、この「プロレスを愛してやまない感じ」というのは、むしろこっち側から臭ってくる。
多少の苦しい部分もあろう。
力量的にどうか?肉体的にどうか?というのもあろう。

けど、きっと普段は別の仕事をしていて、休みの日にみんなで集まって練習して、そうじゃない日は個人で筋トレして、で、時々こうやって大会を開催する。
大会を開催っていうけど、それはもうチケットを売るところから、会場を抑えることから、リング借りて…って考えると、もうタイヘンな作業である。

で、別にこれで「金が儲かる」わけではない。
いわゆる、これって金にもならないことを一生懸命やってる、ってことなんだけど。
バンドなんかもこういう傾向あるよね。

これ、好きじゃなきゃできないんですよ。
それと、好きな人が「集まらないと」できない。

この「仲間感」ってのもね、いいよね。


ま、たぶん、この辺ってのは、ウチの感じそのものなんだけど、おそらく。
毎日が文化祭、みたいな気がする昨今。
にじ屋なんかはもう、なんでもやれちゃいますからね。
「決められた作業をやってます」なんてのはウチの仕事じゃないからなあ。
なにか、面白いこと、昨日と違うこと、を探し探しの毎日。

で、そんなに金になるわけじゃない、という。
アクムが泊まりに来たところで(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3946.html)、金がどっかから出てくるわけでもないし、ま商売でやってるわけじゃないというか、いや、でも金がなきゃ困るけど、面白いからやるんで、もうね、「金払うから泊めてくれ」ってのは、断るわ、むしろ。

ま、こういうのも仲間がいるから面白いんで、おもしろがれるんで。
こういう仲間がいるってのはすごくステキなコトだよね。


だから、なんかこういうローカルインディーを見てると、嬉しいんだよね。
いい大人が、学プロから抜けられないというか、いろいろ若いころは目指していたけど、いろいろあって故郷に帰らなきゃならなくなって…云々、まあそういうの。
で、馬鹿なことをやってる、というか、いや、金にならないことを、ただ楽しむために、ただ「やりたいから」って、プロレスをやってる、って、すげえなって思うし、カッコイイと思う。

その「やりたいからやる」みたいなことって、規模がでかくなればでかくなるほど馬鹿馬鹿しくて面白いわけですよ。
だって、それだけ「準備がタイヘン」になるわけだから。
金もむしろかさむし。


ま、いいですよね。
こういう大人になりたいモノで。
って、もう大人だけど。


で、今回は、それぞれの団体の試合をショーケースみたいに見せる、という感じで、まあ面白かったですね。
ただ、客サイドとしては、選手の名前がわからないんで、コールでは言ってますけど、覚えられませんから、なんかパンフレットとか簡単なのでイイからカード表とかが配られてれば、それで選手名がわかって声も出しやすい、というね、そういうのがあります。
そうなると、今以上会場盛り上がると思うんだな。

ま、これはおそらく彼らとしては「よそゆき」の試合なんだろうと思うんですよ。
だから、彼らの本領を見に行こうと思えば、地方に行くしかない。
オレは、まあ地方に行く用事があるとしたら、なるべくその場所のプロレスの大会がないか調べることにしようと思います。


あ、そういえば、この前の釜プロ(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4042.html)に出てたグレートサラリーマンさんをお見かけし、挨拶させてもらいまして、「新大阪プロレス」を旗揚げした、と。
新/大阪プロレス、じゃなくて、新大阪を盛り上げるためのプロレス、だそうで。

いや、なんかもう、みなさんバカっていうか、愛すべきバカっていうか、カッコイイ大人っていうか、こういう人たちが増えたら、もう絶対楽しい世の中になるよな。
「大人は楽しい!」とオレは声を大にして言いたいし、楽しくしようぜ自分の人生を!大人よ!




(BGM:嘔吐処女団「アングロサンコン~憎いぜ!! Baby」fromYOUTUBE)
→もうね、この質感なんだよな。
当時のソノシート的な感じの。
こんなのばっかり聞いてたな~。
スポンサーサイト

<< 忘却しよう忘却 | ホーム | ってな感じで、笑ってGO! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP