FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ザギンに


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


根岸季衣さんのライブにいって来ました。
正しくは、「根岸季衣&The Blues Road」。
国民的女優の根岸さんがブルースを歌うバンド。
やっぱ上質のブルースを聴かせてくれる。

唄ってのが、結局は表現なのである、ということを思い知らされます。
女優さんってすごい。

やっぱね、バンドってのは、どこか「ボーカルの人間」に惹かれていくものなのだな、と。
このバンドでも、根岸さん、そして時に一緒に歌ってたブルースハープの方のかっこよさに惹かれてしまう。

なんていうんだろう。
国民的俳優の根岸さんが、なんのおごりもなく、どちらかというと「一生懸命歌わせてもらってます」みたいな感じでやってるのがとても好感が持てる。
いや、いいバンドなので、みなさんもぜひ機会あったら見てほしいのですが。

聞きに来てる人たちも、イイ感じの人たちで、まあ銀座という場所柄、上品っぽさと、でもどこか「遊び心」を兼ね備えた人たちが来てる感じで、イイ感じでした。
今やもう銀座といえばアルマーニ、みたいな、イヤな感じになってるだけに、とてもよかったですね。


で、まあ今回、ちょっとびっくりが二つほどありまして。
ライブ後の話なんですけど。

銀座というのは、そもそもあまり駐車場がない、というか、地下とかビル内の駐車場が多く、車高が高い車が入りにくい。
ウチの車いす用の車なんかは、まあ入らない。

ま、普通の野外の駐車場もありますけど、高いのね。
銀座の駐車場は高い。
なにせ、子どもの「標準服」が、8万円の場所ガラですから(しつこい)。

でまあ、なんとか車高の低い車で行くことにして、地下の駐車場に入れようと思いまして、調べていきました。
そこは、半官半民的な感じの駐車場のようで、「高い銀座で安い駐車場を供給しよう」ということなのかもしれません。
障害者用?車いす用の駐車場スペースもあり、料金もちょっと割引になるという。

こりゃいいや、と思って駐車場に入れたら、係の人が出てきて、「車いすで地上に上がるのに、階段昇降機使いますよね?」と。
あ、お願いしますね、と。
で、まあほぼ新品、みたいな昇降機を係のおじさんが駆使して上に上がったんです。
そこまではよかった。

そしたら、その時、「このボタンで呼んでくれれば、私が来ますから!帰りはこのボタンでね!」とおじさん、どっか嬉々としてらっしゃる。

ま、そりゃそうだよね。
きっとあまり使われないンだと思います。

で、まあ帰りもお願いしようかと。
というか、お願いする以外にない。
しかも、おじさんうれしそうだったし。

で、おじさん呼び出したところまではよかったんだけど、加納さんを乗せたままなぜか昇降機が動かない!。

おじさん焦る!
…いや、いい人なんだと思うんですけど、やっぱね、これ、稼働率が悪いんだと思うんだよね。
こういう機械は人間も機械の方もお互い慣れが重要だから。

30分ほど格闘して動かず、結局人力で降りました。

いや、まあ、バリアフリー運動的には怒る場面ですけど、おじさんもまさか動かないとは思わず、だったんでしょう。
ま、もう構造の問題ですわね。
エレベーターつけた方がイイよ、うん。
そうすればベビーカーの人も足腰が弱くなった方も使えるんだから。

という。
久々になんか、こういう事例に当たりまして、ちょっとなんかワクワクしました。


そしてもう一つ。
実はこのライブに、しかも一緒に行ったアキの前にあの人がいたらしいんです。
現地ではわからなかったんですが、あの方が。
ワタクシ、もうあの方の演じたあの役に関しては、すべてセリフがソラで言えますくらいの。

いや、あなた、直江喜一さんがいたらしい!ので~す。
気づかなかった…。

でも、気づいたとして、どうしたらよかったのか。
偶像崇拝に近いですから、3Bの加藤くんは俺にとって。

今となっては、気づかなくてよかったのか、と思っております。






(BGM:河合奈保子「ヤング・ボーイ」fromYOUTUBE)
→この子、まあ俺が子どもの頃にデビューして、なかなか人気もあったと思うんだけど、俺、すげえなんかこの子の顔が昔っから怖くて。
なんかね、こう、いや、ディスりたいとかじゃないんですよ、どうしても、なんかオウムを思い出しちゃう。
いや、かわいいんだけど。
かわいい方のオウム。
スポンサーサイト

<< 彼らのヒエラルキーの強固さ、脆さ | ホーム | プロレスってのは、結局「どうやって勝つか?」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP