FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

バケツの子


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


まあ、暑い日が続いています。
ちょっと一段落して33度だーよかったー、とかいうけど、冷静に考えたらすげえ暑いでしょ。

40度だって日もあったようで、もうどうにもなりません。
ちょっと外に出るだけで気分悪くなる…。

特にオレの場合は、もう気持ちが折れるタイプなので、どうにもなりません。


そんな40度とか言ってた最中。
井上が高校野球の埼玉大会の決勝戦が見たい、と。

おいおいおい、と。

そもそも、この猛暑の中大会をやるのもいかがなモノか?という論議すらありますよ。
でもなあ、夏休み中にやるっていう大義もあるわけで、これが中々難しい。
秋にやるということになれば、「学業はどうした!」ということにもなりかねない。
かといって、甲子園を目指す!という球児たちの思いや、そこにかける情熱は、学業と共に、とても大切なような気もする。

なかなかに狂おしい問題で、簡単にどうこう言えないけど、まあ、確かにもっと夜にやるとか、ドームでやるとか、そういう選択はあるかもなあ、と思ったりはします。

とはいえ、埼玉大会からドームで、というわけにもいきません。
県営?の公園内にある球場は、やっぱもう照りつける日差しを考えてもいないような作りであります。
ここで、ライオンズなんかも試合をやるようですけど、さすがにこの真夏にデーゲームというのはないでしょう。
そりゃ、お客さんは入りませんよ…。


と言ったようなことを考えながら、まあしょうがない、そこまでいうなら、もう行くしかないか、と、なかば井上に押される形で、みんなが休みの日、アキと三人で大宮球場へ。

朝の10時に試合開始。
なめていたことに、場内の駐車場は満車、付近のコインパーキングも満車、という。
おいおい、と思いながら、ちょっと離れた場所に車を止め、会場に着いたときにはもう試合は始まっておりました。

で、まあ、これがもう満員御礼。
すげえ人気です。

というか、おそらくですけど、その学校のOBとか、他の学校の野球部の子とか、そういう人も来てる感じ。


いや、もう暑くてしょうがないから、3回の表くらいでギブアップだった場合は帰ろう、というような話もしながら会場に着いたわけですが、いや、もうね、着いたとたんに、この学生たちの応援にね、もういきなり涙出そうになりまして。

というのも、やっぱ決勝戦にくるくらいの学校ですから。
部員は多いんだと思うんです。
ベンチ入りできない選手もたくさんいるんでしょう。

そういう子たちが、ユニフォーム着てもう必死に応援してるの。

ブラバンの子も来てるし、それだけじゃなくて、その学校の子たちも制服着て固まって応援してるんだけど、その野球知らない子、に応援の仕方を教えるために、打席に立った子の名前とかをプラカードで掲げてたりして。
ブラバンの子も、曲名をプラカード。
広いからか、指揮を執ってる子も二人。
一人は、もう一人の指揮の子を見ながらの指揮。
そして、プラカの子は、客席を向いているわけですね。

グランドを見てない、というか、見れないんです。
役割があるから。

もうそうやって、一生懸命、自分の分も、グランドの子が活躍できるように大声を張り上げている。

中には「バケツの子」と我々が命名した子がいて、それは何をしているかというと、バケツに入った水を、学校の関係者の席にまくんですよ。
まくと、キャー!って声が上がったりして。
でも、死ぬほどの暑さなワケですから、命の水よろしく、みんな喜んでる。
そして、まあ野球知らないような子もたくさんいるんでしょうけど、自分の同級生を一生懸命応援している。

バケツの子はと言えば、まき終わると、またバケツをもってスタンド下に行き、水を汲んで帰ってくる。
しかも走ってる。

一度、トイレに行ったときにそのユニフォームのバケツの子にあったんだけど、もう笑顔でやってるの。
自分はまいてる側だから暑いだろうに…。
ってか、この子、イイ顔してる。
おそらく、野球部のムードメーカーなのではないか?
でも、ちょっと実力はそこまででもなく、ベンチ入りできなかったのでは、とか妄想し始めたら、もうなんかね、涙出てきたわ。

そして、その学校の一群の隣に、それでもやっぱ野球部みたいな子たちの一群が座ってて、それがどうも前に今闘ってる高校に負けた子たちらしいんだけど。
その子たちも一生懸命応援してるの。
しかも、そこにもちゃんと水をかけに行くバケツの子。
そして、キャーキャーいうその野球部の子。
そこには、勝負をした後の友情、みたいなモノも感じられるわけですよ。


試合は、もう昨年甲子園で優勝した学校と、公立高校の闘い。
まあ、もちろん公立高校の方のスタンドに座ったんですけど。

いや、やっぱね、向こうはブラバンのレパートリーも多いし、正直、生徒が座ってる範囲が広い。
正直、演奏もうまいんだ。

こっちは、ちょっと急造感もある。
なんか、アパッチ野球軍を思い出しました。
こうなると、もう俄然、こっちの高校を応援したくなるわけですけど。

残念ながら、力及ばず、負けてしまいました。


でもね、よく考えたらさ、同じ高校生なんだよね。
あっちもさ、昨年優勝校だからな。
そのプレッシャーたるや、すごかったと思うんだ。
その中ね、やりきったわけでしょ。

そう考えると、それもすげえ賞賛に値するよな、と。


って、まあそんなわけで、9回まで、アクエリアスを何本も何本も飲みながら、しっかり見入ってしまい、というか、よくよく考えたら、バケツの子はじめ、スタンドの応援の子たちばっかり見てて、あまりグランド見てなかったな、と今思いました。

でも、その応援の子たちのことを考えて、帰り道は、なんだかちょっと涙が溢れてきました。
誘ってくれた井上にありがとうの一日、でした。







(BGM:ゴールデン・ハーフ「24000回のキス」fromYOUTUBE)
→ま、一秒に一回キスをすると、一日で86400回となるわけだけれど、ま、寝る時間もあるからな。
さっぴいて、そんくらいかな、みたいな。
スポンサーサイト

<< 全ては自信のために | ホーム | 「すいません」の違和感 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP