プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

もはや戦前だ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


けっこうどうでしょう。

選挙になりますと、アレですけど、俺、「どこに入れるか」「どこを応援するか」ってのは、あまりどうでもいいというか。

オレの場合、考え方として消去法なんだよね。

そもそも、消費増税して社会保障費を充実させる、と言ったのに、させない、とか。
原発利権で喰ってます、とか。
お仲間の学校新設の申請は受け付けますけど、とか。
聴衆の野次に「黙っておれ」とか偉そうに言ったとか。

そういうの、許せんのよね。
だから、それは入れない。

あ、まだまだあるよね。

自民党から政権を獲る!とか言ってる割に、党の重要な人が「選挙後も首相は安倍さん以外ないでしょ」なんて言ってる、とか。
「政権を変えよう!」なんて言いつつ、中身は今の政権と一緒、とか。
結局、イメージだけで、中身なかったり。
「丁寧に説明する」とかイイながら、まったく説明しない、とか。
「選挙中に疑惑について説明していく」とかいってたと思ったら、「選挙終わって国会で」とか言い出したり。

そういうのには、入れない。
こうやって、「ここには入れない」、という選択をしていくわけ。
で、残ったところに入れる。

って、いや、ソレは正しくない。
そんなこと言ってたら、まあ残らんのよ。
どの党も残らない。


こういうこというと、「いや、共産党は残ると思います」とか言う人がよくいるんだけど、いやいやいや、俺にとって共産党は宿敵というか、一言で言うとキライなのよ。
言ってることが、とか、主張が、じゃなくて、やってる人、党員?の人がイヤな人が多い。
もちろん、いや、すごくステキな人もいるし、それはフォローじゃなくて、ほんと助けてくれた人もたくさんいるんだけど、イヤな人もその分多い。

というか、この業界、共産党の人が多い、ってのもあるかもしれない。
よく会う。
だからまあ、相対的にきらいな人も増える、みたいなことなのかな。

でもなんか、すごく道徳的な人が多い気がして、俺はちょっとごめんなさい、を言いたくなる。
そして、これも俺の中では消去法の条件に入る。
やっぱね、現場でナンボだから。
現場がイヤな感じ、ってのは、まあダメですよ。
もちろん、どっかの「よっしゃよっしゃ的ガハガハ昭和オヤジ政治」はもっとイヤなんだろうけどさ。


でもまあ、状況も変わってきてて。

先日、小林よしのりさんが辻本さんを応援してたりして。
そもそも、ネトウヨの走りのような人でしょ。
理屈こねてゴーマンどうのこうの言って。

あれ、やっぱ平和だったからやれたことなんだよね。
「いろいろな意見」ってのは、やっぱあるし、作ろうと思えば、いくらでも主張は作れるわけだから。
平和だからこそ、ちょっと「右寄りにつつく」ってのが、当時、流行ってはいたんだよ。
たけしさんとかもそうだった。
それはある意味「言葉遊び」だし、「思想遊び」みたいなモノだったような気もする。

でもね、こうなっちゃうと、もう総右翼化、極右化してる現政府の状況で、「ゴーマン云々」なんて「遊んでらんない」のよ。
思想で遊べない。
これね、一つの文化的死だと思うんだ。
哲学や理屈をひねって遊ぶ、討論するのって、文化だと思うんだけど、それが今、もう瀕死の状態なんだろうな、って思ったわけ、小林よしのりさんの行動を見て。

俺もまあ、今まで、ほんと「共産党きらい」でいけてたわけ。
民族派に近い思想は元々持っていたし。

けどね、もうそういうの、言ってられない。
だって、子どもが戦場に行く、って話になっちゃってるでしょ。


よくよく考えてみたら、北朝鮮だって、日本狙ってないでしょ?
日本の上空をミサイルが?
いやいやいや、上空ったって、宇宙ステーションより高いとかさ、それ、宇宙だから。
ソレ言ってたら、各国の衛星、日本上空飛んでるって…。

というか、北朝鮮は米国を敵だと思ってるんでしょ?
米国に向けてミサイルを飛ばしてる。
なんで、そんなに「俺たちが狙われる」って騒いでるのかわからない。

それに、地球は球体だから、北朝鮮から米国を狙うなら、日本の上空は通らないって話もありますよ。


ま、こうなるとね、もう、「いろいろな消去法の選択肢」が、どんどん「許容しなければならない選択肢」になっちゃうんだよな。
これ、まあ選挙だけの話じゃないんですけどね。
差し迫ってるというか、選べるような状況ではなくなってきてる、というか。

「イヤな人たちばっかりだから、ここには入れない!と思っていたのに、その党に入れざるを得ない状況」がね、ついに今回やってきたな、と俺は思っています。

そしてこの「選べたはずのものが選べない」という状況は、もうすでに「戦前なんだ」ってことをね、我々国民は理解しなければならないと思います。







(BGM:万紀子「九月の出来ごと」fromYOUTUBE)
→ジャケットは確信犯のパンチラなんだよね。
とにかくまあ、9月に恋して捨てられた、みたいな歌。
だろうなあ、と。
スポンサーサイト

<< 単純に教師を増やしたらどうか? 日本の未来のために | ホーム | 「ウチの子、ウチの子って、ウチの子ばっかり見ないで音楽を聴いてあげて…」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP