プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ダンスしたい!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ちょっと思ったことがありまして。

俺が高校だったころってのはもう30年以上昔ですね。
で、翻って、今の高校生たち。

どうなんですかね。
今の高校生とか、ちょっとまえのゆとりとか言われてる若者。
どっかまあオレたちネガティブにとらえがちじゃないか?と。

なんかさ、「イマドキの若いもんは」みたいな。

しかしね、よくよく考えたら、俺が高校生だった時って、もっともっと「しらけてた」気がしてきた。
みなさんはどうでしょうか。

もっともっと、「一生懸命はかっこ悪い」と思ってた気がするのよ。

英語の授業なんて、リンゴを「アップル」って言ってたよね。
「アポー」とは言ってなかったし、単数の場合、「アン、アップル」であって、「アナポー」とは決して言わなかった、というか。

一事が万事この調子で、マラソンだろうが、なんだろうが、「一生懸命」より、「どうサボるか」の方が重要で、「かっこよくさぼる」ことが至上命題だった。

よくよく考えたら、髪型だけは必至に、朝、家でかっこつけてるくせに、「一生懸命はかっこ悪い」なんて、自意識過剰にもほどがあるわけだが、まあ、高校生ってそういう時期ではあろうかとは思うが、それにしてもひどすぎたんではないか?と。


翻って、今の高校生、なんか一生懸命やってる子もいるじゃない。
もちろん、オレらの頃もいたんだと思うけど、ちょっと学校ではメジャーな子じゃなかった。
そういう子を、先生は持ち上げたとしても、クラスは持ち上げなかったというか、クラスメイトとしては持ち上げなかったというか。
そういうね。

でも、なんか今は「あの子はアレ一生懸命で」なんて、認める感じがあるみたいなね。
なんか、「一生懸命、悪いことじゃないじゃん」、みたいな。

うちの子、まあもう大人ですけど、5~10年くらい前は高校生。
その子たちの感じを見ても、そういうなんかね、学校の感じが真っ直ぐな印象を受けました。
あ、高校のPTAの役職やってたりしたこともあって、学校に行く機会も多かったんだけど、なかなかイイ感じの子たちだな、と思ってました。


オレらの頃は、まあ一生懸命になるモノが見つからなかったんです。
というか、俺だけかもしれないけど、そういうヤツが俺の周りには多かった。
部活もやめちゃったし、さて何をするか?
バイクに乗って、麻雀やって、夜中まで友だちの家にいたりして。
だらんだらん、と。

そうなるとですね、「一生懸命になれるモノを見つけた子」ってのは、なんか憎たらしいんですよ。
ま、もう逆恨みですよね。
そういう連中が多くて、だから、一生懸命の子はあまりクラスのメインになれなかったというか。


そういう意味では、なんかすげえ「無駄な時間」だったなあ、と思います、
人生にとっては必要なムダだった、と言い切れる感じでもない。
その時間、何かに使ってたら、俺も大成したかもしれない。
でもまあ、だからといって、今の自分に不満があるわけでもないんだけど。


で、ですね、何が言いたいかというと、俺の時代とウチの子どもたちの時代以降、今の時代で何が違うかというと、「ダンス」なのではないか?と思ったんです。

つまり、その間にダンスが流行ったんですよ。
ダンス甲子園、なんてのもありました。
山本太郎さん、その頃から大好きだった。

で、ダンス。
もう学校でも「いけてる」子たちがやるんです。
というか、ダンスができてりゃいけてるんです。

でも、ダンスって一生懸命のヤツじゃないですか。
英語で言うと、アポー、言う感じの。

俺らの時代だったら、恥ずかしくて盆踊り風にやっちゃうところを、すげえカッコヨク「アポー」言う感じで、彼らは舞う。
そして、大喝采を受けて、学校カーストでも上位に、という。


つまり、まあ、何が言いたいかというと、ダンスってすげえな、という。

どのくらいスゴイと思ってるか、というと、もういい大人ですが、ダンススクールで「オヤジコース」があったら、ちょっとガチですぐさま申し込みたいです。
今からでも一生懸命、カッコヨクダンスしたいです。
キラキラと汗を流してみたいですね。





(BGM:越智静香「ジェニーはご機嫌ななめ」fromYOUTUBE)
→ま、これは超名曲なんだけど、この人は誰なんだ?
これ、映像も併せて見ますってえともうほぼミサイル級の破壊力といえます…。
見てらんないっす。
スポンサーサイト

<< 「ずいずいずっころばし」を合唱風に歌われたら、そりゃ笑っちゃうって。 | ホーム | 主体とお客さん、は違うのよ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP