プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「俺のことはいい!先に行け!」 ★ 映画 「新感染」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら

さて、15日に我々は大阪に旅立って18に帰ってくる予定でおります。
このブログは前に書いた原稿が自動更新しますので、大阪の速報様子が知りたい方はメンバー各人のツイッターやフェイスブックをご覧くださいな。

大阪ツアー日程
9月16日(土)15時30分開演 釜ヶ崎 三角公園
9月17日(日)14時00分開演 大国町 ピースクラブ(with中川五郎さん)
*17日終了後には打ち上げもあるみたいです。

大阪ツアー詳細はこちらをどうぞ
https://www.facebook.com/events/1411774302224526/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22page%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22page_upcoming_events_card%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D



というわけで、先週になりますか、工藤さん+αで見てきた「新感染」。
いわゆるゾンビモノなんだけど。

ゾンビはいい。
ゾンビ生みの親、ジョージAロメロさんは亡くなりましたけど、映画界に多大なる影響を与えたという意味では、彼ほどすごい人はいないかもしれない。

コメディーからシリアスなホラーまで、ゾンビ映画は今でも山ほど作られている。
ビーバーまでがゾンビになり、ゾンビーバー(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3314.html)などという映画すらある。
ゾンビデオ(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4002.html)とか。
商業的に成り立つような映画から、超C級、いや、学生の卒業制作の映画ですらゾンビは登場する。

それほどゾンビとは尊い。

なぜなら、彼らは死なないからである。
そして、元は人間。
中には、生前?やっていた行動を繰り返しているゾンビもいて、例えば毎日満員電車に揺られている様を繰り返してるゾンビ、とか。

なにやらそれだけでも哀愁があるが、それだけでなく、「噛まれたらもれなくゾンビになる」ということと、噛まれてから発症するまでに多少の猶予がある、というところが人間ドラマを生み出す。
100%発症するが、それまでに多少の猶予がある、ということは、噛まれたサイドは、生き残った仲間に一言言えるのである。
「俺はいい!先に行け!」などと、ゾンビを食い止めたりすることができる。

ま、ここで泣くね。
俺なんかはもうおいおい泣くわ。

てなことで、まあ設定からして秀逸なゾンビ映画。
この映画もそれに漏れず、素晴らしいできであったと思います。
商業的にも成り立つ、撮影規模のでかさと中身のスケール感。

それまで「うまくいってない父子」が、ゾンビが大量発生する列車に乗り込むところから話は転がり始めるんだけど、なぜって、父親は何時も自分のことしか考えてないんですよ。
最初、逃げるときも同じで、知り合いの軍隊の人に頼んで自分と娘だけ助かろうとする。
そういうところが娘はすごくいやで…。

という感じなんだけど、ゾンビから逃げる、というか、狭い車内だから、もう立ち向かうしかなく、その中で、やっと父も「皆を助けようとする」という、まっとうな人間、親父になっていく。
ラストはもちろん定石通り噛まれて、娘と生き残った妊婦さんを残して、自分は列車から飛び降ります。

この映画、とにかくこの娘の「泣き顔」と「ボケッとした顔」がすげえいい。
もう、なんか、不安がよく出てるというか、素朴でいい。
普通の女の子、こういう表情するよな、うん、という。

いや、最後、お父さんが感染して列車の外に出て行く場面なんか、この子の泣き顔だけで泣けます。

中盤のその妊婦さんの旦那もすげえかっこいいんだわ。
三枚目かと思いきや、すげえケンカ強いし。
彼もまあ、噛まれます。
で、ゾンビを食い止めながら、自分の妻と主人公の父娘らをゾンビのいない車両に逃がします。

途中、乗客が違う車両から来た主人公達を「感染してるかもしれない!」などと、車両から追放する場面とかもあったりして。
逆に「この車両にいるのは怖い」とかいう感じで。
「本当に怖いのは恐怖に駆られた人間である」というね。
デビルマンでも衝撃的に描かれていたその辺、ここでも大いに描かれています。

てなことで。
このゾンビ映画、一つ新しい点があります。
それは、速さです。
動きが速い。
だから、もう急いでゾンビがいない隣の車両に逃げないとしょうがない。

で、まあ車両を隔てるドアの開け方はこのゾンビ達はわからないので、まあとりあえずそれで一段落。
でも、勢い余ったゾンビ達が殺到してドアのガラスを割って侵入してくる、というのはあります。

これによって、一応、一回ゾンビをせき止められる、ということにはなるものの、その分スピードが速いので、「列車という閉塞感の中にある」という圧迫感がより増す、という構造になっています。
ここはなかなか考えたと思います。

ただ一つ、この映画では「何をしたらゾンビが死ぬか」というのがはっきりしていないので、そこがちょっと弱いかな…。
だいたい、アタマを撃ち抜けばいい、ということになってますが、拳銃が出てこないからか、そこはハッキリしてない。

でもまあ、その辺は気にならないほど、スピード感に溢れてる映画で、見終わった後、力が入っていたからか、全身疲れてしまっている感じもありましたね。

迷ってる人がいたら、オススメします、はい。




(BGM:ヘレン笹野「心細いな」fromYOUTUBE)
→テレビアニメうる星の曲なんだな。
って、もうこの頃はすでに俺はもうアニメは見ない感じでしたので、これも見ていません。
ちょっと変拍子なところもあったり、面白い曲だな。
スポンサーサイト

<< 大阪ありがとう | ホーム | 水の流れ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP