FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

楽しませるプロ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


この暑い最中、なかなか外に出る気も起きないわけですが、結婚式をやった会場の担当者の方からメールをいただきまして。
なんか、式場を使って、食べ放題のイベントをやりますので、そのお知らせを、とのことだったんだけど。

まあ、この2,3年の間に二回も式をお願いしたこともあり、ま、なかなかそんなことないですからね。
再婚でもそうそうありませんわな。
っていうか、アキとオレ、両者で2回お世話になった、だから、これはそうそうある話じゃないな。

一度は自分たちの結婚式(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3245.html)、もう一度はオレの両親の結婚式(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4340.html)をやりまして。
せっかくお誘いいただいたし、ちょっと行ってみたいな、とも思って。
まあ、予定を確認したら、一日行けそうな日があったんで。

「こんなメール来てたんだわ」と、アキに添付してあったそのイベントのビラみたいのを印字して見せてたら、市丸が横から急に「俺も行きます!」と。
そしたらコウヘイもつられてなのか「俺も行きます!」と。

なんだかわかってないだろ、おまえら…。
という状況だったんだけど、式場の人にとってもきっと市丸たちとの出会いはそこそこ楽しいことだったと思うんです。
2度目の時も、すごく彼らのことを覚えていてくれたし、そりゃまあそうか…。
目立つもんな、おまえら…。
というか、まあいろいろイイ感じの「やらかし」もあったしな…。

連れてくか、と。
で、まあアオテツと彼女も一緒に誘って行ってきたんだけど。


正直ね、期待してなかったんですよ。
申し訳ないけど、ちょっとなめてた。

が、これが、すげえまず食事がうまい!
そして全種類食おうなんて無理!
酒もまあまあ飲んじゃうし。

で、なんかピエロの人が二人いて、テーブルまわってくるんだわ。
ウチのテーブルに来て、「あ、ココはなんか同じ匂いがする」って言ってたけど、そうだなあ、ウチも時々ドーラン塗ってます。

一人が毒舌担当、一人がニコニコしてる、って組み合わせの二人で、いや、なんかこの二人がイイ感じだったのよ。

市丸たちのことを、けっこう早々に察知した感じはあった。
「あ、この人たち、ちょっとアレな人たちなんだな」と。
でもまあ、盛り上がる市丸を見てだかなんだか、優しくするでもなく、ちゃんとその上で毒づいてくれるというか、いや、この人たち、やっぱプロだなあ、って思ったんだけど。
イイ感じの距離感というか、プロ感というか。

おかげで、市丸もコウヘイもなんか楽しかったみたいで、よかった。


夏休み中ということで、お客の中にはお子さんもたくさんいましたけど、途中でその二人のショーがあって、その後、玉乗り体験とか、皿回し体験とかそのままやってくれてて。
子どもはもうわんさか集まっていく。

イチマルとコウヘイもやりたいやりたいと、子どもに交じってやってきましたけど。


これね、アキが帰りに言ってたんだけど、子どもはやっぱ飽きちゃうよね。
大人はさ、酒飲んでおいしいご飯食べて、時間も忘れておしゃべりする、みたいなこともあります。
でも、子どもはやっぱ飽きちゃうじゃない。
そのためにも、この「体験」って有効だったんだな、と。

そういう、つまり「作り」がちゃんとしてるんだ、これ。


よくよく考えれば、結婚式場の人って、「人を喜ばせるプロ」なわけだ。
結婚式は、確かにほっといても幸せか、とは思うけど、でも、だからこそ、演出が大事だったりする。
じゃなきゃ、ミソがついちゃう。

そう考えたら、このイベントが外れはなずがなかったんだな。
ちょっと結婚式場なめてたことを大反省。

またなんかあったら行きたいと思った。


それと、なんか同窓会とか集まりも式が開いていたらやってくれるそうだから、もしなんかやるぜ!って人がいたら場所を紹介するぜ!
あ、大宮ね。







(BGM:マイペース「東京」fromYOUTUBE)
→この頃の東京VS地方、という唄には、なんかすげえ高度経済成長、という言葉が浮かぶし、なんか哀しく、哀愁がある。
どっちかというと、虚飾の東京と、美しい田舎、みたいなベースがありながら、なんかこう東京へのあこがれがにじむ、という。
ラジオでなんか言ってたんですけど、それでもまだ田舎が勝っていたのに、この図式を越えたのが木綿のハンカチーフで、あそこで田舎は東京についに負けたんだ、という。
確かにそうかもなあ、と。
そして無味乾燥な唄が氾濫するようにもなった。
スポンサーサイト

<< 「相談に来いよ」というハードルの高さ | ホーム | 鍵では解決しない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP