プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「緊急」の正体


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


他とウチと半々来ていたカブキがウチにだけ来るようになって。
向こうさんとはおつきあいがないので、よくわかりませんが、とあるルートでは「障害者(利用者)はお客さんだから、いなくなるのは…。休みの日とかにウチのサービスを使ってくれないか」みたいなことを言っているとかいないとか。

いや、こういう発言自体は、もう一般的なんだと思います。
残念ですが。
つまり「利用者」は「金づる」という意識だろうから、こうなると、「できるだけ利率を上げるために、めんどくさいことは断って、最小のことをしよう」という気持ちになっていくだろうなあ、と思い、暗澹たる気持ちになりますが。

ウチの場合、まあ例えばアクムやノリが泊まりに来たとしても、特になんか金をもらってるということはありません。
もしかしたら、そういう手はあるんでしょうが、今の時点では「彼らは仲間である」ということをきちんとやっていきたい、という気持ちもあるし、少なくとも「金づる」にしたくない。

で、まあその親が、メールで「●日、泊まりお願いしたいんですが、大丈夫ですか?」とか言ってくるわけですが、まあ「いいですよ」と返すことになります。
ま、こっちも休みの日とかがありますから、親御さんの方もそれにかかる「頼みにくい日程」だったりすると、その「泊まらせてもらいたい理由」を書いてくれるんだけど、同時に「緊急ではなくてすいませんが」みたいなことも書いてあったりすることがあります。

例えば、夫婦でどこかに出かけたい。
とか。

いやいやいやいやいやいやいやいや。
緊急じゃん、と。

っていうか、緊急ってなんだよ、と。


ま、障害者福祉の世界では、通院とか、親が倒れたとか、そういうことになるんかな。
そういうことだと、「デイケアを使えます」とか「ショートステイ?を使えます」みたいなことになるんですね。
じゃないと、「ダメです」みたいな。

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい。
つまりですね、前提としてデスね、福祉の世界で言う緊急、ってのは、「使わせないための口実」なんですよ。


あのね、例えば夫婦で出かけたい、なんてのがね、どのくらい大事なことか、ってのは本人次第というか、本人にしかわからないでしょうが。

生活ってのはそういうことで成り立ってるわけですよ。

それを他人に「緊急か」「重要か」「重大事案か」を判定されるなんてこと自体がバカバカしいとは思いませんか?


こういうことを言うと、「なんでも使えちゃうじゃないか!」という人がいますが、難でも使えてイイじゃないですか。
福祉ってのはそういうモンでしょうが、と。

つまりですね、同世代の「健体者と同じことができる」ところに持っていく、というのが福祉の考え方なんですよ。
本人もそうだし、親もそう。

たいがいの場合、中学生くらいになれば、昼間の間くらいなら一人で留守番させる、なんてことが可能になってきます。
それができなきゃ、それができるようにするのが福祉の仕事でしょう。

それを、福祉行政や福祉を実行する団体が「それは重要だな」「それは緊急だな」なんて区別する必要がどこにあるのか?
それは、つまり、福祉の本質から言って、すごく「ズレた」論議なんです。


つまりね、今の福祉ってのは「どう使わせないか」ということに腐心してるんです。
介護保険もそう。
利用者負担を導入することで、「高くて使えない」という人を増やしたいんですね。
利用者負担さえなければ、もっと多くの人が、もっとラクに社会に参加できます。
同時に、その高齢者の方を介護している息子さん、娘さん、嫁さん、といった人たちが社会で輝くことができますね。
安倍政権も「SHINE」なんて言ってますけど、まあローマ字で「シネ」かもしれないのであれですけど、だったら、利用者負担なくせばいいんですよ。

そうなると財源が…なんてひとがいますけど、いや、だったら今国会で話題になってるモリカケだとかの学校の云々とか、そういう国民の財産をただ同然で売り飛ばしちゃってることをもっと問題にしたらどうでしょう。
それが先でしょう。


てなことで、まあ、緊急とか、馬鹿馬鹿しいですよね、という話です。
というか、それ以前に、カブキやアクムを「金づる」としてみるなんてことしたら、おそらく彼らと仲間には決してなれませんわな、って話。

現場は、どこでがんばらなきゃならないか、ちょっと考えた方がイイ。





(BGM:港雄一と浦野あすか「だまされごっこ」fromYOUTUBE)
→港さんは、ちょっとだけ歌ってるけど、基本、しゃべってんのね。
しかもこう、東京弁の「やさぐれ台詞」。
ま、需要がわからんですね、需要が。
スポンサーサイト

<< 仲間は金では買えない | ホーム | 討論の話ばかりになってしまったが。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP