FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

にじ屋座ロック「怪談聞きます会」、楽しかったー!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


にじ屋アナログ盤フェア最終日に「実話系怪談の本を一気に放出+あなたの怖い話聞かせてください+あ、飲み会と解してもらってOK」というイベントをやったんだけれど、これがまあ楽しかった。

ま、仲間内って感じになってはしまいましたが、一回目のイベントとしてはみなさん来てくれてよかったかな。

次回は「ゲスい本大放出」と同時開催で、「あなたのゲスイイ話を聞かせてください+あ、飲み会として理解していただいてOK」を開催することになりました。
日程未定ですが、決まり次第お知らせします~。

このシリーズ、実際は俺の本棚を一掃しよう的な側面もありますけれど、本棚はその人を表すとも言います。
それを題材に「話を聞かせていただきます会」をやらせてもらえるというのは、とてもうれしいことで、そして、なにより楽しい。

というわけで、気になるテーマの時にでも、ぜひおいでください。


今回、まあ怖い話、ってことですが、大概の場合は「そんな話ないですよ」ってことになるんです。
「そんな体験ない」と。
でも、まあ他の人の話を聞いていくウチに、たいがい「あ、そういえば…」というのが出てきます。

つまり、自分が不可解に思った体験や、怖かった霊体験みたいなものは、ふだん意識下に潜っていて、何かに突っつかれることで浮き上がってくるというか。
そして、そういう体験こそがけっこう怖かったりします。

ま、そんな話がいくつか出てきたんですけど、結局オカルトってのは、「不可思議なことを自分が理解できるところに着地させるための装置」ってことですね。
「不可解」わからないということは恐怖だから、霊のせい、おじいちゃんが死んだから、とかに着地させる、という。
それがまあオカルト、というジャンル。

こんなことを言うと、霊なんかは本当はいないんだな、って話になっちゃうんだけど、ま、というか、逆に言えば、人がいる限り、霊はいる、って話にもなるわけです。

よく考えてみれば、さっき見たお菓子の箱がチョコだったのか、クッキーだったのか?は、もう脳が「チョコだった」と思えばチョコだし、クッキーならクッキー。
本当はどっちか?なんてのは、実際にはあまり意味がないわけです。
俺がチョコだと思えばチョコだった、ということでしかない。


ま、そんなわけで、実話系怪談の本は今後も当分並び続けますので、気になる方はぜひ買いに来て下さい。


この日、まあいろいろ話を思い出す、人が多かったわけですが、そういえば、と俺が思い出したのは、藤井に撮影してもらってこっくりさんをやったことがあって、その動画をニジロックテレビにあげると藤井が言っていたのだが、ずっとあがってなくて。
藤井が死んでしまった今、なぜアップできなかったかの理由がわからなくなってしまったのが残念。

そして、話はやっぱりどんどん怖い、からエロい、ゲスい、方向に流れていったわけです。
でも、ただ、ゲスいだけ、ってことでもなくて。
「中学校の友人が、百万円●●●●●み、コイン●●●●●ておき、●●●●●合い鍵を●●、みんなで使っていた」、というようなゲスい話があったんだけど、その友人が、その後、大人になってあったら●●の○○を出してきた、みたいなね。
もう、それ逆にイイ話じゃん、みたいな。
ゲスイイね、みたいなことになり。

ま、青春ってゲスい、というか、バカなんだよね。
そういうの含めて、次回は、ゲスイイ話を聞きます、という会をやろうかと思いたちました。


ま、アレです。
ゆる~いことをね、にじ屋でやりたいな、ってのがあって。
ホント、なんか今回楽しかったので、続けていこう、と。
人を集めてちゃんとした企画!!じゃなくて、「もう、好きな人が来てくれればいいです」みたいな。

そして、まあそういう企画をやろう、って人が他に出てきてくれたら嬉しいし。
相談しながら、にじ屋でその場を提供できたらな、とか思います。
大きな音は出せないけど、お笑いとか、いい試練になるかとは思います。






(BGM:GEVIL「ゲビリズム」from「天地夢妖」)
→この人たちのライブは、一度迷い込んだことがあって、お客さんがみんなで同じ振り付けをしてて、なんか恐かった。
宗教かと思った。
スポンサーサイト

<< 幸せってなんだっけ? | ホーム | 思い悩んじゃったらダメ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP