FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ねえねえ?何丁目かな?ねえ?何丁目?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ま、ミツはウチではけっこう「シリアス」というか、率先してバカをやるタイプではない。
むしろ、そうした連中を冷ややかに見ている、というタイプ。
飲めば饒舌にはなるが、そんなに普段喋りもしないし。

そんなミツが、ウチでテレビを録画してたモノを見てたんです。
そしたら、「俺もビデオ買おうかな。テレビを録画できるヤツを」と言う。
「へえ、何見たいの?」と聞いたところ、ミツがこともなげに言いましたね。

「バカ殿とか」

ぎゃはははははははははははっはははははははははは。
キャラと違いすぎるわ!
おまえまで同じ穴の狢かよ、と。

というのも、もう井上にしてもイチマルなんかはもちろん、とにかくバカ殿大好き、だいじょうぶだ~、大好き、いや、もう志村けんさん大好きなんである。
それらのテレビ番組があるとなると、もう昼間からそわそわして、「ねえ、今日一緒に俺んちで見ようぜ!」みたいな。
そして、変なオジサンを踊り出し、それが伝播し、総変なオジサン、という状況に。

正直ですね、小2なんですよ。
アレで喜ぶのは正直、小学校まででしょ?みたいな気持ちが俺の中にありまして。

俺もまあ、ドリフ世代。
といって、荒井注さんかな、俺は。
でも志村さん大好きだし、その後、だいじょぶだ~の無言劇なんかも大好きで。
その頃、おそらく仕事始めた時で、工藤さんとよくテレビ見てて。

よく見てた…。

そうね、だから、別に小2じゃなくても好きなんだよ志村さんは。
誰しもが。
ミツのようにキャラがどうあっても、みんな好き。
最強。


で、その志村さんが舞台をやるという。
かなり以前に加納さんと行こう!って話をしてて、チケットを加納さんがとってくれて。
そしたら、「2枚余分にとったから、誰か誘っていいよ」みたいなことになりまして。

いや、もうこれ、話したらパニックですよ。
「俺が俺が!」みたいな。
そのくらい、もう志村さんは彼らにとって神のような存在ですから。
ミツまでも、なんだから。

そう思って、まあそこは直接言わず、「この中でドリフ好きな人!」とか聞いてみた。
もちろん、全員挙手。
「誰が好き?」と問えば、「カトチャン」というヤツもいます。
それはそれで、まあいい。
でも、今回は、まあ2枚しかないから。
志村後!じゃなくて、志村命!の人を連れて行きたい。

で、そんなことを何となくやってたら、もうイチマルは察知したわけ。
こりゃ、なんかイイコトあるでしょ?
みたいな。
で、「志村けんさん好きな人!」って、言おうとした、もうその「志村け」くらいで、イチマルは「はいはいはいはいはーい!」と挙手。

…合格です。

で、次に手を上げた速度が速かったのがコバで、まあこの二人で行きましょうか、と。
「実は、志村けんさんの舞台のチケットが2枚あるので、連れてってやる」と。
もう歓喜ですわ。

ステキだ志村けんさん。
この盛り上がり。
ありがとう、志村けんさん。
いや、チケットをとってくれたのは加納さんなので、加納さんありがとう。
でも、舞台やってくれなきゃ始まらないから、やっぱり志村さんありがとう。


で、その翌々日が当日だったんですが、その朝ですね。

俺が事務所に着くと、イチマルはすでにいて、俺の顔をニコニコ見つめながら、「ねえねえ、今日どこでやんの?」と。
「どこで?」「どこで?」と、もう半ば笑っちゃっている。
つまりね、もう俺にこう答えて欲しいわけです。

「東村山だよ」

ぎゃははははははははははははっはははははははは。
で、彼の思うように東村山と答え、すると、もう歓喜歓喜。
変なオジサンを踊り出す。

そして、「何丁目かな?」「何丁目かな?」と、もう笑いが止まらないイチマル。
ぎゃはははははははははははっはは。
最後には、「5丁目…かな?」といってましたけど、少なくともアレは4丁目までのコントじゃ。

ま、実際は明治座なんですけど。
もう、いい。
明治座は今日から東村山だ。


で、明治座には車で行ったんですが、駐車場を予約していて、駐車場に入ると係の人が来てくれて。
「会場までご案内します」と。

そのオジサンが、もう志村。

ぎゃははははははははっははははははっはあ。
ってのも、笑ってるのよ。
それもイヤミとかじゃなくて、なんか、笑顔がもう、なんか志村さん。
ステキなオジサンで。
一緒に行ったアキに言わせれば、「一番はあのオジサン」ということになるくらい、もうオレら爆笑しちゃって。

会場に着くと、子どもたちは「ちょんまげカチューシャ」してるし、売店の売り子さんもちょんまげだし。
もう志村ワールド全開。

全ての老若男女がこの世界の住人、その住人が、お殿様を見に来たんである。
しかも、そのお殿様、バカなんである。


舞台はもちろんサイコウで。
サイコウかよ、ですわ。
子どももすげえ笑ってましたけど、死んじゃうんじゃないか?くらいヒーヒー笑ってて。
ま、俺もすげえ笑いましたけど。

大人も大爆笑できる。
すげえよ、志村さん、すげえよ…。


てなことで。
だっふんだ!






(BGM:Auschwitz「Too Late」fromYOUTUBE)
→骨太ロックなのよね。
林さんって亡くなったんだよね。
合掌。
スポンサーサイト



<< カッコイイ大人に! まず墓参り。 | ホーム | 不覚にも面白かった ★ 映画 「ジョジョの奇妙な冒険」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP