プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

一回回って敵になる可能性


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集



てなわけで。

まあ、バリバラには結果仲良くなったスタッフの方もいる。
ので、まあ、文句を書くのはなかなか難しいのだが云々、な~んてことは全く思ってない。

風呂から上がったら、相棒から「今バリバラ見てたんだけどさ!云々」と言われた、その云々の部分に、俺の思ってることを足して書こうかな、と思う。


障害者雇用何とかで、障害者を雇用しなきゃならないし、そこに精神障害も入りますとか、まあそんな世の中になっているらしい。
それは法律、ということになる。
守らないと、罰金を取られたりする。

そうなると、もちろん、今の企業は、今の社会は障害者と「付き合ったことなどない」から、「どうしたらいいんですか?」となる。
なにせ、罰金もあるし、いやいや、それよりも、企業イメージが悪い。

ってかですね、この前段の「もちろん」とか、「付き合ったことなどないから」というあたりから最後の「企業イメージ」まで、もう俺としては皮肉なわけです。


そもそもね、資本主義社会、今やもうグローバルで新自由主義みたいなことになってる中で、もう障害者とかは「生産性なし」みたいなことで、排除されてきたわけですよ。
いや、障害者だけじゃない。
老人も、ケガした人も、妊婦さんも、まあ排除されてきたんだけどさ。

そのことをね、まず反省しなきゃいけない。
ごめんなさい、と。

つまり、この新自由主義、生産性第一主義みたいなことを世の中や大企業が捨てない限り、話始まりませんよ。
ってか、もうそれは世界規模の話なんだろうけど。

でも、原理としてはそういう話。

それを、やっぱ「とりあえず何人か雇います」「こういうマニュアルでどうでしょう」ってのは、都合がよすぎるんだよな。


いや、でもね、ここで「ここからが始まりじゃないですか」「何か始めなきゃ始まらないんだから」ということをね、言うでしょ、みなさん。
「少なくとも、この法律がなかったら、障碍者の雇用など進みませんよ」と。

その通りかもしれん。

だが、だからといって「わかりやすくマニュアルを提示する」というのはどうだろう。
「障害者にはこう接しましょう」みたいなマニュアル。

そりゃ、企業はマニュアルがほしい。
だって、もちろん、障害者と付き合ったことがないから。
それになにより、なるべく簡単にこの問題に対処したい。

つまりね、総じて「ここ、入り口じゃないですか」という論。
「しょうがないでしょう。誰も分からないんだから。まず、マニュアル、入り口としてはいいじゃないですか」みたいな。

う~ん、でもね、入り口間違うと、絶対同じ出口にはならないと思いませんか?。


それでも、まあ頑張ってる人たちもいるんだろうから、一概にこうしたことを排除すべきじゃないとは思うけど、そもそもの「生産性第一主義」みたいなことを、どう企業は総括するのか?ということを避けていいんだろうか?

それを避けるってことは、結局、雇用促進法ってのは、障害者個人個人の頑張りや、企業の「担当者の頑張り」にしか期待してないんじゃないだろうか。
それ、差別禁止法のすることだろうか?
差別って、当人が頑張ることじゃなくて、構造じゃないだろうか。


ま、そういう堅いこと言うなよ、という声が聞こえてくるけど、でも、堅いこと言うよ。
ほんの数十年前まで、障害者は座敷牢、なんてのは、ニュースにもならない、当たり前の光景だったんだ。
そういう歴史、そういう差別の根深さを考えたとき、「堅いこと言うなよ」が、どれだけ問題から目を背けさせてきたか。


ま、そもそも、バリバラは「敵を作らない番組」なんだよね。
たぶん、「企業を敵にしたくない」。
だって、「頑張ってる企業もあるから」。

で、こういう「対障害者マニュアル」やって、障害者が多少傷ついても、ま、そりゃもともと障害者なんかは傷ついてるからね、ずっと。
逆にまあ、「そこを入り口にする人たちの敵にはなりたくない」という感じ。


とはいえ、まあここからいろいろ勉強する人もいるだろうから、すべてを否定するわけじゃないんだけど。

でも、けっこうライトに絆とか言ったり、いやいや、福祉って権利だからさあ…みたいな感じになっていくのはごめん。
つまり、脱24時間TV式感動ポルノ。


入り口を間違うのは、やっぱ危険。
一回回って、敵になる可能性も大きいな、って経験的に思う。






(BGM:三木聖子「まちぶせ」fromYOUTUBE)
→石川ひとみさんが歌っていたけれど、こっちを推す人もいるのね。
ま、目隠しして聞いてたらどっちも同じかもしれんけども…。
といったら、ちょっと怒られるかもしれんが。
スポンサーサイト

<< 噂を信じちゃいけないよ | ホーム | 人生はみんな主役だけれど、みんな脇役 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP