プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

TOKINさんって名前だけど、将棋とは関係ないんだって!歩が成ったわけじゃない!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


オレは前から「名札」というのには大いなる問題があるな、と思っていて。
というのも、いわゆるヘルパーだとか、市丸たち知的障害者とかの作業所の職員、とかがよく下げてるヤツ。

これについては、まあ前から言ってて(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-741.html)、最近またひどいんでイベントでもやろうかと思ってるんですが。

というのも、やっぱ名札、ってのは、「お世話してる」という記号なんです。
だから、社会は、本人に言わず、名札の人に言う。
つまり、ヘルパーだったり、職員だったり、本来は「社会参加」を促さなければならない人たちが、「社会参加のかべになっている」という現実。

そして、「結局、障害者はこういう「専門家」にめんどう見てもらわなきゃだめなんでしょ?」という刷り込みを、この名札はやっている、と俺は思っています。


とはいえ、これは「名札を憎まず」というか、それをヨシとしている社会の問題というか、そもそも「名札をしたい」って人がいるんですよね。
前に書きましたが、ガイドヘルパーに名札を強制する、って話が旧浦和市であったときに、まあ大反対したんですが、市との話し合いの中で、「名札はおろか、ガイドヘルパーです、ってたすきを作って下げてる人もいる。自主的に。」という話もあって(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-24.html)しかもそれ、視覚障害の人のガイドさんらしく、当人知らない、という。
で、この名札の話も、その辺の人たちから出た話、という。
本人の要望でも何でもないの。

もうね、これ、自己顕示欲以外のなにものでもないんです。
そもそも、ヘルパーとかってのが、「すばらしい仕事」とか、なんかそういう聖職的に言われるのが根底にあるんだろうな。

この人たちは「すばらしいですね」とか言われたいんだ。
つまり、障害者はダシに使われている。

自己満足、自己顕示欲を満たしたいというのはわからなくはない。
けど、それを「他人の障害をダシにする」ってのはどうだろう。
ってか、まあオレが障害者団体にいるからだけれど、まあ気に入らない。

そもそも、人に褒め称えられたいんだったら、絵画でも写真でも勉強したらいい。
それを、絵が上手い障害者のそばによって、「私がこの人のめんどうを見てます」ってタスキを掛けることがどれだけ醜いか?という。

本気で徳を積みたいのなら、こっそりやれ。
こっそり。

ま、俺なんかはそう思うわけなんですけど。

しかし、実際、こういうところで仕事していると、そういう人が来るのよね。
もうね、目つきでわかる。
加納だったり、井上でも、障害者誰に対してでも、「優しいまなざしを向ける」人がいる。
もう、絶対に関わらないでおこう、と思う。

「優しいまなざしの何が悪い?」と言われそうだが、いやいやいや、そもそも、今会ったばかり。
どういう人か判らない状況で、ただ「障害者」というだけで「優しいまなざし」を送る人は、経験的にこの「自己顕示欲の塊」である場合が多い。

いや、きっとこの人は「悪意はないんだろうな」とは思う。
だから、たちが悪いんじゃ、とも。

本気で井上とかを助けたいと思うのなら、必要なのは優しさでも同情でも、正義でもない。
優しいまなざしでもない。
金だ。
金くれ。
金でたいがいの問題は解決する。
月に1千万くらいづつくれれば、ウチの連中は基本助かる。


とまあ、なんでこんな話を急に持ち出したかというと、先日、TOKINさんの個展に行きまして、たまたま彼女がいたので、話をしてて、そんな話になって。
彼女は、メンタルな障害だってことで、イラストレーターでもあって、ということなんだけど、やっぱ「メンタルな障害」って話を出したら目がキラキラして、「助けましょうか」って人が現れる、って言ってて。
まあ、そういうことを想像させる作品もあったりして。

で、そんな話をしてて、思い出しましたタスキの話とか。


ま、いい人なんだと思うんですよ。
でも、その「善意」に一度からみとられると、抜け出すのは容易じゃないのよ。
悪意の方がずっと対抗しやすい。

ま、そんな話です、はい。


で、TOKINさんの個展!
これが記事になる頃には終わってるのかもしれない。
けど、なんか次の機会に是非見に行って欲しいなあ。

彼女の世界観は、ほんわかしてるように見えて、きちんと主張があって、カドもある。
だから、なにか心に引っかかる。

メンタルな障害を乗り越えて、なんていう感動ポルノではない、「うらみ」にも似た、「ねたみ」にも似た、なにか「ダーク」がある。
それは、結果的に、世の中を蹴散らしているし、かきまわしてもいる。

というか、そういう作家さんとして、もっとブレイクして欲しいと思ってる。




(BGM:スターボー 「ハートブレイク太陽族」fromYOUTUBE)
→よく知らなかったんだけど、映像見てびっくりしてんだけど、髪型とか衣装とか、「男の子?」みたいな感じに仕上げてるんだね。
ちょっとYMOのマッドピエロなのね。
スポンサーサイト

<< オレは悲しい | ホーム | 大阪~四谷 写真集 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP