プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

めんどくさいことこそ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、みんなで旅行に行ったんだけど、そのときに、まあ、お金を集めたりするわけです。
旅行費用ですね、宿に払うお金とかを集める。

もちろん、まあ自分ではなんともできない連中もいますから、それに関してはまあ一緒に貯金とかおろしたり、用意することになります。
井上とかは(金額とかじゃなくて、意思として)自分で用意できないわけじゃないけど、それでもやっぱり貯金額が心配だから、相談に来たりして、まあそんな感じでこの「お金集め」が進みます。

「◯曜日の仕事終わりの時間に集めます」みたいなアナウンスがあって、それに向かってみんな用意する。
ま、それは俺なんかも同じで、その日までに用意してもっていく。
そして、担当の人に渡す、ということですね。

これ、まあ必ずこの「期日」を守れない人がいます。

カブキなんだけど。

カブキはまあ自宅から通っているし、よくはわからないけど、現実的に財布は親の管理下にあって、こちらではなにがどうなってるかわからない。
ので、まあカブキとしては、「親に言う→親からお金をもらう→もってきて渡す」という流れをこなさなければならない。

つまり、カブキはコレができないのである。

他の作業所から来たカブキは、もうこの「親に言う→親からお金をもらう→もってきて渡す」というのを、親がやるもんだ、と思っている。
いや、「もう自分でやらなきゃ」とは思っていると思うんだけど、急にこういう話が来た時に対応できない。

今までなら、「お手紙」や「連絡帳」で、親と職員がやりとりをして、「本人がいくら集めるかを知らなくても」、もう親が職員にお金を渡す。
逆に言えば、そこで期日通りに渡さないと、「しっかりしてない親」って烙印になってしまう。
だから、親はちゃんとやるんだよね、こういうの。

しかし、ウチでは連絡帳はないし、そもそも親とは連絡とらないし、ってか、「旅行に行く」ことすら親御さんがわかってないこともあろう。
だから、カブキ本人がちゃんと言わないと、ダメなのよね。
ってか、大人の集まりですから、そこはまあ当然なんですけど。
行くのは親じゃなくて、本人なんだから。
親ががんばって金準備して払って、本人はその苦労は何も知らない、なんてのはやっぱおかしい。


「旅行に行くことすらわからないかもしれない」って今、書いたけど、それを本人が家で伝えてれば、まあ伝わってるだろうけど、そもそも障害をもった子の話をきちんと聞くかどうかって怪しい。
つまりね、もっと言うと、「連絡帳」「お手紙」を続けている以上、親は子どもの言うことを本気に聞かないのよ。
連絡帳の方が正しい、って。

大事なのは、「本人が行くのだ」「行くための努力は本人がするべきだ」ということなんだよね。
そこはっきりさせないと、話が始まらない。
「生きてるのはあなたで、親じゃない。職員じゃない」
それがまずわからないと。


形式だけとしても、それをどうやって表現するか?わかってもらうか?

だから、カブキには毎回お金を持ってこない、ということを繰り返させています。
親にこっそり伝えれば、まあなんとかなるんでしょう。
手紙でももたせればなんとかなるんでしょうが、でもカブキは締め切りの日に「何でもってこなかったの?」と「しょうがない、もう明日もって来なよ」といえば、明日にはもってくるのです。

つまりは、まあ最初の「お金の締め切り」の話を彼女はよく聞いてないんですよね。
みんなの会話、会議での発言、いろんなモノが、自分には関係ない、って思い込んでる。

言葉は自分の要求を伝えるためのモノで、人の言いたいことを理解するためのモノだ、ってのはよくわかってない。
人生には、「自分の要求」だけではなくて、「集団の約束」を守らなければならないってコトの方が実はたくさんある、ってことも彼女はわかってない。

そのことは、言葉で説明しても難しいので、この「お金を集める」ってのは、なかなかにいい機会だよな、と俺は思っています。


失敗をさせる、というのは、確かにめんどうなんです。
足並みがそろわないと、金集めも難儀します。

でも、しょうがない。
カブキがそこから「自分がなんとかしなきゃ」っていつか思ってくれるとしたら、それはそれで俺はしょうがねえかな、って思っています。






(BGM:山下達郎「YOUR EYES」from「ベスト・パック 2(1979-1982)」)
→山下達郎さんってのは、俺が中学の時、すごく好きで。
よくレンタルしてテープに録音して聞いてました。
山下達郎さんは、なんかのインタビューで、「アレンジャーってのが日本にはあまりいないけど、その仕事は重要だと思ってる」みたいなことを言ってて、いや、ホントにそうだよな、とか、生意気に思ってました。
鍵盤を習っていましたけど、楽譜通りに弾くのはあまり好きじゃなかった。
「俺の演奏をしたい」ってのが強くて、まあ、よく先生には「違うでしょ」って言われてた。
スポンサーサイト

<< 人として?のバレンタイン企画 | ホーム | ま、寝言言ってますけど >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP