FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ガチでプロレス その1


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


大日の新木場大会、新日の所沢大会、と見に行ってきたわけですが。

プロレスが面白いってのは、「感情」がほの見えるから、なんですね。
大日の野村選手なんていうのは、もうその感情のほとばしりがすごい。
アタマに来た!って先輩に張り手を入れていくタイミング、張り手の音の大きさ、もうそれらが完璧にうまい。

いや、うまい、なんていったら失礼だ。
あれは感情の赴くままやっているのであるから、そういうコトではないのである。

試合の中にストーリーがあって、いや、ストーリーが見えて、「お、今、先輩が若手をいたぶっているな」「お、今、若手が苦しんでいるな」「あ、ここで若手が奮起するんだな」「ここで、ベルトに挑戦する意思をパンチに込めたな」みたいな、そういう「流れ」の中で、そのストーリーと感情の赴くままの技が一致したとき、客は感動するのである。
野村選手の試合は、それがよく見えて俺は好きなんです(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4403.html)。


時ちょうど、実は「証言UWF最終章3派分裂後の真実」という本を読んでました。
俺はU系のことはよく知りません。
女子プロレスからプロレスを見るようになり、インディーである冬木体制FMWにのめり込み、大日、そしてまあいろいろと見るようになった、という流れがありまして、そもそもUWFの頃、俺はプロレスを見ていないんですね。

そして、プロレス最強!、総合はそんなに面白いか?みたいなスタンスだったので、そもそも興味もあまりなかった。
が、鈴木みのる選手や船木選手がU系の選手であったことくらいは知ってましたし、パンクラス、リングス、なんて名前も、もちろん知ってはいた。
でも、興味がなかった。

なのになんでこの本を本屋で手に取り、買ったのか?というのは、実はよくわからない。
そして、読んでみたらもう面白くてほぼ一気に読んでしまった。


ま、「プロレスはガチがフェイクか?」という論争が出発点なんですよね。
当時長らく業界の頂点にあった新日、全日が、フェイクを認めなかった。
つまり、ストーリーはないんだ、と。
ガチなんだ、と。
当時、そう明言したかどうかは別として、そういう方向に公式にはなっていた、といっていいだろうと思います。

でも、実際はガチではない。
そこで、「プロレスはシュート(ガチの意)じゃないんだ」と気づいて冷めてしまった人たちが追い求め、それを形にしようとしたのがUWFということになるんだろうか。
選手の中にも、シュートを追い求める流れがもちろんあったわけだけれど。

そうなった時、じゃあ、UWFはシュートだったのか?という謎が、まあいまだにあるわけですが、この本を読む限り、試合によってはシュートもあったけれど、基本プロレスだった、というのがアタリのように見えます。
そして、そのUWFも解散、3派に分裂するんですが、結果的に完全にシュートになったパンクラスの旗揚げ大会の話なんかなかなかこれ、おもしろい。


読んでいてとても面白かったのは、格闘技とプロレスの違いは「表情だ」と。
プロレスは痛い表情をしていいわけだけど、いや、時に大げさに痛がったりもするわけだけれど、一方、シュートではそんなことをしてしまったのでは相手に弱点を見せることになる。
だから、シュートで痛い顔はできない、みたいな話。

なるほどなあ、と思いましたけど、同時に、「それってお客さんに伝わるの?」みたいにも思えちゃって。
つまり、格闘技だとか、実際にシュートで闘った人には面白いんだろうけど、その痛みが「わかる」から。
でも、一般の、まああまり人を殴ったことがない人、それがほとんどだと思いますが、その人たちに、なにが伝わるんだろうか?みたいなね。


そう考えたときに、「闘いを見せる」ことと、「闘いをする」ということは、実はものすごく距離があるんじゃないか、って。
だから、鍛えて鍛えて、誰よりも強くなりたい、そしてそれを試したい、という選手側の思いと、それを見る我々観客の間には、実は大きな川があるような。
いや、「どっちが強いか?」ってのは、確かに知りたい。
そういう試合をまあ、見たいわけだから。
結果が最初からわかってる新人VSベテラン、の試合をメインにして客が入るわけがないのだし。

でも、正直言うと、なんの因縁もなく、「どっちが強いか」だけで突っ込んでこられると、ちょっとなんか感情がイマイチ入っていかないところもあるわけです。
その選手の熱烈なファンだったら、それもいけるかとは思います。
その選手を応援すりゃあいいんだから。

けど、たいがい我々のほとんどは「どっちが強いか」を考えて、ケンカを売る、殴り合いをする、なんてことはしないわけですよ。
だから、その「どっちが強いか決めたい」みたいなことって、あまり実は感情移入が難しい、とも言えるわけです。

そこに、「生え抜きで煮え湯を飲まされてる選手と外から来て優遇されてる選手の軋轢」とか、「顔がイイ選手と,そうじゃない選手の嫉妬」とか、「負け続けてる選手の奮起」だとか、そういう「ストーリー」があると、コッチはそれに感情移入できるわけですね。
それがまあ、観客の毎日、例えば仕事においての理不尽だったり、顔がブサイクで悩んでいるとか、うまくいかないことだったり、に近ければ近いほど、まあ応援にも熱が入る。

そして、実際にこれを興行ベースで考えれば、半年先の大会場でのビッグマッチにその対決を持っていくと考えると、それまでの普段の興行では、そのストーリーを煽る、という形にならざるを得ない。
なんだかんだ、闘いと同時にストーリーも売る商売なのだから。
そうなれば、その間の普段の興行での勝ち負けも、そのストーリーを補強するための一つとして利用せねばならない。


ま、そうしたコトを考えると、「全てがシュート」というのが、はたして「すごいのか?」と。
いや、やってる選手にしてみれば、すごいことだ。
誰が強いか?の答えが勝敗なんだから。

でも、見てる方としてはどうか。
感情が動かされ、本気で応援したくなる試合にそれがなるのか?という。

そのことを、このU系の人たちもおそらくは悩み、まあ大会をやっていたんだな、ってのがよくわかる本だったわけですが。
ま、俺が言いたいのは、シュートの方がすごい、プロレスの方がすごい、ってどっちかに決着をつけようとすること自体がおろかだな、ってことで。

だって、やっぱどっかシュートも見たいもんね。
ホントはどっちが強いの?という興味はやっぱある。
客ってのは、まあよくばりなわけで。


続きます





(BGM:SUGAR BABE「雨は手のひらにいっぱい」from「SONGS」)
→シュガーベイブはこの一枚しか残ってないってことですけど、キャッチーでポップな曲の嵐。
アルバムとしての統一感はないものの、各曲は最高のデキ。
スポンサーサイト

<< ガチでプロレス その2 | ホーム | モスマンに訊け! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP