プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

見る側と制作者サイドの目論見の違い ★ 映画 「フラットライナーズ」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


フラットライナーズ。
去年公開された、1990年のジュリアロバーツ版のリメイクを工藤さんちで見たわけですけど。

まずですね、この元がすごくカルト的人気を博しているということで。
俺は未見なんですが。
そういうわけで、まあその辺はあまり関係なく、今作を見た、という。


これですね、医学生の「追い詰められ感」が一つのテーマになっていて。
つまり、もうやることがたくさんあるわけです。
覚えることもたくさん、勉強もしなきゃならない。
そんな中でも、病院で臨床にあたらなきゃならないし。
しかも教授がすご~く厳しいし。

で、その流れとは別に、自分の不注意で妹を事故に巻き込み、そして妹だけが死んでしまうという痛ましい事件を経験した主人公が、「妹に会いたい」みたいなことで、「臨死体験」に興味をもって、それを実際にやってしまおう、というね。
つまり、医学生ですから。
1分くらいだったら、蘇生できる!みたいな。
ま、それがみんながやっていくウチに3分とかなんとか伸びていってしまうんだけど。

最初にその偽臨死を体験した主人公が目覚めちゃうんだよ。
勉強もできるようになるし、なんか、昔読んだ本とかも全部思い出せちゃう、みたいな。
そうなると、その仲間たちも「俺もやる!」みたいになって。

つまりはまあ、「こんなのダメだ!」「死んじゃうかもしれない!」みたいに反対していた周囲も、その「追い詰められ感」から、ダチョウ倶楽部的な「俺も俺も!」になっていく、という。

ただ、副作用?というか、その後見えないモノが見えてしまう、みたいなことになっていくんだな、みんな。
過去の失敗や、やらかしてしまったいろいろについて、やっぱ負い目があるでしょ。
それが「追ってくる」みたいな感じね。

で、驚いたことに、この主人公が中盤で死んでしまいます。
主人公死ぬパターン。
というか、主人公だと思ってた人が死んでしまうパターン、ですね。
このパターンは確かにカルト的人気につながる場合が多いように思いますがいかがでしょうか。


ま、そんなわけで、最終的にどうなるか?ということですが、これがまあ驚いたことにハッピーエンドになってしまう。
主人公以外は救われるんですね。

う~む…。

出てくる医学生、5人いるんだけど、そのウチ一人は死に、残り四人ね、そのうち、偽臨死体験をしてない人が一人いるから、3人になるんだけど、この3人が、まあけっこう過去に酷いことをしてるわけ。

妊娠させた恋人を捨てたり、自分より勉強出来る子のパソコンをハッキングしてヌード写真をクラス中にばらまいて破滅させたり…。

おいおい…、って感じなんだけど。

でも、この「追ってくる何か」を振り払うには、それらの負い目を自分が許さなきゃダメだ、みたいな話になっちゃって。
で、その過去に酷いことした人に謝りに行ったりするんだけど。

でも、それって、「自分が助かるため」じゃん、って話じゃん。
なんか、見てて醜いんだよね。

だけども、その謝りに行った先の人は許しちゃったりして。
おいおい、と。

で、その「追ってくる何か」から逃れられました、みんなで乾杯!
…っておい!


すげえなんていうか、素材はいいと思うし、設定も面白いのに、何この結末…、という…。
後味悪い…。

中盤のホラーテイストは悪くないんですよ。
やり過ぎてないし、じわっと来る感じもあって。


つまりですね、これをホラーにするのなら、やっぱこのラストはないんですよね。
全員死なないと。
でも、だから、これはおそらくホラーとしてではない方向で考えられた映画って事なんだろうな。

つまりはまあ、見る側の我々の認識が、制作者側と違った、という感じですかね。






(BGM:エミー・ジャクソン「涙のゴーゴー」fromYOUTUBE)
→「YOU DONT KNOW BABY」という英語曲なのね。
歌も英語。
どうしてこの曲を出そうと思ったのだろうか?
スポンサーサイト

<< やり過ごせる人になりたい毎日 | ホーム | 聖人になんかなれるかよ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP