FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

イイ感じで「コソコソ」が、いいよな!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


結構前から、コウヘイが家にみんなを呼びたい、みたいな話をしてて。
でもまあ、彼は実家だから、具体的にはやっぱ親御さんが迎えてくれるか?みたいなことが重要なカギになるわけです。
それにまあ、高校生の時のように、コウヘイの家に行って、コウヘイの部屋にこもって酒飲んだとしても、結局は親御さんがかたすことになるんだろうし、それもなんか違う。
やっぱ、大人だし、そんなにこそこそする必要はないわけです。

ウチの子が中学生だったかの時、なんか友だちが来てるなあ、と思ったら、どうも後日判明したのは、その日、みんなで酒飲んだらしく。
その中の一人の子が良心の呵責に耐えかねてその子の親に言って発覚した、という微笑ましい感じの展開になったことがありました。

ま、飲みに行くのに「こそこそ行く」、ってのは、やっぱ楽しくありません。
「どう?みんな行く?」みたいな、そういうのがやっぱたのしい。
時には、二人で話したい、とか、深刻な話、ってのもあるから、それはそれでアレだけど、まあそれはそもそも楽しみに飲みに行くのとはちょっと違う。

で、まあ、お母さんに聞け、ってことになって、どうせなら一緒に呑もう、みたいな。
というか、そもそもお母さんというのが、俺の大学の先輩だったりするので、まあ、他の親御さんよりずっと近い。
ま、二人とも、ここで再び出会うとは夢にも思ってなかったわけですが。

で、まあ、行くコトになって。
とてもワクワクして行かせてもらったんですけど。


で、時同じくして、井上と陽子も何かを計画していたらしく。
でも、それは直接俺や専従の耳には入ってこないようにやってるんですよね。
そもそも、まあコソコソしてるんです。
いつもそうね。

これはまあ、陽子の意向だってのもわかってるんだけど、つまりはまあ、「先生はいらない」ってことなんだよね。
悪いことじゃないし、やっぱ「異物」が入ることで、やりたいコトができなくなることってありますから。
我々はやっぱ彼らにとっては異物。
彼らは仲間同士でも、まあ俺も仲間だけど、でもやっぱちょっと違う。
それはまあ、現実ね、否が応でもそうなっちゃう。

ま、いいんですよ。
それ自体は悪くない。
でもね、この「飲み会とかをこそこそやる」ってのは、やっぱどんどん暗くなっちゃうのね。

その翌日、今度は陽子がコバに「市丸の家で飲み会をやるから来い」というメールを出したらしく、コバはそれに従い、結果的に外のプロレスファンの人の誘いを断る形になってしまった、ということがありまして。

つまり、そもそも「市丸の家でやる」って市丸にも言わずに勝手に決めてるところも問題でありまして、けっこうウェルカムな市丸も、なんかその翌日に聞くとちょっと「陽ちゃんが勝手にやったことだから、俺、別に…」みたいな感じで、ちょっとどうか、ってのもあるけど、ま、これも専従には秘密でやってるわけ。
で、コバに聞けば「恐くて断れなかった」となる。
恐いったって、なにがあるわけじゃないんだけどね。
ま、彼らにとってヒエラルキーは絶対で、特にコバはそういうところがあって、井上と陽子には逆らえない。
それもまあ、コバがそこを自覚しない限りは、しょうがないところではある。
ま、彼らはそれを知ってて、コバを誘う。

でも、その日にいつもにじ屋のイベントやプロレス観戦で時々出会うアオテツさんとかカワセさんに誘われて飲みに行ったノブの話しを聞くと、もうコバとしては「そっちに行きたかった」となるし、市丸もまあ同様で。
まあ、コバは事前に、コウヘイの家でノブから聞いていたんだよね。
でも、「陽子の誘いを断れないから…」と。
市丸にはまあ、その話があってから当日の間までにノブが接触するチャンスがそもそもなかったので、市丸には事前になにも伝わってはいなかったんですけど。
それがあるから、余計に「陽ちゃんが勝手に…」ともなってしまい、悪循環。


話をしてくれれば、うまく丸めることはできるし、陽子がやろうとしている飲み会をもっとみんなが来たいモノにする応援はできる。
けど、まあ陽子や井上は、まずもって「専従には言いたくない」んだよね。

ま、最終的に困った事態になった場合、言いに来るんだけど、前にもなんか面白い事件があったんだけど、ちょっとその記事が見つかりません。
井上と陽子、ミツを中心に、外の人とかも呼んで飲み会をやりたくてやり始めたはイイけど、とにかく専従に秘密にやってて(って、ホントは知ってたけど)、そのうちミツと井上が決裂、どうにもならなくなって、泣きついてきた。
ま、それでうまくはいったんだけど、つまりはまあ、「困ったとき言えばイイや」とは思ってはいるんだと思うんだけど。

だから、まあそれはそれでイイっちゃあ良いんだけど。
俺たちはやっぱ異物ですから。
いいたくない、ってのは、正しいと思うんだ。
陽子や井上はきちんとそういう成長の形を踏んで異物を入れないように自分のやりたいコトをやっているんだと思うんだ。
だから、異物を入れたくない、という陽子の意思は最大限尊重するし、知ってても知らないふりをきっちり最後までやります。

でもなあ、やっぱコソコソするのはなあ、という。
このコソコソが、なんていうか、「異物を入れたくない」ってコトだけであるならいいんだけど、つまりはもうコソコソが常態化しちゃって、クセになっちゃって、例えば医者に止められてることをコソコソやってしまったり、自分にも嘘をついて約束を実行できなかったり、、ってことに広がっちゃうと、困ってしまう。
杞憂であることを祈りつつ、まあそういうね、ところもある。

ま、小さい頃からの親子関係とか学校のこととか、そういういろいろもあるんでしょうけど、コソコソしちゃうアレってありますから。

だから、こっちの出方ももっと気をつければいいのかもしれないよね。
知ったときの対応をどうするか?というか、異物感をどう出さないか、というか、口をどう出さないか?というか。
ま、口は出さないんだけどね。
でもまあ、なんか専従に言う、ってのがイヤなんだろうな。
それはすごく正しいですよ。
いいことなんですよ。

だからまあ、いいんだけど、気に掛けなきゃいけない部分ではある、という感じかな。
ま、実際、彼らの「内緒」はほぼ筒抜けなので、把握はしてんだけどね。
いつもじっと最後まで黙ってるって感じで。






(BGM:CarpLovers+「それ行けカープ(若き鯉たち)」from「カープソース~ジャズピ味~」)
→ま、カープの応援歌をジャズピアノにしました、と。
ほぼ原型のない曲もあって、なかなか楽しい一枚。
スポンサーサイト

<< 飲みに行きましょー | ホーム | 公文書を改竄した政権なんてのは、そもそもその時点でアウトなんだって! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP