プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

道は違っても


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、にじ屋バカ祭りでビアガーデンがあって、まあみなさんありがとうございました。
バリバラを見たという方も来ていただき、ありがたいことであります。

いや、あとびっくりしたのが、ゴキコンつながりでいらしてくださった方がいて、いや恐縮というか、うれしかったです。

ゴキコンといえば、もう俺はずっと見に行っていて、昨年、その別働隊というか、BBG48さんと共演できたことは、本当にうれしかったんだけど。
他のメンバーはまあ、ゴキコンをよく知らないのでアレですけど、俺一人で舞い上がってました。

ありがたいことですね。


今はSNSっていうんですか、ツイッターを俺もやっていて、そういうことで調べてくださったりするんですね。
告知はちゃんとしなきゃな、ということなんですけど。

ツイッターをはじめたのは、吉田照美さんの影響なんだけど、照美さんともYK型で共演させてもらったことがありまして、そこからですね。
原発事故があって、正確な情報というか、正しい情報は何か?みたいなことを考えると、マスメディアにのるモノだけが正しいわけじゃない、というのを思い知りまして。
隠されてること、わかっていて記事にしないこと、ってのもあるんだな、と思ったら、ツイッターにたどり着いたというか。

ま、それにやっぱバンドやにじ屋の宣伝もあります。
どこまで有意に使えてるか、拡散できてるのかは知らないけど、でも確実にそこからつながった仲間もいるわけなんで、やっててよかったんだろうと思っています。


アオテツともツイッターで知り合ったわけだし、最近は飲みに行くだけじゃなくて、彼の引っ越しまで手伝ったりする感じになってたり、彼の彼女ともイイお付き合いをさせていただいて、ありがたいことです。

ぜひね、ツイッターとか、このブログでもいいんだけど、気になった方はぜひ声をかけていただいて、一緒に呑みに行けたらな、って思っています。

なかなかうまく返信とかができないのでアレですけど、でもまあ、ありがたくいつも思っています。


ウチを昨年辞めたなっちゃんという子がいるんだけど。
昔からやりたかった仕事に就けるチャンスがあったとのことで、ウチを辞めたの。

ま、当時、井上達は嘆き悲しんだけど、でもまあ、彼女の人生を考えたらね、そういう分岐点はあるのかな、ということではありますけど。

その彼女は、まあイベントがあるたびに来てくれて、みんなに会いに来てくれるし、今でも井上達と野球を見に行ったりもしてるようで。

そうだよな、別に職業が違ったって、一緒に遊ぶことはできるモンな。
俺とアオテツだって、俺とサンゲン会主宰の三原だって、職業は違うわけだもんな。
でも、友人として飲みに行ったりするわけで。


ウチは、やっぱりそうやって外の人が来てくれてナンボなんだよね。
だって、運動だから。
井上達のことを拡げていく、って活動をしてるわけだから。
加納さんとか、障害があっても親元を離れて生活する、とか、そういうことをしてるわけだから、なんだろう、みんなにそれをわかってもらいたいわけじゃん。

そう考えると、外の人が来てくれてはじめて成り立つというか。
外の人に理解してもらってはじめて成り立つというか。

だから、まあうれしいんですけど。


そのなっちゃん。
この日は仕事が入っちゃって来れない、って話だったんだ。
それは井上から聞いてた。

でもなんか、終わってから「打ち上げだけでも」の感じでやってきてくれて。
なんかうれしかった。
とてもとても。

俺はちょっともう午前中から飲んでいたので酔っ払っていてアレでしたが、本当にありがたいな、と思いました。


先日はサンゲン会で、20年くらい前にウチの専従だった子も来てくれたりして(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4426.html)、なんか、そういうのはうれしいですね。


毎日の道は違っても、一緒に遊べる、というか、一緒に肩を組める、ってのはうれしいことです。






(BGM:佳川ヨコ「銀座のマリア」fromYOUTUBE)
→歌い方としてはまるっきり演歌なんだけど、それがなんかブルージーにも聞こえてなかなか。
ただまあ、こういう曲たちに思うのは、よくこういう「中身のない歌詞」ってのをよく考えつくもんだな、という。
スポンサーサイト

<< 「ギフテッド」ではないけれど | ホーム | 壁としての誇り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP