プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

日本の怪談はホラーに非ず


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「オキナワノコワイハナシ2013&2014」

これ、ちゃんとしてます。
こと、2014の方の最初のエピソード。
泣いた。
涙が止まらん。

これはまあホラー映画というより、怪談のオムニバスってことになるわけですが、日本の怪談ってのはね、恐いだけじゃダメ、って改めて思った。
稲川さんの怪談を聞きに行った時も、けっこう泣いた話もあったよな、と思い出す。

もちろん、Jホラーというのもその流れの中にあって、だからこそ、海外でもうけているという面もあるわけで。
繊細で、哀しくて、でも凶暴な霊、みたいな。
すべてが一つの話の中に両立している、みたいなね。

他にも沖縄だからこそ、の話も。
特に2014の方、ぜひ見てください。
怖い話苦手な人も、ぜひ。
きっとレンタルとかできるんだと思うので。


「本当はエロいグリム童話 RED SWORD レッド・スウォード」

仁科百華さんですよね。
ま、何もないです。
ホント、なにも残らないし、なにも見てない、俺。
逆にすげえな、という。


「市民ポリス69」

多発する犯罪に、ボランティアによる市民ポリスを設立。
どっか「裁判員制度」を思いおこさせる設定だが、まああんな感じで、市民ポリスが選ばれ、悪に立ち向かう。
なんか、あり得ない話でありながら、どっか「ありえるんじゃねえか」的世界観で、近未来のようで、コメディになってない感もある。

登場する俳優さんとかを一見すると、正直コメディをやりたかったのか、セリフなんかも多少そういう向きもある。
でも、正直俺には笑える感じではなかった。

なんでまあ、淡々と単純なラブストーリーモノ、冴えない中年のロードムービーとして見るコトになるんですが、まあ、それでも充分楽しめたかな。
これ、主演の酒井敏也さんの力によるモノではないかと俺は思う。
けっこう登場人物のキャラが立ってるので、それに振り回される感じでまとまりがない中、内容的にも、酒井さんが中心で踏ん張って物語を成立させてる感じ。


「恐怖女子高校 女暴力教室 & 暴行リンチ教室」

ま、なんですか70年代当初の映画で。
いや、もう正義がハッキリしてるでしょ。
学校サイド、政治家サイドはもう絶対悪だし。
主人公はスケバンだけど正義だし。

いいなあ、こういうの。


「ちはやふる 上の句 & 下の句」

ま、広瀬すずちゃんですね。
もうなんでしょう、この今や「少女マンガの主人公」をやらせたら右に出るモノがない(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4023.html)。
一生懸命、前向き、かわいい、周りの男の子がほのかに好きになる、チアダンやかるたに夢中で何も見えない、試合が終わるとすべてを使い果たしたのか気絶する。
…もうすべての要素が彼女につまっています。

前はこのラインに綾瀬はるかさんがいたような気がしますが、今やもうすずちゃんですね。
疑いようがない。

そしてまあ、この青春感。
なんでしょう、「仲間と闘う」ということへの単純な感動。
そもそもかるたって個人戦のイメージがありますが、団体戦というのもあって。
いや、でも「個人戦こそ団体戦」みたいなね。
そういうことで闘ったりするんですこの子たち。

で、相手がスゲエ強くて、どっちかというとワンマンで、みたいなね。
それを仲間との友情で勝ち進んでいく、というのが王道。
そして、この映画はその通りの中身。

負けるとわかってても前に出る。
仲間のために、自分が闘う。
ま、涙出ますわね、こういうの。

強敵相手に単純に一枚札をとる、という場面で泣けてしまう。
仲間を見て「一人じゃない」とつぶやく場面で泣けてしまう。
団体戦で自分が捨て駒になることを志願する場面で泣けてしまう。

ま、そういうもんだ青春。

出来る子も、出来ない子も、みんなで一つ。
…あれ?なんかできすぎててイヤですか?

いや、いいじゃない。
理想?あり得ない?
いや、でも、こういう仲間を見つけよ。
みんなが、そう思ってるんだから、できるはず。

そして、青春に遅い、ということはない。
…と思う。





(BGM:紫四郎「ある魂に捧げる歌」fromYOUTUBE)
→この鬼気迫る歌唱はなんだろう。
レクイエムとしては、あまりに攻撃的である。
「三畳一間で寂しく死んだ いったい誰が悪いのか」
…う~む…。
スポンサーサイト

<< また大日本プロレスがにじ屋に来てくれたら嬉しいなあ | ホーム | 秘密のドア >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP