FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

宍戸さんの店で思ったこと


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、宍戸さん(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4395.html)の店に行って。

ライブできるバーというか、居酒屋さん。
大宮からちょっと行った上尾駅前。
ウチのベースのコジマさんが常連ということで連れて行ってもらったんですけど。

先日のライブで感銘を受けて、まあ行ってきたわけですけど、ちょっと歌も歌ってくれて、うれしかったですね。

料理もうまいので、みんな行ったらイイと思います。
社交辞令とかじゃなく、俺も今度またいこうと思います。


宍戸さんは、やっぱ唄に対して真摯なのね。
なんかね、俺なんかは曲を作る時に、どっか「媚びてる」ところがあって。

もちろん、まあウチの楽曲はみんなのコトを歌詞にして唄にしているわけだから、情念のほとばしりの最初が俺がどうこうってことでもないんだけど、それにしたって、やっぱ曲をつける時には、「この曲はトップの曲にして、あの曲みたいなアップテンポでやるか」とか、「ラストの曲にするから、ミディアムでいくか」とかね、そういうのがあります。
どっか、こう「どうやったらウケるか?」ばかり考えてる。
しかも、まあ「彼らが覚えやすい」というのが前提にあるから、自分の曲を作ってるようで、作ってない感じもあったり。

しかも、どっか名曲をパクっちゃいがち。
いや、簡単にパクるというより、コードを分解して取り入れる、みたいな、数学的な感じでやってますけど。
でもまあ、ライブでウケてなんぼだから、そりゃしょうがない、というアレもあるわけだけれど、なんかちょっと宍戸さんの前ではちょっと恥ずかしくなったりします。


今、開店休業状態になってる「知的生涯」の曲で、「イキタカッタ」という曲があるんだけど(http://www.nijirock.com/tv/sato)、これね、まあ前会長のかおるさんのことを歌った歌で、この曲はね、でも俺の中ではちょっと特別で。
こういう唄を、俺は自分のために、もっと唄わなきゃいけないと思う。

この曲を歌うために、ちょっとギターを練習して、一人でもやれる感じで歌っていきたいな、とすごく思いました。
とにかく、ギターが下手なので、やっぱもっと練習しなきゃいけないんだけど、いやいや、練習が苦手なんだよ、俺…。

まあ、でも、宍戸さんの店で唄わせてもらえるよう、ちょっとがんばってみようかと思います。
あ、逆に、知的生涯もバックを募集しようとは思ってるので、よろしくお願いします。


さて、この日、チャビエの話がちょっと出まして。
改めてチャビエの偉大さを感じたんだけど。

チャビエは、次のライブ終了と同時に改造手術その1をすることになっています。
もちろん、手術が成功する以外のことは考えていません。
彼女が、また明るい笑顔で戻ってきてくれると信じています。

宍戸さんなんかも、チャビエがいなくなったら埼玉の損失だよ、なんてうれしいことを言ってくれてたけど、確かに、彼女は「自分発信」というわけじゃないんだけど、とにかく「人と人をつなげる」コトに関して超一流の力を持っています。

だからこそ、ウチのバンドのエージェントもやってもらってるわけだけど、それはそれはすごい力で、物怖じしないし、そして敵を作るようなキャラでもなく。
すげえなあ、と思うんだけど。


彼女と出会ったのは、某市議の選挙を俺がちょっと手伝いに行った時に遡ります。
もう十年以上前だと思います。
その時の中心が彼女。
彼女の盟友というか、それがその市議で。
無所属の人なんだけど。

なんかまあ、いろいろあって、俺がちょっと手伝うことになって。
それが終わって、彼女が勤めていた花屋が潰れて、まあどうしましょうという時に、ウチにやってきてくれた。

俺は、彼女には、ずっと「アナタの仕事はチャビエだから」ってずっと言っていて、まあ自由に泳いでいたまえ、って思ってました。
もちろん、必要な仕事はやってもらうけど、基本ずっとフリーで、ちんどんのことやにじ屋のコトなんかの宣伝マンというか、結果ね、そういう感じになっていったんだと思う。

この「アナタの仕事はチャビエ」というのは、まあすごく俺の中で、チャビエに出会ったからこそ思った一つのウチの仕事に対する姿勢というか、そういうことの答えで、それに倣って、俺もやっぱ、具体的に何が何、じゃなくて「佐藤さんという仕事をやろう」と思うし、外口さんのことも「アナタの仕事は外口だよ」(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4407.html)って今とても思っている。


ま、そんなわけで、虹の会のことは知らなくてもチャビエのことは知ってる、って人はたくさんいると思うけど、そういうすごい人だから。
俺も影響を受けた一人だし。

たくさん、応援してくれる人がいるから、きっと手術もうまく行くと俺は信じています。





(BGM:ジャンボ鶴田「ローリング・ドリーマー」fromYOUTUBE)
→「出会いの数だけ、別れがあると わかっているのに 恋をする」
…なぜいきなりラブソング…??
スポンサーサイト

<< 「青春の馬鹿騒ぎ」と「みんなとの約束」 | ホーム | 日本でいうと、バンパイヤって何にあたる? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP