プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

同じ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


工藤さんちで録りためてあった映画を見たシリーズなんですけど。
ま、工藤さんは映画とかを録画するのが趣味というか、ケーブルテレビとかも契約してるから、なにも契約してない俺としてはそれを時々一緒に見たりして、楽しんでるわけですが。

先日、立て続けにB級パニックが2本とれたから、みたいなことで、二日に分けて見に行ってきました。


まず「2020」という映画なんだけど、原題はSHOCKWAVE。
どこでどうなって2020になったのか?という話なんですけど、まあ設定が2020年。
って、この映画が2017年製作って話なので、意味がないんですよね、3年後にする意味が。

って、邦題的にオリンピックにかけた?って感じもしなくはないですが、まったく関係ないです。
正直、まあもうなにも記憶に残ってないくらいのアレです。

秘密裏に開発された兵器が使われて、地底深く掘り進み、あちこちの岩盤を突き動かし、大災害を起こす、という。
その兵器の存在を隠したい米国政府と、地球を救おうとする研究者夫婦とその娘の対決?というか、まあ最終的には政府も研究者夫婦に任せるしかなくなるわけですが。
同時に、その娘とお母さんは仲違い、というか、年頃的な対決ね、そういうのがあって。
でも、その地球を救おうとする中で、仲違いも氷解していく。
最終的には、もちろん、なんとか地球は救われます。

この映画の問題点は、とにかくCGがきつい、という。
岩とかはじゃんじゃん飛んでくるけれど、まわりの木々はそよがない、みたいな。
アニメですね、紙芝居風アニメ。

ま、それはいいんですけど。
シナリオとしては、もう最後が後味悪いというか、その夫婦を助けることになる政府内部の気のいい男が、データとかをその夫婦に流すんだけど、それがばれて捕まっちゃうんですよ。
どうも、その男、最後殺されたっぽい…。
て、それは助からなきゃダメなヤツだ…。


で、もう一本は「メタルトルネード」。
鋼鉄の台風、というわけで、電磁波的な?そういうヤツです。

これ、秘密裏に開発された発電装置が使われて、一部故障があり、電磁波台風を形成し、あちこちの鉱脈に沿って移動し、大災害を起こす、という。
その兵器の存在を隠したい会社と、地球を救おうとする研究者カップルとその息子の対決?というか、まあ最終的には会社も研究者夫婦に任せるしかなくなるわけですが。
同時に、その息子とお父さんは仲違い、というか、年頃的な対決ね、そういうのがあって。
でも、その地球を救おうとする中で、仲違いも氷解していく。
最終的には、もちろん、なんとか地球は救われます。

この映画の問題点は、とにかくCGがきつい、という。
車とか、鉄のモノとかはじゃんじゃん台風に向かって飛んで行っちゃうけど、まわりの木々はそよがない、みたいな。
アニメですね、紙芝居風アニメ。

ま、それはいいんですけど。
シナリオとしては、もう最後が後味悪いというか、フランスでもその台風ができちゃうんだけど、エッフェル塔は見事に台風にのまれてしまいます。
どうも、パリは壊滅したっぽい…。
て、それは壊滅前になんとかしないとダメなヤツだ…。


…っておい!
同じだ…。
まるで同じじゃないか…。
ほぼコピペじゃないか!

…というわけで、いや、もう同じでした。


おそらく、ハリウッド的シナリオ講座、みたいなのがあって、その教科書を忠実になぞった作品、なのでしょう。
こういう映画を作ったところで、出演したところで、監督としても、役者としても、なにもプラスにならないどころか、「ダメ」の烙印を押されそうな気がしますな。

つまり、「教科書」というのは、なぞっちゃダメなんですよね。
「こうしましょう」をやってるウチは、「予定調和」、というか、「得点範囲内」のモノしか作れないから。
K点を越えない限り、エンターテイメントとしては芽が出ない。
だから、こうした教科書通りのモノを作ってしまう人というのは、おそらく、ものすごくマジメで、マジメであるからこそ、「教科書」をなぞってしまい、芽が出ない。
そして、それがわかってない。
教科書通りやってて、でも、もっと教科書通りやらなきゃ、って思ってる感じもあるんだろうかどうなのだろうか。

…だとしたら、なんかな、ちょっともの哀しい感じもあったりなかったり。


そう考えると、なんか、こういう映画、キライになれないのであります。








(BGM:少女隊「渚のダンスパーティー」fromYOUTUBE)
→なんか少年隊を擁するジャニーズに露出を妨害された、とか言われてるけど、別に少女と少年じゃ全然かぶらないと思うけど。
てか、俺はけっこう好きでした。
今聞いても、ちゃんとハモってるしさ。
踊っててここまでハモれるってのは、いいよ。
スポンサーサイト

<< 生き残らなきゃ意味ないだろ、ってのも、わかるんだよ…わかるんだけど… | ホーム | ぬお!政治のことつぶやいてない一ヶ月!? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP