FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「こっち側」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


あまり都内には出ないし、出たとしても車が多く、駅に行くコトってあまりありません。
時折、駅にいくと、なんか「世の中ってこんな感じなのかな」みたいなことを良くも悪くも痛感したりします。
つまりはまあ、世の中を知らないなあオレ、というか。


ラグビーW杯というのがあるそうですが、その運営でボランティアを募集する、と。
なんか、全国で一万人を集めようという規模らしいけど。

ま、五輪でもボランティアを募集するとかなんとか、巨大なスポンサー料を集めておいてボランティアかよ、とか、どうも大学にはその間休講にしろ、とか政府がいってたりするようで、「学徒動員かよ」みたいなツイートもずいぶんありまして。
確かに、通訳や薬剤師なんかボランティアで募集しないでちゃんとお金払ったらいいのに、と思うんだけど、その金、どこに行っちゃうんだよ、というのも含めて。

まあ、ツイッターというのは、同じ意見の傾向の人がタイムライン上に現れるから、それが世論ではない、というのは充分にわかったつもりではいたけど、それにしてもこの灼熱の中、ボランティアやる人いるのかよ…とか思ってたんです。
普通に考えて。

そしたら、どうも先行募集していたW杯の方、3万8千人の応募があったとか。
もう仰天しましたけど、つまりはまあ、そういうことですよね。

つまりはまあ、俺って世の中知らんなあ、と。


世の中の仕組みとか、資本主義とは何か、民主主義とは何か?体制とは?階級とは?なんてことを知らなくても、まあ人は生きているわけで、そして、それが大多数なわけだから、一生懸命「政権とは国民と対置する装置である」なんて言ったところで通じない。
W杯?やってみるか?みたいな人の方が多いわけだ。
テレビを見て、ああ、オリンピック楽しみだ、なんて人が多いわけだ。
というか、大多数なワケだ。
NHKが「五輪開催メリット」として「国威発揚」を一番にあげていたことへの疑問とか、そういうのもあまり感じないんだろう。

もっと言えば、五輪憲章に反することを堂々とNHKが発したところで、誰もなんとも思わない、のが、まあ国民なんだよね。
向こうサイドにしてみたら、隠す必要もない、というか。
容易いわな。

って、まあこの「向こうサイド」って言葉の意味もきっとわからないんだろうか。


話ちょっと戻しまして。

新宿駅の深夜近くには、ホームレスの人たちがたくさんいて。
猛暑の中ですよ。
夜になってもきっと地面近くは30度?いや、もっとなのかもしれない、というくらいのムンムンとした中。

寝る予定の場所にダンボールとかを敷いて、まあまだ人通りが多いからか、立ってる人もいて。
ぼんやりと行き交う人を見てる。

まあ、4割のホームレスの人が襲撃を受けている、というデータもありますから、うかつに寝れない、というのもあるでしょう。
暑くて横になれない、というのもあるのかもしれなかった気候だったけど。


それをまあ、疎ましげに見てるサラリーマンも多くて。
なんか、そっちにめげちゃったよ。

よくよく考えてみなさいよ、だって、そんな風に人が行き交う中、横になれます?
酔っ払ってるならともかく、そうじゃないんだよ。

なんでそう邪険にできるんだろうか。
というか、彼らを放りだしたのは、オレたちがいるこの「社会」なのに。
その反省は、その人たちにはないんだろうか。

いや、なにか活動しろとか行動しろ、ってコトまで言うつもりはないけど、「お休みのトコロすいません」くらいの感じはあってもいいと思うんだけど。

「こっち」にいる身としてはさ。


交番があって、なんか女性がすごく警官にからんでる感じで。
というか、きっと警官が連れてきたんだと思うんだな。
ちょっと確かに尋常じゃなかった。

道行く人が、「警官もあんなの相手にしなきゃならないなんてタイヘンだわ」とか笑ってて。

いや、警官もタイヘンだと思う。
でもさ、彼女、どう考えても、どう見ても行き場のない人じゃん。
正直、まともな判断ができるようにも見えない。
知的に障害があるのかもしれない。


そもそもさ、行き場があったらさ、警察にからまないよ。

累犯障害者って言葉があって、行き場がなくて、刑務所の方が暮らしやすいって軽犯罪を重ねちゃう知的障害者、というようなことだと思うんだけど、行き場がなかったらさ、そりゃさ、そうなるって…。

で、その行き場を作ってこなかったのはさ、オレたちがいる「こっち側の社会」じゃないさ。


それを嘲笑できる神経ってのが、まあわからないな、と思ったけど、つまりはまあ、その人はなにもわかってないんだ。

五輪憲章も、社会の構造も、何も知らないんだ。
そして、それが大多数なんだよね。


自分たちのやってることが、「こっち側」のマスターベーションにならないようにしなきゃならないな、とつくづく思った新宿駅深夜、でした。







(BGM:城卓矢「骨まで愛して」fromYOUTUBE)
→「生きてる限りはどこまでも 探し続ける恋ねぐら」
恋ねぐら!
というわけで、名歌詞だなあ、これ。
スポンサーサイト

<< 仲間が増えるというのはなんにしても嬉しいことです | ホーム | 映画の醍醐味が詰まった一作 ★ 映画 「カメラを止めるな!」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP