FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

人生を楽しむ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ま、先日の広島でも、コウヘイが「カープの居酒屋に行きたい」みたいなことを言ってきました。

広島は基本全部自由行動だったので(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4493.html)、というのも、そもそも20数名の人がいっぺんに入れる店なんかないし、各々行こうや、みたいなこともありまして。
団体といっても、多すぎるとめんどうが起きるし、正直待つことが多い。
それもなんかもったいないじゃないですか。

そんなこんなで、行きたいところに、仲間を募っていきましょう、ということになってたわけです。


で、この前ちょっといろいろ思い出してみたんだけど、コウヘイが養護学校の高等部を卒業してここに来た時、まあとにかく「なにも言わない」という感じだったことを思いだし。
とりあえずみんなについては行くし、それはそれで楽しそうなんだけど、それだけで、彼が何をしたいか、みたいのはあまり見えなかった。

こっちも、まあ「◯◯行きたい」という連中に付き合うことで精一杯なこともありますから、ほってはおいたんですけど。


そしたら、その最初ついていったプロレスは楽しいわ、野球は楽しいわ、まあ野球はともかくプロレスには行ったことなかったとおもうんですけど学校時代、親とでも。
今や、プロレスに行きたい、と言いだし、そして行くに当たっては、自分の家のコンピューター(コウヘイはパソコンとは言わず、なぜかコンピューターと言う)で調べた対戦カードを書き写してくる。
野球も、「次、神宮で◯◯日にカープ戦があるから行きたい」とか。
これもまあ、コンピューターで調べてくるわけです。

先日は、「オールスターを一緒に見たい」とアキに言ってきたようで、会長の工藤さんちで俺も一緒に見まして。


なんでしょう、毎日一緒にいるから、その変化にあまり気づかないんだけど、振り返って「来たばかりの頃」というのを思い出すと、ずいぶん変わったことに気づかされます。
ま、そんなに振り返ることもないんで、ホントに時々ですけど、そういう変化に気づく。

今日明日じゃ、まあなにも変わらないし、そんなに変化はないけれど、長いスパンで考えると、確かに変わったなあ、と。


多くの作業所で、「朝来た時と同じ状態で親許に返す」というのが標語のようになってるようですが、ウチは「それだけ変わったか」が勝負。

人生、「あれがやりたい」「あそこに行きたい」「これ、やってみたい」というのが出てきてやっと面白いわけじゃないですか。
そして、それが実現するからこそ、逆に言うと、その思いがあふれ出てくるわけです。

そのためには、給料も上げなきゃならない。
だって、金がかかるから。
だから、にじ屋もがんばらなきゃならない、というコトにもつながるわけです。


大概が、来たばかりの時は、市丸も含めて、「行きたい」なんて言い出すことってなかなかないんです。
どっかに連れてってくれる、というのが前提の生き方をしてきているから(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4503.html)。
でも、それがそのうち、「俺はあそこに行きたいんだ」というのが出てきて、やっとなんか「自分の人生を面白くするのは自分次第」ということに彼らは気づく。
いや、そう言葉にしては気づいてないと思うけど、でも、そういうことだ。

この「人生を楽しむ」というのは、俺は一つの能力だと思っていて。

そのためには、コウヘイのコンピューターよろしく、なにか情報をまずつかまなきゃならない。
そして、それが「現実になる」という「確信」がそこに加わると、彼らは一気に開花する、


連れて行ってもらう場所が面白い、というのも、それはそれでいいことだ。
だって、よくよく考えたら、それも「楽しむ能力」なんだから。
俺なんかは逆に言えば、ほぼヤツらに付き合ってるとも言える。
だから、時に、「俺に付き合え」ということもある。

でも、それだけだと、人生が受け身でしかなくて、「これは自分の人生だ!」という意識がなかなか育たない。
それは、いろいろなところの意欲が育たない、ということでもある。


あの、まったくなんかワケのわからない、喋らなかったコウヘイが、こうやって「◯◯に行きたい」って言ってくるようになるんだから。

人は必ず変わる。
変わる可能性を持っている。
それは、知的に障害があっても同じだ、ということをコウヘイは教えてくれる。


そして一緒に行った広島のカープの店でも、なんか市丸はホームラン賞が当たって日本酒もらうし、この前のオールスターも、まあウチでテレビ見ても一緒じゃない、とは思ったりするけれど、いやいや、やっぱみんなで見たら楽しかったりして。
まあ、そういう意味では、コウヘイに感謝でもあります。

こうなると、次、逆に俺がなんか面白いところに連れてってやろうかな、という気持ちになったりして、倍々にみんな楽しくなる、ってイメージ。
仲間っていいよな、みたいな。




(BGM:「しねばいいのに」fromYOUTUBE)
→ボカロですか。
すげえよくできてますよ、これ。
というか、しねばいいのに、が、曲としては爽快な合唱曲に仕上がってる。
ま、Aメロの中身はよくあるアレなんで、例えばツブツブの最後が缶の中に残る、とか。
そこ、もっと深刻にしたら面白いのにな。
スポンサーサイト

<< あの時、どうしたらよかったんだろう | ホーム | 食べ放題 > カバン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP