プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

あきらめも肝心か


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


カイが、ささくれを取ってしまい、そこからばい菌が入る。
指が腫れる。
そういう状況になってしまうと、ちょっとよくない。

そもそも、カイは手がうまく洗えない。
というか、水をつけたがらない。
だから、不潔だし、あちこちも触る癖があり、状況はよくない。

まあ、ほっておけば、いつかはうまく治るのかもしれない。
けれど、その指の衛生状況が悪いというのは、他の指もちょっとよくない状況に陥ってしまってはいて、治癒能力を超えている感じがある。


手を洗う。

ごく簡単なことだけれど、なかなかそれが難しい。
毎回、我々が中に入って手を洗わせられればいいが、そうもいかないときもある。

ま、それができればいいんだろうけど、小さい頃からの「水を嫌う」みたいなことは、なかなか彼も変われない。


そうなるので、指を消毒して、包帯でも巻いておけばいいか、と思うのだけれど、それも彼は取ってしまう。
取るな、と何度言っても、取ってしまう。

初期の段階で、その処置ができれば、こういう指のトラブルはかなり少なくできる、ハズだと思うのだけれど、彼は取ってしまうし、手は洗えないし、指を不潔な状態に置くし、なかなか状況が前に進まない。

そして消毒するたびに大騒ぎである。

もどかしい。
本当に、もどかしい。


人は、どこかが痛ければ、それを解決するために、ちょっとしみちゃってイヤでも消毒したり、不便であっても、包帯を巻くとか、そういうことをする。
けれども、彼には、「今」が全てで、「治るためのこと」というのがなかなか伝わらない。

「未来を見通すことが難しい」のが知的障害者の一番の障害、だと俺は思ってるんだけど、まさにその通りで、カイにはそれが難しい。


イチマルも、実家から通っていたときには、指の爪をとにかく食べて、最終的には爪がない、という状況もままあった。

これはまあ、いいわけがない。

でもそれも、「爪がはがれてるから、ばい菌が云々」とか、そういうことで治ったわけじゃなく、「これだと、今、プロレスに連れて行けない」ということで、彼は踏みとどまっている。
だから、今はけっこう爪はある。


カイの場合は、それがちょっと通じないので、困ってはいる。
こっちとしてはイラ立ちもする。
なぜ、せっかく消毒したものを剥がすのだ?!と。

けど、先に書いた「健体者になること云々(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4411.html)」を書いて思ったんだけど、もうこれは「しょうがないのかもしれない」と思うようになった。

しょうがない、1時間ごとに石けんで洗うしかない。
ちょっとだけでも、そうやって、症状改善を前に進めるしかないのかもしれない、と。

だって、カイには「今」しかないんだもん。


たいがいのことは、笑って済ますこともできる。
今しか見えないカイのことを、「なんでそれ今やっちゃうかな~」と言ってれば済む。

けれど、「怪我とかになると、そうも言ってられないじゃないか!」。
そういう気持ちになってしまっていたけれど、でも、それも彼なりに治すしかないのかもしれない。

それに、正直、30分ごとに包帯を巻き直すのはもう疲れてしまう。
俺の気持ちがついていかない。


悩む毎日ではあるけれど、というか、悩ましい毎日ではあるけれど、でもまあ、しょうがない、というか、その中で最善をやるしかないんだわな。
こっち側のあきらめも肝心か。








(BGM:「Intensified Chaos」Not So Quiet on the Western Front fromYOUTUBE)
→よくわからないコンピの曲なんだけど、こういうの好きなのね。
もちろん、けっこう演奏そのものが下手というのは魅力になるわけだけど、この曲は冒頭の作りがなんか凝ってて、らしくなくて、でも「やりたかったんだろうなあ」が伝わってきて好き。
スポンサーサイト

<< 王道 ★ 映画 「ちはやふる 結び」 | ホーム | 太陽肛門スパパーンさんの特徴は「政治的」ではない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP