プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ま、戯言おいといて仕事仕事! ★ 映画 「ラプラスの魔女」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


コバ言うところの「ラブラブ魔女」を見てきたわけですが、まあ、コバとコウヘイが行きたいって言うもんで、一緒に。

ま、一般には「ラプラスの魔女」ですね。

広瀬すずちゃんというのは、まあとにかくかわいいので、見てるだけで安定感がありますが、ちょっとどうでしょう。
笑顔があまりない役だったので、イマイチ感もありました。
すずちゃんとしても、いろいろな役をやりたいんでしょうけど、やっぱ顔がかわいいというのは、やっぱマイナス要因もあります。

最近は西城秀樹さんの訃報も流れてきましたけど、当時、やっぱかっこよかったでしょ。
今見てももちろんかっこいいですけど、ああなっちゃうと、当時はやっぱ「顔がいいからなあ」みたいな、どっかひいちゃう感覚もありました。
今見れば、まあ歌は上手いし、すげえなあ、と。
歌手として一流だったよな、って思うんだけど、当時はその辺まで思いが至らなかったというか。

そういうね、やっぱ「整いすぎてるが故の不幸」ってのもあるんだろうな、と思ったり思わなかったり。
ま、俺にはあまり関係のないことなので、大きなお世話ですわね。


で、まあこの映画。
見た方いますかね?
ちょっとどうでしょう。
正直、もう辛かったですね。
これ、面白いんでしょうか?

手術を受けて、一般の人にはない、いわゆる「超能力的なこと」を身につけてしまう、というのが話の発端になってるんだけど。
予知ですね、予知。

ま、予知と言うよりは、物理的に、科学的に一瞬にして風向きなんかを推測することができる、みたいな。

この時点で、もうかなり設定が突飛すぎるんですね。
ついていけない。


冒頭の、硫化水素?かなんかを使った殺人も、正直、現実的には無理っぽい。
ま、これも映画の中ではすずちゃんが一瞬の風向きとかそういうのを計算して実際やっては見せるモノの、野外でこのタイプの殺人はあり得なさすぎる…。
だって、その風向きを待ってる間に相手が動いちゃったらどうすんのよ…。
しかも、それは一瞬の出来事というか、一瞬の風向きをとらえる、見たいな話なわけで、やっぱ無理だよねえ…。


てなことで。
ま、もうついて行けないことこの上なく、しかもあまりすずちゃんがキャピキャピしてないし、笑わないしで、なんか魅力半減だし、これはきつかったな…。


しかし、この「普通の人にはない力を身につける」っていう設定、最近よくあるような気がする。
漫画原作なんかだと、例えば東京喰種も亜人も、ある意味そういうことですよ。

この「常人を越えたい」という気持ちは、確かに誰にでもある。
よくある設定としては、「霊感がある」なんて言ってクラスの注目を集めちゃって、実際にはそんなのなくて、嘘つき呼ばわりされちゃう、みたいな。

つまりはまあ、霊感があれば人気者になれる、ってのが、まずあればこそ、の設定ですよね。
普通の人にはないチカラ、ってのに、人は憧れるし、頼りたくなる、というか。


しかしなあ、ま、そんなのは物語の中だけです。
現実には喰種もいないし、亜人もいない。
予知出来る人もいない。
…な~んて書くと、「いや、予知出来る人を知ってる!」なんて人が出てきちゃうところが、もう、なんかいびつというか、よく考えてみなさいな、って諭したくなっちゃうというか…。

ま、オウムがそうでしたよね。
超能力を身につけよう、みたいな入り口の作り方もしてたんだよね、あの団体は。
超能力を身につけて、クラスで人気者になろう!みたいなことなのかどうなのか、まあ俗っぽいったらありゃしないわけですけど。


ま、あまりあこがれが講じると、ヘンテコなものに引っかかりますから、みなさん気をつけましょう。
実際には、そんなの無理っすから。
しょうがないから、ふつーの人として、ふつーに、もう嫌々仕事やったりして生きていくしかないんですわ…。
残念ですが、まあそういうことで、今日も仕事がんばりましょう。







(BGM:ザ・テンプターズ「今日を生きよう」fromYOUTUBE)
→ブルーフィルムのカバーでいいなあ、と思っていたが、元曲をここではじめて聞いた。
単純な繰り返しなんだけど、残るよね。
名曲。
スポンサーサイト

<< 人生で一番大事なのは友達です、とよく言います(その1) | ホーム | 素人くささでトップギア! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP