プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

プロレスってのは、結局「どうやって勝つか?」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先週は、久しぶりにプロレスを二日連続で見に行きました。

プロレスもバンバン見に行きたいんだけど、団体数も増えて、正直、小さな大会も増えて、こうなってくると、なかなか行けない団体、というのが増えちゃって、そうなると、まあもう流れもわからないし、選手も分からなくなってしまって、足が遠のいてしまう、ということになる。

女子プロレスに至っては、過去には全女だけ見に行ってればすべてをカバーできたといってもいい。
が、まあもう団体が多すぎて、それぞれにエースがいて、みたいなことになりますから、正直、追い切れない。

同時にまあ、おかげさまでちょっと色々予定もあったりして、なかなか行けない、というのもあるわけですけどね。


まずは大日の新木場大会。
いや、新木場大会はいい。
後楽園ももちろんいいが、まず、最初に挨拶に上がる社長の出で立ちが普段着っぽくてイイ。
後楽園ではスーツなのに、新木場ではなんかラフなカッコであがる登坂社長。
その使い分けがすてきだし、そもそも、なんか「こっちがつい拍手しちゃう」絶妙なマイクの盛り上げ方がすごい。
それでいて、まったくやらしくないし、まったく玄人くさくもないというか、素朴でつい拍手しちゃうというか。

これ、ライブとかでも参考にしたいっていつも思うんだけど。
ま、それはいいとして。


よくプロレスの試合には、「ベテランVS新人」という闘いがあります。
これね、もう勝敗が分かってるわけですよ。
ベテランが勝つに決まってる。
いや、まあ万が一、ってこともありますが、文字通り万が一、0.01%くらいだわ。
それって、まあ統計上はあり得ない、ということでよかろうかと。

にもかかわらず、「心が躍る」のである。
それって「どんな負け方を見せてくれるだろう?」なんである。

他のスポーツではこんなことはまずない。
野球で勝敗が決まっていたら、観衆はおそらく三分の一くらいになると思う。
いや、入らんかもしれん。

つまりね、プロレスってのは「勝敗じゃない」ってことなんだわな。
「どういう経緯で負けるか?」逆に言えば、「どういう経緯で勝つの?」という。

もっというと、いくらベテランだからって、最初に決め技を出して秒殺しちゃダメだ、って話になります。
いや、最初に決め技出せば、そりゃ、勝てますよ。
でもね、それじゃダメ。
新人相手に、そもそも大人げなさ過ぎる。

それに、まあ客は「どうやって勝つの?」を見たいのだから、そんな簡単に決め技じゃダメなのよ。
ってか、それでもイイ場合はあるけれど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3334.html)、たいがいはゆっくり勝ちパターンを見せていただきたい。
そう考えると、ベテランVS新人、という試合は、ベテランにかなり求められるモノが多いとも言えますな。

大日の大会では、関本選手VS加藤選手という試合があり、まあ加藤選手、新人ながらイイ選手なんですよ。
にじ屋にも来てくれて、打ち上げもすげえトンパチ感もあって、すてきだった。
それに対する関本選手は大日のもうエース選手の一角といってイイ。

もう絵に描いたようなベテランVS新人なわけですが、これがなかなかよかった。

加藤選手も頑張ったし、試合後に関本選手が手をさしのべたのをひっぱたいて返しましたからね。
プロレスファンは、そういう「向こうっ気の強さ」に惚れるんですよね。


そして翌日のフリーダムズでは、6人タッグですが、新人とちょっと前の新人、の対決がなんか勃発したというか。
これがなんか面白くて。

というのも、ドラゴンリブレ選手ってのが、マスクマンなんだけど、細いし、正直、弱い、というキャラというか。
でも、まあすごく頑張ってて。
意地はすごいというか、それこそ向こうっ気の強さはなかなか見るところがあって、けっこう好きなんですけど。

で、その後にデビューしたのが平田選手という。
これがまた身体がデカイ。
正直、身体の厚さが、先輩のドラゴンリブレ選手が二人分くらいある。

タッグながら、負けたリブレ選手。
「次はシングルで、絶対に負けないから」とマイク。

…いや、身体の厚さ半分なんだから、どう見ても負けそうだが…。
と思うのだが、しかし、先輩である以上、負けるわけにはいかないじゃないですか。
それに、そういう「意地」はすごそうなんだよね、リブレ選手。

だからね、あまり多くのファンの皆さんはあまり注目してないのかもしれないが、俺としては、この二人のシングルマッチを見たいので、次も行こうと思ってる。

ま、これなんかは、「勝敗が決まってる」というより、「勝敗が気になりすぎるマッチ」ですね、はい。




(BGM:高橋美枝「ひとりぼっちは嫌い」fromYOUTUBE)
→ひとりぼっちは嫌い。
あなた、そばにいて。
できたらレコードも買ってほしい。
スポンサーサイト

<< ザギンに | ホーム | にじ屋アナログ盤フェアは15日木曜から25日曜までDEATH! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP