プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

盛大に祝う


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


俺は、まあできた人ではないから、あまり褒められるとなんか居心地が悪い。
これまでも、いろんなことで、例えば飲み会なんかでも失敗してきたし、でもまあ、反省反省、と思ってやってきた。
羽目を外しすぎてしまったこともある。
いや、そんな言葉じゃ済まないようなこともあった。
だから、もう二度とそういうことはしないように、と思ってきたし、今はなんか50になってやっと普通に人とからむことが出来るようになった気がする。

これまで、たくさんの人に迷惑をかけてきたと思うし、力も借りてきた。
それでも、たくさんの人が、俺を応援してきてくれて、本当に感謝している。

今だって、虹の会の中でも、いろいろ俺を支えてくれる人がいるから、俺は立ててるわけで、虹の会というのは、その人たちの尽力が大きい。
俺がすごいから、という風に考えるのは、ちょっとそれは違うとずっと思ってる。

表に出る、こうして文章を書く、ということにおいて、やっぱり俺はある程度時間を自由に使えるからこうやって発信をさせてもらってるけれど、その中身は、「みんな」である。

新人のすずにしても、俺の大きな支えだと思うし、ちゃびも、加納さんも、専従のみなさん、そして、普段はここには関係なく自分の仕事を一生懸命してらっしゃるみなさん、そういう方々に、本当に俺は支えられてると思う。

なんとか、その思いに俺は応えなきゃならないと思うし、俺も支えになれるように、一生懸命、自分のできること、すべきことをやっていきたいと思っている。

根本がそもそもめんどくさがりで、自分のことしか考えないし、そしてカッコツケで、いいとこないよ。
でも、そんな自分でも、みんなには何か返さなきゃ、って思う。


アキと再婚して、というか、出会ってびっくりというか、改めて、誕生日とか、人のお祝いとかを一生懸命する、ってステキなコトなんだな、と思った。

俺は、そもそも誕生日とかを祝ってあげる、という意識もなかったし、なにかの「お祝い」をするという気持ちがあまりなかった。
そこには、きっと「自分はお祝いされない」って思い込みがあったように思う。

いや、こんなに支えられてるのに、そんな言い分あるわけないよ、って今は思えるけど、当時は俺はやっぱりあまりいい状況にいなかったからなんだろうな。

今、アキと買い物に出かけると、人にあげるモノだけをいっぱい買って帰る、ということがある。

「あの人に、こんなのをプレゼントしたら喜ぶよね」ってことだけで、アキは自分の金を払える。
なんか、そのことに、そんな単純なことに、俺もなんかうれしさを感じるようになった。


今、みんなの誕生日とかをネットで唄だけだけど急にサプライズしたり、なんか、いいよな、って思う。
前だったら、「誕生日の何がうれしいんだよ」くらいに思ってたかもしれない。

イヤな人だったな、俺。


三原や竹脇やヨシヲくんは、俺が卒業した頃からずっと付き合っていて、いまだに時々飲みに行く。
彼らは教師になったから、俺とは道は違うけど、でもまあ、似たような仕事かもしれない。
そもそも、彼らもずっと養護学校畑を歩いてきた。

といって、普段のやってることの中身をどうこう話し合うことは少ない。
時たまあって、お互いの目を、顔を真っ直ぐ見れるかどうか、をお互いに確認してるような、そんな感じだ。

俺をずっと支えてくれた彼らの目を真っ直ぐ見れなくなったら、おそらく俺はダメだ。

彼らは、教育学部を出て、教員になって、いわゆる良識のある大人だ。
俺が小2のママだから、いつだって「それはやりすぎだ」「そういうのはダメだ」っていさめてくれてきた。
「君がトップなんだから、もっときちんと考えなきゃダメだ」ということを、彼らはいつも俺に言ってくれた。

最近は、まあそれも少なくなったけど、でも、その関係性はなんか変わらない。
俺はいつまでも彼らの弟分なのかもしれないな。


サンゲン会というのを時々やってるんだけど、それは、上記の三原を中心とした飲み会だけれど、三原が言うように三原をダシに使った飲み会ではあって、みんなで楽しみましょう、みたいな。
先日のサンゲン会では、三原が校長になったお祝い会ということで、お店にもご協力いただいて、なかなか楽しくなりました。
三原も「こんなに祝ってもらってる人もおるまい」と言ってましたけど、とても喜んでいただけてよかったな。


無駄に盛大にお祝いする、みたいなことって、やっぱいいもんなんだな、と改めて教えてもらいました。







(BGM:京ちゃん&ミネオちゃん「もうだめだ」fromYOUTUBE)
→「もうそろそろお迎えが来るようですねえ~ 隣のばあさん死んじゃった~ そろそろわしの番かいなあ~」
これね、ジャケ写がすげえの。
ジャケ写選手権に出したい。
カップリングは「墓参り」。
スポンサーサイト

<< パニックってなんだ? その1 | ホーム | 絵じゃね? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP