FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

よくある流れ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「AEDを使用する際服を脱がすわけですが、社内アンケートの結果「男性にされたらセクハラで訴える」という女性社員が多かったため、女性社員が倒れていたときの救助活動一切を女性にさせ、男性しかいないときは女性を呼び出すか、契約書に本人の署名をしてもらってから救助する。という会社に遭遇した」というツイートが流れてきまして。

これ、まあよくある「流れ」だなあ、と思って。


まず、世の中、決まりを作らなければならない、というのは、とても愚かしいと俺は思っていまして。
某大規模ディスカウントストアのバイトは、ロッカーとかに置くリュックの中身とかを点検してもらって、申請してから仕事に入る、って話を聞いたことがあるんだけど。
あまりに馬鹿馬鹿しいんで、話半分に聞いたんだけど。
まあ、事実どうかは別として、構造としてはこの類い。
いわゆるこれは「盗難」とか、「盗難狂言」を防止するためらしいんだけど、くだらねえな、って思って。

つまり、自らの自治意識というか、倫理観というか、そういうのが薄い、もしくは「ない」という状況の中にあると、人は「もうメンドクサイから、ルールつくっちゃわない?」となるのだな。
これは、こうした「窃盗」だとか「狂言」だとかいう、刑法にかかわることですら「守れない人間ども」に、それを「守らせるためにルールを作る」というね、クソくだらないことなわけです。

これ、まあ、こういうことだけじゃなくて、仕事上とかで言うと「俺はがんばってるのに、みんなはがんばらない。だから、ルールつくっちゃえ」ということもあるのよね。
「俺は始業時間より早く来て掃除しているが、いつも俺だから、イヤになっちゃう。みんな早く来て順番にやろう」とかね。
ま、これ、平等に見えますけど、実際は、始業時間の前に来ることを全員に強要しちゃってるわけなのね。
いわゆるサービス残業、みたいなのも、コレと同じ構造を持ってると言えなくもない。
「俺も来てるんだから、お前も来い」という
ま、サービス残業には明確な文章としてのルールじゃないかもしれないが、でも、明らかに人を縛るルールですね。

この類いの「ルール」。
俺は好きじゃない。
とにかく決めたくないし、決められたくもない。
いや、「決めたくない」というのは正確ではない。
「ルールを作りたくなる気持ち」はわからなくはない。

例えば、ルールを作るというのは社長とか、上司とか、その組織の会議とか、いわゆる組織に対して責任ある人や会議が行う。
つまり、そこに「不満が集まる」わけだよね。
「盗まれた」とか、それが狂言でアレなんであれ、そういうのが上がってくる。
「俺ばかり掃除やっててつらい」とか。

これ、まあ、「盗まれないようにしろよ」とか、「そもそもなに盗んでるんだよ!」とか、もう「なぜそんなことに職場がなんか考えなきゃなんないんだよ」とか思うワケですよ、上司としては。
「そんな自主的にやってる掃除、別にやんなくていいよ…」とか。
「でも、やってくれてるからそうも言えないし」、みたいな感じの場合もあろう。

そうなると、「もうメンドクサイ。ルール決める」ということになる。
そうすれば、少なくとも狂言はなくなるかもしれないし、掃除してて辛い、という意見はなくなる。
もう、みんなで早く来い、って決めちゃえば、早く来てる人の不満はなくなる。

逆に、「いちいちサイフの金額を申請したりして面倒になるけど」とか、「みんな朝早く来ることになるけど」みたいなのが、上司にとって、ルールを決める側にとってはある意味「報復」というか、「そんな面倒なコト言うんだったらこうしてやる」みたいな「感情」を含んでしまうんだよね。

誰もが自由に使えていた社用車なのに、ちょっとした不満が出た、と言う理由で「自由に使えないようなルールを作る」というのは、本来は社員の自由が奪われているわけだが、そのキッカケも社員の不満、という場合があって。
つまりは、きっちり社用車を自由に使える自由、自治、自分たちを律する内規、というか、そういう「雰囲気」を持つべきだったのだ。
なのに、それを上司、社長、重役会議なんかにゆだねてしまったら、そりゃ、社員の自由は制限されるに決まってる。
だって、運営側と社員は構造的に対立するんだからさ。
運営側が「なんだよ、今まで自由にさせてやってきたのに。もういい。自由にさせない」って言い出すのは当然じゃん。


このAEDの話も、別に「会社が決めるコトかどうか」というと、そういうモノでもなかろう。
けど、「女性がそう言うんだったら、こう決めてやる。でも、死ぬ確率上がったな」って「報復の感情」が、ここに見て取れる。

よくあるよね、こういうの。
女性差別だとかのことの話でよく出てくる。
「だったらこうしてやる!」という感情の結果としての「男女平等」みたいな。

このツイートのリプライにも、「コレが男女平等なんだからしょうがないですね」とか言うのがぶら下がってたけど。
いやいや、これ、別に平等じゃないでしょ。

「女性が言ってることには反対できませんし」みたいな、もうそもそもの「平等」をぶっ飛ばして感情をぶつけてくる人もいて。
ま、そもそもフェミの流れが、そういう「感情をぶつけてくる」って流れもあったから、それに対して感情で答えている、ってのも分からなくはないが、これでは論議が進まない。


つまりですね、感情でモノ言ってたって、何も始まらん、って話。
感情でルールを作るなんて、そもそも愚だし、その前に、自治だとか倫理観だとか、そういうのを集団が大切にできないのはもっと愚。








(BGM:テロ1986「Hello」fromYOUTUBE)
→八〇年代に出されたソノシートらしいけど、この頃、一番聞いてた界隈だけど、知らなかった。
テロとか言う割に、すげえなんか静かに歌い上げてくる。
これはちょっとやられた。
スポンサーサイト

<< 日本でいうと、バンパイヤって何にあたる? | ホーム | ヒ・ミ・ツ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP