プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

言葉の中身だけじゃなく


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


市丸が「逆ギレをしそうなとき」というのがあります。
明らかにコバやオグラを挑発し「てめえこの野郎」という目で見る。
もちろん、コバやオグラはなにもしていない。

これになると、大声を出したり、モノを壊したり、知らない人まで睨み始めたりする。
いいことはない。

気分も悪くなるし、この状態の市丸を止めるのは難しい。
声も身体もデカイし、彼は力も強い。
もちろん、チカラでは及ばない。

なんで、この状況に「ならない」ことが重要である。


逆ギレの原因はいろいろあるけれど、「ただ暑い」ということもあるし、つまり夏だがなにも起こってないが…、みたいな。
値段つけしてて急に、とか。

ツノがよく昔のことを思い出して、「○○くんなんか許さないぞ!」とか騒ぎ出すことがあるんだが、どうも小学生の時にいじめられたことを思い出したりしてるらしく。
ま、よく「フラッシュバック」なんて言ったりしますが。


まあ、理由があればイイと思うんです。
「誰かにイヤなことを言われた」のだったら、言い返せばいいし、ケンカすればいい。
その人にストレートに怒りを向ければいいのであって、関係ない人に向けなきゃイイ。

だから、そういう場合は、そう促す。
ケンカしなさい、と。

けど、市丸の逆ギレ、は、逆ギレ、というだけあって、意味がない。
それに、どうも、「同じ場面で起こす」という感じもある。
例えば、会議中、とか。

なんで、まあ、どうしたもんか、といつも思うんだけど。


で、「逆ギレモードになっている」時に、まあ声をかけるわけだけど、この声、ね。
これがけっこう重要で。
これによって、火に油を注ぐコトも可能だし、おさめることもできる。

声の高さ、言葉の早さ、大きさ、表情。

ま、どれをどんな風に、という風に調整ツマミをいじって作れるわけじゃないので、他人には説明しずらいが、大事なのは、「特に中身は関係ない」という点だ。

怒るときも同じ。
中身は関係ない。


例えば、怒らなきゃならない事態が発生した場合、「怒るトーン」で話し続けてさえいれば、中身を新聞の朗読に変えても市丸は「怒られてる状況」を続ける。
これは、実際に何度かやってみた。

俺がよくやるのは、日本語じゃなくする。
日本語じゃなくしても、何となくのところで市丸は聞いてる感じで「はい!」なんて相づちを打つ。

井上なんかだとこうはいかないが、市丸やコウヘイだとこの手のことができる。


これ、おそらく「自分がなぜ逆ギレしているか」についても言語化できないんだろうな、と。
コウヘイなんかも、わからなそうに話しを聞いてるけど、「なにがわからないか」はおそらく言語化できないんだろうな。
だって、「怒られてる」というのが「記号」だということは、おそらくアタマの中が記号でできている。


市丸の話に戻すと、つまり逆ギレそのものはもうしょうがないとして、それを「拡大させない」ためには、「理屈を言ってもしょうがない」ということになります。
そして、もっと言うと、「拡大させない」ことが重要で、それを繰り返していく中で、逆ギレを拡大させなくても平気である、ということを叩き込むしかない。
逆ギレを拡大させてしまうと、それを「経験」することで、彼はそれを「記号」にしてしまう可能性がある。
少なくとも、逆に、「逆ギレをおさめることができた」ということを「記号」にしてしまった方がイイ。

もちろん、これで100%、危険な状況を回避できるわけじゃない。
でも、こちらの「声の高さ、言葉の早さ、大きさ、表情」で、ちょっとでも低くできるのなら、「逆ギレを拡大させない日」を記号化できるなら、それらを試すべきだと思ってる。


そう考えると、こういうことになる。
よく、市丸が逆ギレを盛大にやらかしたことなどの時に、「○○と言ったら逆ギレに」とかって報告があったりするんだけど、つまり、「○○」には意味がないということだ。
その時の「声の高さ、言葉の早さ、大きさ、表情」が重要で、中身に意味がないのだから。


とか言ってると、「わからせなきゃ意味がない」って人がいて困るんだけど、そうじゃなくて、俺は行動が変わらなきゃ意味がない、って思う。
「人を傷つけてはいけない」なんて、誰でもわかってるけど、傷害事件はなくならない。
「わかってたってやる」んだ。
「わかること」が重要であるというのは、ちょっとどうなんだろうか?と。
しかも、だとしたら、現実的にカイなんかはその重要を手にすることはできない。

やめる理由はわからないが、彼らにとっては、とにかく「やめていた」ということでいいんじゃないか。
というか、それが今のところ、考えられる道じゃないかな、と。

ま、そんな気がしている。



…とまあ、この原稿を書いたのは3ヶ月以上前くらいなんだけど、つい先日、久しぶりに市丸が爆発。
押さえこんでも足を振り回すわ、モノ投げるわ、久しぶりに大車輪の大暴れの大立ち回り。
きっかけはホントに大したことなかったのだが、自分で爆発が爆発を誘発したというか、まだこういう事が起こるんだな、と改めて。

そりゃ、なにやっても、「100%」はないけれど、それにしても落ち込みました。
ま、当人もだけど、こっちも。





(BGM:矢野育子「捨てられた人形」fromYOUTUBE)
→「今では飽きられ捨てられた 見向きもされずに ララララ~」
…まあ、ラララ言ってる場合でもないんですけどね。
人形と同じように自分の幸せも捨てられちゃうんではないか、って言ってますけど、そんなことはないと思いますよ。
ガンバ!ファイトファイト!
スポンサーサイト

<< シャンプー | ホーム | ラストにやられた ★ 映画 「ゲットアウト」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP