プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

太陽肛門スパパーンさんの特徴は「政治的」ではない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、久しぶりに太陽肛門スパパーンさんの長尺のライブに行ってきたわけですけど。

太陽肛門スパパーンのことを、政治的なスタンスだったりで、「過激な主張をするバンド」「過激な政治的パフォーマンス」なんて言う形容詞で語る人たちがいるわけですけど、いやいやいや、そうじゃないでしょ。

太陽肛門スパパーンさんの特徴は、そんなチンケなことじゃなく、「圧と気まずさ」ですよ。

あの圧倒的な圧力。
まず、演者が多い。
狭い空間にみっちりと、そう、びっちりと、じゃなくてみっちりと詰まった白ブリーフの男たち。
しかも、その肉体はたるんでいたりもして、みっちり感はものすごい。

ザ・青春のみなさんによるパフォーマンスの、こと冷却水のくだりでは、冷却水がかかる危険性も当然あるし、安倍ロボに至っては、「なぜこの狭い空間にロボ?」というくらい巨大なロボが投入される。

その圧ったらない。


そして、「気まずさ」。
これはもう、花咲さんによる途中の討論の時間において顕著だけれど、そもそも、討論ってなんだよ、と。
ライブを聴きにきて討論て、的がちょっとはすれてる感じもある。

カンパタイムもあり、しかもこのカンパ、「所得を調整する」みたいなこともあって、所得の2000分の1だとかを排出せよ、みたいなことで。
で、「所得が少ない人は逆にカンパ箱から取ってイイ」とかなんとか。
ぎゃはははははははっは。

ま、これはどっかコント風味なんだけれど、けっこうお金には困ってるようである。
それもあって、このカンパタイムもどっか気まずいのである。


それと、特にメインの花咲さんはとにかく笑わない。
ウチのバンドが「とにかく笑顔」とか言うのと真逆である。
演奏中、終始、機嫌が悪そうである。

この感じ、俺が高校生時分(30年以上前)のハードコアのライブに似ている。
ま、あれは挑発的雰囲気が先行しているが、花咲さんのは挑発、ではなく、まったくもって演奏に対しての「厳しさ」にしか見えない。

バンマスとしての使命を全うしようとしているというか、それはどっか、他の演者さんたちに対する「圧」として、こちら側に認識される。

この感じが、太陽肛門スパパーンさんの最大の特徴だと思うのである。


ちょっと見て、「政治的パフォーマンスが云々」なんて言う人は、太陽肛門スパパーンさんの何をも知らない、と俺は思うのである。

ってか、逆に言えば、討論の時間があるのである。
だから、政治的に意見があるのなら、そこでしたらいい。
ソレが出来ないヤカラが、政治的云々ってことを特徴にあげるなよ、と。

というか、そんなことは、「あなたを愛してる~」とか「俺は一生懸命がんばるぜ、絆」とかと同じでしょ。
そう思ったことを歌詞にしてる、パフォーマンスにしてるだけで、それが政治的だからって、なんでどうこういわれなきゃならんのか、って話じゃないか、たぶん、花咲さんにしてみたら。


そもそも、政治的云々だけでスパパーンさんを見に行くヤツはオランダフランス。
演奏は随一なのである。
カバーなんかまったくできそうにない。
圧倒的なプログレセットは、どんなロックファンもうなるはずだ。

にもかかわらず、白ブリーフ一枚、ザ青春のみなさんによる政治的なパフォーマンスをフロントに据える、というありようが、すごいんじゃないか。

逆なんだよ。
政治的なことをやってることで、そうやって、「政治的」と敬遠される場所に自分たちを置いてまでも、難解な楽曲をやってのける、あの姿勢がすごいんじゃないか。

客に媚びない。
媚びないどころか突き放す、気まずくさせる、その姿勢よ。
すげえと思うよ、俺は。









(BGM:The Runaways「Saturday Night Special」fromYOUTUBE)
→家出娘たち、ってコトになるのかな。
出で立ちがね、下着姿ってコトで、もうそれでいいんだけど。
サウンドとかはどうでもいいんだわ。
スポンサーサイト

<< あきらめも肝心か | ホーム | 健体者になることがハッピーエンドなのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP