プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

強さ、だけではない世界


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



専従募集



「○○さんが、ブログを毎日読んでるんだって」とか、まあ、いろいろな嬉しいことを伝えてくれる人がけっこういるんだけど。
ま、せっかくなんで、どうですかみなさん。
そんなわけで、ここで呼びかけようと思いますが、10/1の日曜日に、にじ屋で飲み会があるそうで、午後からなのかな、けっこう昼とかの浅い時間からやってるようなので、みなさん来ませんか。
今回、なんか久しぶりに俺も出れるので、午後から終わりまでゆっくり会場にいようと思います。

みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。

さとう

mochiyori.jpg





先日、大日本プロレスの新木場大会に行ってきましたが。
レギュラー参戦してる人気の二丁拳銃、バラモン兄弟(両者とも大日所属ではない)が出ず、デスマッチがメインのみ。
しかも、前の東京での大会がほぼ一週間くらい前。
こうした、逆風の状況でも、お客さんがガラガラになることもなく、結局満員っぽかった。

ま、大日本プロレスの面白さがみなさんに浸透してきたのかな、と思うとうれしく思います。

プロレスの興行ってのは、まあ第Ⅰ試合からメインまでありますが、やっぱりメインの試合、そしてメインの試合後の「マイク」が印象に残ります。
というか、その大会の最重要ポイントとも言えます。

プロレスを知らない人でも、猪木さんの「1、2、3、ダー!」くらいは知ってるかと思います。
ラスト、それでしめれば万事OKとでもいいたい感じのアレです。

プロレスでは、けっこうこの「1、2、…」というのがポピュラー?で、たとえば志田選手の自主興行では、「1、2、3、シダー!」となったりします。
シと4をかける、というね。
ま、なんにしても、まあ最後のマイクが猪木さんの時代から伝統的に重要、って話でありまして。

この「マイクが重要」ってスポーツ、他にあるだろうか?と考えた時、ほぼありません。

記録が出なかったオリンピック選手が後に記者会見をしたりはしますが、そのゴール直後にマイクを持って、「ワタクシは、次の大会に向けて!今こそ、這い上がってみせる!行くぞー!1、2、3、ダー!」とか言いません。

まずもって、言う余裕がないでしょ、彼らは。
でも、プロレス最強、やっぱりプロレスラーはそこに若干の余裕があるわけです。

というか、その分はちゃんととってあります。
最後のマイクも含めてプロレスですから。

で、この日のメイン、高橋選手と植木選手という、どっちかというと、「不器用」な感じの二人が勝ちまして。

あ、プロレスは基本、勝った人がマイクをやります。

しかし、不器用な感じ漂うこの二人が、きっちりマイクでしめてくれるのか?というね、一抹の不安もあり。
器用な選手なら、マイクもそつなくこなす感じがあります。
けど、この二人は…。

と思ったらですね、いや、このマイクがサイコウで。
植木選手が、相棒の高橋選手を、高橋さん!高橋さん!と叫び、話の合間に関係なく「高橋さん!」を挟んでくる。

つまりですね、もう「不器用である」を逆手にとって、「頭真っ白なんで、高橋さんを連呼する」という技に出たわけです。

これが面白かった。
この日の観客にスイングしました。

そして、最後はなんと、「1、2、高橋さ~ん!」でしめるという。

…ぎゃはははっははは。
プロレスのセオリー通り数字を使い、しかも、さん、と3をかけてきた。

いやあ、面白かったなあ。


プロレスが素晴らしいと思うのは、この「マイクが下手」だったりしても、工夫する、プロレスアタマを駆使することで、それを逆手にとれる、ってところなんだよね。

とても弱いレスラーが、時にものすごい人気を博すことがある。
デビュー当時の真琴選手なんかがそうだった。
バトルロイヤル(数人の選手がリングに上がり、生き残った人が勝ち、みたいな試合)で、ひっそりとリング下に隠れていて、他の選手の熱い戦いを尻目に生き残ったこともあった。

もう拍手喝采である。

つまりね、この「弱い」「下手」が、「強い」「上手い」を凌駕することがある、というプロレスの魅力。

俺は、プロレスのそんなところが好きなんだよな~、とこの日見て改めて思い、そして、植木選手、高橋選手をなお応援しようと思いました。




(BGM:柴田まゆみ「白いページの中に」fromYOUTUBE)
→ポプコンなのね。
あったなポプコン。
いわゆる「歌謡曲的」なことからフォークがあったり、ニューミュージックがあったりの流れの中で、必然的に出てきた感じ。
これはなかなかいい曲だと思う。
スポンサーサイト

<< 愛は地球を救う ★ 映画 「散歩する侵略者」 | ホーム | アンチ・サザエさん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP