FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

回路を断ち切る


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


親御さんは、よく、子どもがパニックを起こしたと知って、「原因が何かあるはずです」という主旨のことを言います。

いや、原因はある。
おそらく本人にとっての、なにかの原因があったのだと思われる。

もちろん、パニックの原因を我々や親や、周りの人間に求めることは重要だ(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4356.html)。
彼らを自分たちの推測の中に押し込めてきた歴史の中で、我々が反省することはたくさんある。

だからこそ、我々は「パニックは彼らのSOSだ」「だから、その声を聞かなきゃならない」「探らなきゃならない」というのは、正論だ。
だから、パニックの原因を探る。
それはすべき行為だと思う。

が、原因至上主義はまた違う。

原因を探ることだけに必死になってしまうと、彼らのアタマの中に潜り込まなきゃならない。
でも、彼らが言葉を紡げない場合、それは推理でしかない。
それを考える事は、「彼らに寄り添う」ことであり、その過程こそ大事で、その原因を究明することは、逆に言うと「決めつけ」を横行させる危険もある。

いや、原因は究明するんだけど、それはあくまで推理でしかない、というのは充分に理解した上で原因を究明していかなければならないんだと思う。


親御さんにしてみたら、「ただ暴れるはずがない」という思いがあるんだろうことは容易に想像できる。
そんな粗暴な子であるはずがない、と。

ただ、重要なのは、だとしても、その「粗暴である」こと自体をどうにかしなければならない、ということなんじゃないだろうか、とも思うのだ。


親御さんの言う「原因があるはずだ」という声は、だから、親心としてはとても納得できるし、そして我々も原因を究明すべきである。
が、その声に「突き上げ」られてしまって、現場が推理だったりの、机上の空論みたいなモノに巻き上げられてしまってはまずい。
それだけではダメなんだと思う。


パニックを起こす理由は、原因は、確かに見当がつくことも多い。
例えば今の状況の中だと、市丸なんかだと、明らかに井上との関係の中でストレスを大いに感じているようで、それがキッカケになることもあろう。
ただ、その「井上との関係の中のストレス」というのも、コッチの「見立て」でしかないというところはある。
言葉でそれを語ったとして、こっちの誘導では?と反省もある。

でもまあ、考え得る原因として、それを排除する方法はとれる。
とはいえ、具体的にまったく全て別行動にすることは不可能だ。
上記が一つの原因だとして、市丸が井上に直接対決をし、井上もそれに答える、みたいなやりとりをなんとか成立させるしかない。

とはいえ、人間なんて感情とアタマはどっか別モノで、それは市丸とて同じことで、どうやってそれを「パニックにしないか」ということが結局重要になってくる。


つまり、何が言いたいかというと、「パニック」の原因はある程度見立てはついたとして、大事なのは「それをパニックに昇華させない」ということなんだよな、ということですね。

つまり、「原因を取り除く」というより、「原因からパニックへの回路をどう断ち切るか」なんだよな、という。
だって、例えば井上とのストレス、だとしたら、原因は次々と出てきちゃう、ということになっちゃうんだから…。


とはいえ、その回路を断ち切るのはそう簡単ではない。
パニックを一つの表現方法、というか、感情の排出回路としてずっと生きてきた彼らに、「その回路を断ち切れ」ってのは、ある意味「しゃべるな」というのと同じようなことだからだ。

だから、原因を探って、ある程度の推理をしたら、当たってるかどうかは別として、それを排除することも一つ考えながら、回路を断ちきる何か、を探る必要があるのではないか、という。


原因は確かにあるんだろうと思う。
でも、全ての原因を絶ちきるんだとしたら、それはもう隔離するか、薬で眠らせるか、しかないのだから。
原因を追及し、状況を変える努力をしながら、同時に「パニックへの回路」をどうにか断ちきる方法を我々は考えなければならないのだと、俺は思う。








(BGM:坊屋三郎「おしっこしたくなっちゃった」fromYOUTUBE)
→もうね、「おしっこしたくなっちゃった」というタイトルでいいわけですよ。
そりゃね、しこたま飲んだら、おしっこもしたくなります、はい。
スポンサーサイト

<< 機会格差(その1) | ホーム | 女の人が惚れる女子プロレスラーがもっと出てこないかなあ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP