プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

自衛のために


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


障害者の集まりなどで、知的障害者である井上達のことを「理解してください」「わかってください」とか「理解の輪を広げたい」とか、そういうことを旗印になんかやったりします。
「自閉症はこんな障害です」とか、まあそういうのを伝えたい、というのはすごくよくわかる。
逆に言えば、ちょっとした周りの手助けがあれば、彼らは普通に生活できたりする可能性がグンと高まるから。

だからこそ、「みなさん理解してください」「理解の輪を広げたい」という話になるわけです。

これはこれで、とてもその通りだと思うし、そうあって欲しい。
そういう世の中であって欲しい。
その思いは同じなんですけど。


でも、どっか俺にはそうした「障害者(や親)の集まり」に対しての拒否感があって。
それがなにかと思ったんだけど、おそらく「現状認識の差」ですね。

「わかって下さい」と言いながら、知的障害者の息子が見知らぬ女の人の手を急に握っても「ごめんなさい」で済まそうとする。
いや、「ごめんなさい」どころか、こうした会場では「そんなのあたりまえ」くらいの感じで周りの親や関係者が対応してくる時がある。
それがとてもイヤだった、という声もよく聞く。
いや、こういうの、ネットで調べると山ほどある。


俺ね、「理解してください」はイイと思うの。
どんどん理解してほしいの。

でも、同時に、「反社会的行動」については、例えば女の人の手を握っちゃうとかね、そういうのは「やめる努力」ってのをしないとダメだよな、いや、なくすくらいにもっていかないと、と。

これ、まず「手を握るくらいいいじゃないか」というのは話としてダメね。
挿れてないんだからいいじゃないか、口淫だけなんだから、みたいなコトと同じですから。
「~くらいイイじゃないか」は、少なくとも、こっちサイド、つまり「加害者サイド」は言ってはいけないセリフだと俺は思います。
いや、加害者って…っていうのも、ダメですね。
加害者なんですよ。
障害者が加害者って、もうW害者ですから、それはダメなんだと。
そこは「止める」ってことで目指していかないと、と。


いや、わかるんだよ。
「この子はそういう子だから、わかってください」ということで、「手を握らない」のであれば、最初からそういう「わかってください」はいらないじゃないか、というのもわかる。
でも、そうじゃなくてですね、これは「互いに歩み寄る部分」であって、それはこっちサイドとしては「手を握らせない」という努力でしかないと思うんです。


というか、なんでそれをしなければならないか、というと、この前の相模原の事件もそうですけど、「そういう加害者となる障害者は、つまり「手を握っちゃう障害者は」閉じ込めるべき」とか、「殺すべき」という意見が、あるんですよ。
今、けっこうな存在として、そういう人がいるんですよ。

で、政権なんかは実際に社会保障を切り捨てていて、ま、そっちの方向から「障害者を殺す」方向に動いている。

つまり、そういう流れなんだよね。
「役に立たない人間は死んでしまえ」、いや、「迷惑かけるならいらない!」みたいな。

いや、そんな人そうそういないだろ、と思うけどさ、これ、けっこう無視できない存在としてあるのよ、今。


だから、「理解してくれ」だけじゃなく、「手を握らせない」を実行しなきゃいけない。

そうしないと、彼らはどんどん大きな存在になってしまう。
そして、「迷惑かけるヤツは死ね」から、「迷惑かける可能性があるからはじめから施設にぶち込んで出すな!」ということに発展しかねない。
いや、もうすでに「生むな」ということになってるよね。
出生前診断ってそういうことだもんね。


だからね、「一方的な「理解してください」だけ」では、余計に井上達を「追い込んでしまう」可能性が高い。
時代がね、なんかもうそれを許さなくなってる、というか。

そこに我々は立ち向かっていかなきゃならないわけで。





(BGM:小山ルミ「さすらいのギター」fromYOUTUBE)
→これはかっこいい。
もうちょっとベースラインに凝れればいうことないんだが。
スポンサーサイト

<< リアルを見たいか? ★ 映画 「アウトレイジ最終章」 | ホーム | ま、また次、行こう。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP