FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「お前は宝くじが当たっているのに、引替に行く勇気がないだけだ」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「グッドウィルハンティング」

マッドデイモン若かりし頃の。
天才孤児を演じてます。
悪い仲間とつるんでるけど、…まあ悪いっていうか、普通のダメな子たち、って感じなんだけど。
これがなんかすごくリアル。
マッドデイモンの仲間の、この、「ワケのわからない感じ」「すぐに会話を理解しない感じ」というの、あるなあ。
悪気はないのに、なんかもうバカすぎて理解できなくて場の空気を凍らす、みたいな。
底辺校あるあるみたいな。

ま、そんなことで。
この映画、カッコイイのは、その仲間。
天才のマッドデイモンに、「俺が20年後にここにいるのはしょうがない。でも、お前が20年後もここにいたら俺はぶっ殺す」と。
「お前は宝くじが当たっているのに、引替に行く勇気がないだけだ」と。

いや、これね、コレを言える友情ってスゲエと思うんだよね。
たいがいは、嫉妬しちゃうし、足引っぱっちゃう。
ヤクザは組織を抜けるのにいろいろなことを課したりする。
それだけ「俺らだけ置いてカタギになるなんて許さない」ってアレがあるわけね。

それをこのセリフで飛び越えてくるの、かっこいい。
この役者さんもなんかカッコイイ。
調べたら、ベン・アフレックって人だった。
ファンになったわ。




「ベイビードライバー」

子どもの頃、両親と乗っていた車が衝突事故を起こし、親はその事故で死亡。
以来、衝突の時の音が耳鳴りとなって鳴り続け、そのためにずっとヘッドフォンで音楽を聴いてる主人公。
読唇術も身につけ、とにかくずっとヘッドフォン。
しかし、運転の腕はピカイチで、いろいろあって悪党に使われている。

ま、その悪党とソリが合わなかったりしながら、最終的には組織を抜けようとするんだが…、という物語。
これ、なかなか秀逸なのは、ちゃんと復讐をする。
そして、捕まり、刑期を終えて恋人とハッピーエンド、というね。
ハッピーエンドまでが長いが、まあコレの方がすっきりするよね。
やっぱ、復讐は復讐でも、逃げおおせちゃったらダメだもんな…。

全編、なんらかの音楽が鳴っていて、ミュージックビデオみたいな。
そして、なんか主人公も軽快でキュートな男の子。
ヒロインも50Sっぽい雰囲気を醸し出していてキュート。
キュート+キュート+ロック=踊りたくなる、という感じの映画。
主人公のように、コーヒーをトレイにのっけて、街を颯爽と歩きたくなった。
この手の「歩きたくなるかっこいい映画」はけっこう好きだわ。


「ライト/オフ」

ライトを消すと浮かび上がる霊と闘う姉と弟。
どうも、そのお母さんが子どもの頃の友だち(死んでる)、が出てきてるようで。
で、物語を複雑にしているのは、お母さんに精神疾患があって、冒頭、「もしかしたら全ての某はお母さんがしでかしてるんじゃないか?」という感じもあるんですね。
でも、実際、ライトを消すと見えちゃうんだなあ、これが。
どうもお母さんの中の「ごめんなさい」みたいな気持ちが、実体になっちゃった、みたいなことらしい。
う~む…、実体になっちゃうか…。
恐ろしい話です。


「2LDK」

小池栄子さんともう一人の美人さんの女優さん、二人によるシュチュエーションスリラー。
って、スリラーか?これ。
というより、いわゆる「女のドロドロ劇」。

ルームシェアしてる二人。
同じ事務所かなんかに所属している、なんか女優の卵、みたいな。
とにかくまあ、お互いにイヤイヤで、嫉妬とかそういうのがすげえ。
けど、なんか普段は抑えている感じなんだけど。

明日発表のオーディションを二人とも受けていて、その前日に感情が爆発する。
といっても、まあ徐々にエスカレートしていくのね。
その感じ、なかなかよくできてる。
特にまあ、大切なモノを壊されて「きいーーーーっ!」ってなる表情とか、なかなかいいのよ、これ。

小池栄子さんのアイアンクロ-からの畳返し?、とか、もう一人の彼女が急にチェーンソー持ち出すとか、もうどっかコメディチックな感じすら逆にリアル。
ナチュラルになんかありそう。
あ、チェーンソー、たまたま部屋に置いてあったのね、そかそか、とか。
そしてまあ、「一軒家プロレス」の様相を呈していきます。
というか、もう熱湯かけたり、感電させたり、プロレスを超えて、ガチに常軌を逸脱していく二人。

まあ、なかなか面白いです、これ。
あり得ない世界を、実にリアルに表現できてると思う。







(BGM:金井克子+ザ・ブルー・ビーツ+ミニ・ガールズ 「ミニミニ・ガール」fromYOUTUBE)
→いや、ミニスカートってのは、衝撃的なファッションだったんだろう。
ほぼなんか歌詞はないンですけど、ふ~とかほ~とか言ってます。
ゴーゴーギギッギー、とか。
でも、その中でも、ちょっとしたところで歌の上手さが光るわ、これ。
スポンサーサイト

<< フィジカルをほぐす | ホーム | 人のため その2(ラスト) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP