プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

また大日本プロレスがにじ屋に来てくれたら嬉しいなあ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、大日本プロレスの新木場大会に行ってきました。

この日の大会は、第一試合からメインまで、どれも面白かった。
どれもスイングしてた。

大日はまあたいがい毎大会面白いですが、いろいろな団体を見ていますと、時に「ちょっときついな」と思う大会もあります。
「早く終わんないかな」みたいな。

プロレスの試合って、やっぱ順番ってのがあるな、と思うんです。
第一試合は新人がゴツゴツ当たって。
大技じゃなくて、関節技で終わる、みたいな感じがいい。
第二試合、いわゆる昔で言えば「小人プロレス枠」になりますが、コミカルな試合。
そして、第三試合で中堅が盛り上げて、第四試合とかで、タッグチームの遺恨がある試合とか。
で、セミ、メインではタイトルマッチが絡む試合、みたいな。

こうなると、やっぱこっちも盛り上がっていくというか。
最初から最後まで、「とりあえず選手組み合わせてみました」なんてことでは、プロレスの大会は成り立たないのであります。

この日は、きっと試合順もよかったんだな。


そういえば、プロレスをテレビではなく現場で見るようになってすぐの時、まあほぼ全女を見てましたけど、「ああ、終わらないで」「まだまだ闘い続けて欲しい」みたいな気持ちになったモノです。
つまりまあ、「もっと見ていたい」という。
あの頃は、どんな試合でもまあまあ楽しかったんだな。

今はやっぱもう何大会、何百大会も見てきて、目が肥えてしまったというか。
それはまあイイ点でもあり、悪い点でもあるのかもしれない。

最初見たときの感動、というのがやっぱ薄れてしまいます。


そういう意味で言えば、大日本さんは、もうけっこう見てますから。
おそらく最も見てると思います。
シャドウWX選手が火だるまになったり。
ザンディグ選手が車の上から火を放った机の上におちてきたり。
外国の選手が後楽園のバルコニーから階下の机にダイブ。
でも、机が割れなかったとき…、とか。

ま、印象というとやっぱそういうデスマッチの「スゴい部分」ですけど。
大日はそういうのを続けてきてるわけで、なかなかすげえよな、と思います。


一方で、ストロング部門、いわゆるデスマッチじゃない方の闘いがこれまた最近すげえ白熱していて。
ジュニアの試合なんかは、はげしい。
バチバチのやり合いである。
そういう意味では、今だベルトを戴冠してない橋本和樹選手を中心に回ってるようにも見える。
だって、橋本選手はそもそもバチバチ感すごかったし。
橋本選手がいつかベルトを巻くときが、大日ジュニアが最高潮に盛り上がる時というか、大日ジュニアが形になる時、なのかもしれない。


そして、コミカルなんだよね。
大日はコミカル名試合もいい。
まあ、中心はバラモン兄弟ですけど、横浜が生んだバカ兄弟、というキャッチフレーズ。
ホンモノっぽいので、人間的には全く近寄りたくないんだけど、リングを見てる客としては楽しい。

そしてまあ、彼ら、水ぶちまけるでしょ。
客席水浸しでしょ。
いや、これ、見てない人は、「客にはそこそこ少しかかる程度だろ」と思われがちなんだが、ガチでバケツをアタマの上でひっくり返されます。
よける暇がないくらいの速さでバケツ真っ逆さま。

やり過ぎだ、と言えばやり過ぎですよ。
でもまあ、いいんです。
もうそういうもんだから。
時にそれをよく知らないお客さんがいて「被害」にあったりして、「ああ~もう~」となりますが、それもまた楽しい、なんて言ったら被害に遭った方に申し訳ないけど。


そんなわけで、今の大日は、当然デスマッチ、そしてストロングも充実、コミカルも充実、というね、けっこう完全無欠っぽい。
そして、運営に家族感がすげえあって、なんか一度みにいくと、なんかハマる。

ぜひね、みなさん、大日本プロレスへGOですよ!




(BGM:中野ゆう子「妻になれない」fromYOUTUBE)
→「偽のダイヤをつけてはいても あなた愛した心はホント」
このパターンの需要って、どこにあるんだろう。
妻になれない女性サイド?
妾がほしい男性サイド?
…ま、どっちにしても、なんだか不幸臭しかしない…。
スポンサーサイト

<< 大阪ツアーで泣いた理由と、12月公演への思い | ホーム | 日本の怪談はホラーに非ず >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP