プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

思い悩んじゃったらダメ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


よくまあ、ミツなんかがメールをよこして「一緒に夕飯を食べよう」とか言ってきます。
井上とかコバも、まあ彼らは直接言ってきます。

ま、そういう感じなので、アキと二人でごはん、ってのもあまりないんだけど、それはそれでなんか別にしょうがないか、というか。
たまには二人っきりで食べようね!なんて時に、ミツから声がかかったりして、でもアキと「まったくしょうがねえなあ」とか言えるので、それはそれでなんか幸せな気分になります。

基本、予定がなければできるだけ付き合ってやろうかと思いますが、その日、すでに他の用事が入っている、という場合は断ることになります。

例えば、その日はもうプロレスに行く予定になっている、とか。
実家に行く予定になっている、とか。
他の人と予定を組んでいる、とか。

先週なんかは機関紙の締め切りの週だったので、ほぼ家に帰ってないんだけど、それでもまあ「ご飯食べよう」といわれるから、まあ夜を徹しての作業を控えて、自分たちも何か食べなきゃいけないから、どっかに行こうか、みたいになったりします。


ミツとか、普段はやっぱりお弁当とかになってしまうと。
市丸の家にでも行って、作ってもらったものを食べる、というのもあるけれど、正直「市丸の家には行きたくない」という気分の時もある。
というか、その辺はなかなか難しいところがあって、「市丸が偉そうにするからイヤ」ってのもあれば、逆に「市丸とカイは作ってもらわなきゃダメなヤツらなんだ」というような「見下す感じ」も彼らにはあったりして。
といっても、まあそれ、同じじゃん、ということになるんだけど、市丸の家に行くか行かないか、というのを選べる人と、市丸の家で作ってもらったモノを食べるしかない人、というのは、確実に彼らの中では違うわけで。
それはママではないけど、どっか「ママじゃん」みたいな。

健康のことを考えたら、そして、一人で食べるよりは、って観点からも弁当よりはずっとイイと思うんだけど、上記のような感情のもつれみたいなこともあって、それだけではキッカケにならないところもあります。


さて、それはそうとして、スーパーでなんか買ってきて作る、ってのにしても、じゃあ、弁当買ってくる、となったにしても、食べるのは一人。
もちろん、一人になりたい気分の時はあるわけで、それはそれでいい。
けれども、そればかりじゃ、やっぱり人は腐ってしまう。

そもそも、モノを食う、という動作は「下を向く」というのがあるから、それで誰ともしゃべらなかったら、やっぱ「ぼそぼそ食う」感、は否めない。
しかも、イマドキの弁当ってのは、「チキンカツ弁当」だと、もうチキンカツとご飯しかなかったりするんだよね。
昔なら、ちょっとしたナポリタンとか、キャベツとか、漬け物とか、煮物とかあった気がするけど、そういうのもなかったりする。
すると、もう、チキンカツ、ご飯、チキンカツ、ご飯、チキンカツ、でしかなくて、もうなんか、エサじゃん、みたいな…。


そう考えたときにね、やっぱね、人と話をしながら食う、ってのは、すごく大事じゃないか、って思ってて。
特に彼らの場合、しゃべらなかったらしゃべらないですんじゃうというか、そういう面もあるのよね。
けど、一緒に食べると、なんの話をするわけじゃないんだけど、今日のにじ屋がどうだった、とか、朝最近起きれない、とか、テレビでなにかやってた、とか、そういうのがあって彼らの顔もほころぶ。
ゆっくり一緒にテレビでも見ながら飯を食う。
あ、一緒に来て良かったな、と思うワケなんですが。

それに、やっぱ中華料理、だけじゃないけど、けっこう「人数が多かったらもっといろいろなモノを頼んでみんなで少しづつ食えるのに」って思ったりもするじゃないですか。
お好み焼きとかも同様。
やっぱ、そういう時も、みんないい顔になりますよね。
俺も楽しいし。

で、そういう日々があるから、断ったときにね、「あ悪いことしたなあ」という気持ちになるわけです。
「最終的に、昨日どうしたの?」と聞くと、「お弁当食べた」とかって言われるとさ、なんか「悪かったな」って思っちゃう。

でもま、それも一瞬。
一瞬かわいそうだったな、とは思うけど、そこまで。
いちいちそんな風に思い悩んだりしてたら、彼らとは生きていけないから。


悪かったな、かわいそうだったな、だけじゃなくて、「あの時俺の言い方が悪くて逆切れさせちゃったな」とかもあんだけど、でもまあ、反省して次、次!、みたいな。

思い悩んだらやってられない。
彼らに「悪いなあ」と思ってもやってられない。
って、思ったとしても、まあ一瞬は思うけど、そこまで。


それはとても重要なことで、そもそも、一生懸命やってたら、そんなに悪いことした、なんてこともないし、失敗だけど、いうほど失敗でもない、というか。
しょうがねえよ、そこは、というか。
あとはもう、二度と同じことしないように反省して次、っていうか。
かわいそうだけど知らん、というか。


ま、そんな感じで毎日過ごしています。





(BGM:George Harrison「Bangla Desh」from「The Best of George Harrison」)
→ジョージとリンゴって、いい人だったんだろうな、と。
じゃなきゃ、まあ短命だったとはいえ、それでも続かなかったよね、きっと。
スポンサーサイト

<< にじ屋座ロック「怪談聞きます会」、楽しかったー! | ホーム | WE'RE UMB(Unidentified Mysterious band~未確認楽団) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP