プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

壁としての誇り


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、WAVEという女子プロレス団体を久々に見に行ってきまして。
飯田選手が引退、とのことで、ウチの元レスラーのアキとカズミもずいぶんお世話になったという。

彼女のことはよく知らなかったんだけど、戴冠歴はタッグで一度、ということで、戦歴は必ずしもはなばなしいものではなかったと言えますけど、団体の彼女に対する愛情をものすごく感じる引退セレモニーでした。

時、同時に、団体の最高峰を決めるリーグ戦の決勝もあったわけですけど、それがまたいい試合だったんだけど、それはちょっとおいておいて、それをセミに下げての引退試合をメインに、というのは、なんか素晴らしいな、と思いました。
WAVEらしいコミカルも含めての引退式は、なんか見ていて感動的ですらあった。


で、あと気になったのが、野崎選手という方で。
この方、ずいぶん昔に一度引退してる。
よく女子プロレスを見に行っていた時に、出てましたね。
復帰してたらしい。

当時はどっちかというと「かわいいキャラ」っぽかったんではないかとおぼろげに覚えているんだけど、そもそも美形ですし。
強い、というより、そっち担当、みたいな。

しかし、復帰後の彼女は、とにかく「カッコイイ」。
立ち姿がカッコイイ。
どっちかというと、ヒールっぽくなってる。

いや、これ、いい。

というのも、やっぱり、女子プロレスラーは強いかカッコイイか、だと思うんですよね。
俺としては、かわいい、ってカテゴリーはあまりいらないんじゃないか、と思ってるわけですよ。

だって、かわいい子を見たければアイドルでイイワケでしょ。

プロレスやりたい!んだから、やっぱ強くなきゃいけないし、格好良くなきゃいけない。
あ、加えるならば、コミカル、というのもありますが第二試合大好きな俺としては。
そんな風に思ってるわけですけど。


で、彼女、技が極端に少ないんですよ。
これね、マイナス要素と思われガチなんだけど、わかりやすいの。
キメの技があって、そこに至るまでは、そこそこ技を出さない、という。
そして、「ここだ!」って時にキメの技を繰り出す、このタイミングというか、そういうのがいいんだな。

技が多いというのも、一つ大きな選手としての魅力ではあると思うんですよ。
それはそれで素晴らしい。
技を見に行ってるという面もあるから、当然そうなんだけど。

でも、技が少ないってのは、キャラが立ってないとできないし、立ち姿がしっかりしてるからこそ光るわけです。
これね、なかなか逆にできないでしょ。


鈴木みのる選手という、日本のプロレスのもう第一人者と言っていい選手がいますけど、彼も技自体は少ないと思うんです。
でも、頂点に立ってると言っていい。

それは、彼のスゴサでアリ、プロレスの奥深さなんだよな、と思ったり。


いや、そういう意味で、なんか野崎選手ちょっと気になってしまった。
また見に行きたいと思います。


そして、先に書きましたが、リーグ戦の決勝がこれまたすごい試合で。
浜田文子選手VS山下選手という組み合わせで。
山下選手はキャリアも浅い。
浜田文子選手と言えば、親がグラン浜田選手、米国のTNAでも活躍してた選手ですよ。

いや、当時、スカパーに入っていたので、TNAよく見てました。
浜田選手格好良かった。
もう、惚れますよ、いや、すごい選手。

その対決だったんだけど、最後、山下選手が勝つんだけど、いや、後半、もうどっちが勝ってもおかしくない、一進一退の攻防が続きまして。
息を呑むというか。

久々に女子プロレスで熱くなった試合でした。


そしてね、やっぱ見てると、浜田選手にどんどん感情移入していっちゃう自分がいて。
いや、昔から見てるから、ってのもあるけど、それだけじゃなくて、「新しいヤツに負けてたまるか」という思いね。
日本の女子プロレスラーの壁でありつづけてきた浜田選手の思いが、なんかね、すげえな、と。
そして、その壁が陥落してしまった時、それでも浜田選手は、サバサバと「これから」って目をしてた。
同時に、山下選手の成長をうれしくも思っていたような、そんな表情で。
見てて、なんかグッときたな。


いや、いい大会でした。





(BGM:曽我町子 「謎の女B」fromYOUTUBE)
→この曲、かっこいいわ。
最近オシャレ系の人たちがカバーしてたりするらしいので、知ってる人も多いのか。
最後の「おしまい!」ってのがいい。
スポンサーサイト

<< 道は違っても | ホーム | ムダ脱ぎ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP