FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

人生で一番大事なのは友達です、とよく言います(その2・ラスト)


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4440.htmlのつづき


足らないところ、というのは、「仲間がいるでしょ?」ということね。
つまり、オグラだったらオグラの「同室の人」という人が。

けどまあ、これは何回か書いているけれど、オグラは同室だった人の名前を思い出せない。
「何人かいたハズなんですけど…」という彼の言葉に、その「頓珍漢で話を続けるための感じ」は受け取れない。
ま、そういう時とそうじゃない時の違いくらいはわかります。

そんなことあるんかい?と思うけど、あるんだな、これが。


例えば、どっかに行った時とかに、市丸の知り合い、みたいな人が声をかけてくることがあって。
あとで聞けば、前の作業所で一緒だった、とかいうんだけど。
でも、それはほとんどが、「一緒にいる親」が市丸に声をかけてきます。
というか、ほとんどじゃないな、100%。
今まで、本人が話しかけてきたことはない。
親が気づいて、「市丸くんじゃないの?」って言ってくる、という。

で、話が始まるんだけど、市丸もまああまり覚えてないし、あやふやなんだけど、それを必死にその親が話として構築しようとする様子はわかるんだけど、実際にまあ、話は弾まない。
そして、その本人は、「全く一言もしゃべらない」で終わることがほとんどだ。
その親に、「ほら、市丸くんだよ、挨拶しなよ」とか言われて、でも向こう向いたまま、みたいな。

こういうひとしきりのコトがあった後、市丸に「さっきの人誰だったの?」と聞くと、たいがいの場合、「学校の時の友達」とか、「前の作業所の友達」とか言うんだけど、いやいやいや、それ、友達じゃねえし、みたいに思うんだよね。


同じクラスだった、とか同じ作業所だったってのは、確かに「友達になるきっかけ」にはなるけれど、それが=友達、ってのはちょっと違うよね。

少なくとも、友達は十年ぶりとかに出会ったならちょっとは懐かしい話をしたり、「ひさしぶり~」ってなって、たいがいは連絡先を交換して、「次は呑みに行こうぜ」ってなります。
これはまあ、そういうモノと決まっています。

そうじゃない場合は、友達とは言えない、といっていいかと思います。
というか、俺はそう思っています。


ま、つまりですね、多くの場合、彼ら同士の関係性ってのが、ものすごく薄いんですよ。
同じ施設にいた、同じ部屋にいた、そこで十年暮らしていた、のに、思い出せない。

これ、まあそういう場所に勤めている人とか、関わってる人は思い当たると思うんだけれど。
どうしても、職員と入所者、という風な縦の関係しかできない。
できない、というか、できにくい。
そこに親が関わると、一気に本人同士の関係は遠くなって、親が挟まらないと一緒に出かけたりすることも難しくなる。
ま、これは友達の中に親が入ったらどうなるか?っていう、子どもの頃の経験を思い出してみたらいい。

いや、まあ元々一人じゃ出かけられない、ってのもある。
友達関係が作りにくい、というのも、障害の特性だなんだかんだ、わからなくはない。


ま、だからこそ、そこを必死になって、ムキになってなんとかしないと始まらないって俺は思うのです。

だって、友達が人生で一番重要なわけじゃないですか。
もちろん、学校の先生も重要ですよ。
先生や親によって人生って変わっちゃう、ってのもわかります。
でもやっぱ、友達がそれをもっと変えてくれる、ってところもあって。


なんか今の状況は、「知的障害の子には友達ができなくてあたりまえ」ってなっちゃってる。
それ、ホントに正しいのかどうかもわからないし、しかもホントにそれでいいのか?って。

確かに、友達はうざい。
うざい時もある。
でも、うざい時があるから、いい時もあるんじゃん…。


井上やノブが、次の休みにどこに行こうかって、事務所の隅で話してるのを見てると、なんか俺は楽しくなる。
もちろん、その中で、ケンカもあるし、「あいつは連れて行きたくない」とか、「連れて行きたい」とかってコトにもなったりする。

けど、それでいいじゃん、って思うし、そういうもんだと思うし。


「職員と話がしたい」なんてのはさ、やっぱ友達がいたら、そうならないんだと思うんだ。
「職員と話ができないから独り言で代用」なんてのも、友達がいたら、独り言を言う必要はない。

いや、独り言言ったっていいんだけどさ。
そうじゃなくて。


なんかね、施設の職員を増やそう、って行動も大事だと思うけど、一方で、「この子に友達なんか…本人、必要だとも思ってないと思いますし」っていう親御さん、職員のみなさん、ちょっとどうでしょう、そこ、考え直してみては?って俺は思うんです。
そこが、「もっと豊かな生活の入り口」って気がするんですよ。




(BGM:ザ・シロップ「ハダカになっちゃおうかな」fromYOUTUBE)
→これ、かっこいいわ。
クラリネット大熊さん?2本吹きしてる。
昭和歌謡路線は、すごく好きなので、どんどんしていただきたい。
スポンサーサイト

<< 人のため その1 | ホーム | 人生で一番大事なのは友達です、とよく言います(その1) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP