プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

オナラジェット! ★ 映画 「スイスアーミーマン」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ちょっと前になるんだけど、所沢に行く用事があって、まあいろいろあってその用事は完全には実現しなかったんだけど、まあ行きまして。
で、時間もあく。
「これは一人で映画を見るチャンス!」と思ったら、ちょうど映画館もある。

その名前が、「レッツシネパーク」。
…レッツシネ!、って…。

なかなかイカした名前です。

で、その映画館、入ってみると、リクライニングシートというのが同料金でありますよ、と。
へえ、なんだべ?と思い、その席でお願いすると、いやいや、これがもう快適すぎる。
リクライニングするわ、フットレストあがるわ、首の部分も上がり下がりしたり。
そしてなにより、席が広いの。
なんか、二人分くらいある気がする。
だから、もうなんか悠々なのよ。

シネパーク、なんていう物騒な名前にしては、快適、というパラドックス。
いや、なかなかいいです。


で、そこでちょうどこれまたやってたんですよ、「スイスアーミーマン」。
これ、ずいぶん話題になっていたし、アオテツからも評判は聞いていて、とにかく見たかった。
見たかったが、なかなか時間もなく。
もう、そろそろ終わっちゃうかな、とか思っていたら、この偶然の感じで、しかも所沢で見れるというラッキー。

思っていれば出会う、というのは、本当である。

あ、そうそう、この映画、ラスト、出会ってしまう。
これね、いや、出会いたかったんだが、出会ってはいけなかった、というか…。
簡単に言えば、片思いの相手、ということなんだが…。

切ない。
切ないよ、これは…。


というわけで、中身ですが、ハリーポッターのラドクリフさんが、「アーミーナイフ」、つまり十徳ナイフの男を演じている。
といっても何のことやらわからないですよね。

無人島で絶望に打ちひしがれる主人公、そこにラドクリフさん演じる死体(と思われる)が流れ着く。
しかし、その死体、アーミーナイフのように「使える死体」だった…。

最初、とにかくオナラなんですよ。
腐敗ガスなのかな?ということなんだけど、オナラがジェット噴射のように出まして。
その彼の背中に乗って、サーフィンよろしく無人島を脱出する…という。

…馬鹿馬鹿しいにもほどがあるというか、小2的発想なんですけど。

その後にも、エロ本を見るとポコチンが故郷を指し示す、とか、口から水が溢れてくる(水筒の役割ですね)、とか、口からなんか発射して獲物を捕まえる、とか。
…くだらない。


けど、このラドクリフさんがなぜか喋り始めてしまうあたりから話が加速していきまして。
同時に、主人公の悲しい片思いの話も出てきて、だんだん、ヒューマンドラマになっていくんだけど。

主人公も、なかなか社会に溶け込めない、そして、もちろん女性とも話すのが苦手、みたいな「イケてない男」の代名詞のような男で。
同時に、ラドクリフさんだって、死んでるわけで。
でも、まあ、しゃべってるんだけど…。
互いに、なんか「このままじゃダメだ」みたいな。
なんかよくわかんないけど、だんだんそのラドクリフさんが死んでるんだよな、ってのがわからなくなってくるんですけど。

親友同士が遭難してる、みたいな感じで。

で、この主人公、ちょっと潔癖というか、オナラも人前でできない、みたいな。
それは、ラドクリフがバンバンオナラをするのとは真逆でありまして。
バンバンオナラするというか、もうオナラジェットですけど。
でも、そういう性格が、この主人公を歪めてるというか、それは父親のダメな教育方針もあってのことなんだけどさ。

その辺から、「そんなことじゃダメだ。隠れてオナラするようじゃダメだ!」みたいな。

もうなんかね、オナラがすごく崇高に見えてくるというね。


そしてラスト。
最悪のバッドエンディングなんですが、ラドクリフさんだけは、オナラジェットで再び海に帰っていく。
冒頭からラストまで、よくよく考えたら、これ、オナラ物語ですよ。

なんかね、泣けちゃった。
しかし、自分で書いてて笑ったけど、オナラジェットって…。


馬鹿馬鹿しくて、どうしようもないんだけど、でも切なくて、悲しくて。
確かに希望が持てる感じではないが、でも、オナラってやっぱ重要だよな、というか。

冷静に考えれば、恋人同士でも、オナラの問題はつきまとうわけで、けっこうね、オナラでみなさん笑いますけど、泣き笑いというか、重要な人間関係の「何か?」の物差しでもあるような気がしますよ。




(BGM:梢みわ「若いけもののように」fromYOUTUBE)
→語尾に「アハ~ンハン」がつく歌唱、ってのがありますけど、これは薄~くそれを倣ってる感じですね。
もっと思いっきりやっちゃった方がよかったかしらね。
スポンサーサイト

<< なにがパーフェクト、なんだろうか…この先が気になる… | ホーム | いい子の枠を飛び越えよう! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP