プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

歴史を知ろう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


結構前になりますか、カブキが以前に使っていたガイドヘルプ事業所の話をしていて。
まあ、どうも男性のヘルパーが女性であるカブキのトイレ介助をしていたらしいから話にならない感じはあるんだが。


そもそも、彼女のその当時のガイドヘルプの使い方は、とにかく「時間つぶし」である。
「どっかに行きたい」「行かねばならない」が先にあるわけじゃない。
主に、「時間がある」「親はもう限界」「どっか連れてってやって」「じゃあまあディズニーランドでも」という流れである。
そのおかげで、カブキは年に何度も何度もディズニーランドに行っていたようで。
ま、ディズニーランドはバリアフリーって感じだしね。
現実的に、逆に近所の公園の方が、暇つぶしには難しかったりする。

つまり、腹が減ったと言って、フルコースを与えておけばいい、っていう発想で。
その空腹を「どう埋めるか」ということを、本人に考えさせる気はない、というか。

ま、なんか、王様が何もかにも与えられて、みんなはうらやむけど、結局王様は町の子どもたちと遊ぶのが楽しい、みたいな感じの話って感じね。
結局、自分たちで作り出した遊びの方が楽しい、っていうか。


ま、それはもういい。
たいがい、今のガイドヘルプはそうなっちゃってるから。
制度が充実して、「どこかに行かねばならないから、ガイドヘルプを使う」ということではなくなってきてる。
いや、悪いことじゃないんだよね。
昔は、通院のみ!とかの規定があったりしたわけだから。
それは確かにおかしいもんね。

とはいえ、つまり、ハードがあっても、中身がマッタクついてきてないのよね。
豊かな余暇、とか、「遊び」とか、そういう感じの論議は深まっているとは言えない。
というか、そもそも余暇って、なにかやるべきことがあって、その「お休みの日」って意味であって、そういうときに、豊かに過ごすためにガイドヘルプを使おう、とか、そういうことにはなかなかなってない。

いや、なってる例もたくさんあるのは承知ですが、いや、でもやっぱなんだかんだ「ディズニーランドに年に10回は行ってる」って話になっていたりするわな、というのが、この業界にいる経験的な肌感覚。


ま、そこはいい。
今回書こうとしてるのは、そこじゃなくて。


カブキが「○○に行った」「▲▲に行った」って話を続けていたんだけど、それがどうも「狩り」が多くて。
ぶどうだとか、さくらんぼ?だとか、まあそういう。

でも、カブキは車いすで、手もちょっと狩るにはきつい感じ。
狩る楽しみが堪能できるとは思えない。
とはいえ、まあ食べられるからそこはいいけど。

なんでかなあ、と思っていたら、「ガイドヘルパーさんの奥さんが○○園だったからよ」とカブキ。
つまり、奥さんのやってる狩り園に行っていた、みたいな話らしい。

カブキ曰く、「値引きしてくれたし」みたいなことらしいけど、ふむ…。


ま、実際問題、その方がいろいろと車イスとかの便宜を図ってくれるだろう、とかのことはありますから、一方的にどうこう言うべきでもないですが、まあ、簡単にいうと、やっぱこれ利権の構造ではありまして。

ヘルパー、いわゆる福祉産業を認めるかどうか、みたいな時代があって、いや、もう今や企業が福祉やってますけどね。
いや、実際に企業活動と福祉は相容れないんですよね。

福祉は権利だし、そもそもマニュアル化できない個々対応が基本。
ちゃんとやったら金にはならないんです。

なのに、なぜ、企業は福祉に参入しようとしたか?
答えは、何も福祉をやりたい、というわけじゃなく、自社製品を売りたかった、というね。

つまり、ヘルパーになっておじいちゃんの家とか、まあ、行きますよね。
そうすると、冷蔵庫が壊れたりするのがわかる。
そうした時に、自分の会社の冷蔵庫を売れるでしょう?
たいがい、ヘルパーさんということに対するイメージは、「お世話してくれる人」だから、そういう人が「勧めてくれる」ものは断れないでしょう。

つまり、家に入り込めるセールスマン、なんですよね。
しかも、買い手が「断りにくい関係性を持ったセールスマン」。
100%に近い確率で売れます。

例として冷蔵庫を出しましたが、家電だけじゃなく、配食サービス、携帯電話、洋服、もう何もかにも、これで売れる。


つまりね、福祉に企業が参入した理由は、福祉を必要とする人のためを思った理由ではないんですよね。
必要とする人を食いものにしたい人のためを思った、という方がしっくりきます。

その結果が、福祉を必要としてる人のためにならないことくらい、誰にでもわかることですね。


ま、こういう歴史を考えるに、こういうカブキの話は、どっかやっぱり「あれ?」という感じで疑問符が付きますね。
状況がわからないので、どうこう、って断ずることはできませんが、そういう「企業と福祉の関係の歴史」をしっかりと考察はしてないのだろうな、ということはわかります。








(BGM:アパッチ「宇宙人ワナワナ」fromYOUTUBE)
→コスモス一の札付きだけど、女にすれば、ダンディスター。
…だめんず道、宇宙へ!
テレパシーロマン!
スポンサーサイト

<< プロレスとは何か?その答えはわからないけど | ホーム | 30才にしか見えない高校生 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP