FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

映画の醍醐味が詰まった一作 ★ 映画 「カメラを止めるな!」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「カメラを止めるな」
やっと見ました!。
パチパチパチ!

いやあ、超面白いです。
映画の面白さが全部詰まっていると言って差し支えない。
最高に面白い、そして、映画愛が詰まった映画。
これは傑作だと思います。

300万の予算で作られて、2館上映だった映画が爆発的にヒットしている、と。
同時期に公開されているミッションインポッシブルは1億8000万ドル、と。
日本円にしたら、メンドクサイので1ドル100円として、180億円。

おいおい、300万いうたら、ミッションインポッシブルが2時間としてだな、一秒分やないか!という評判の作品であります。

この監督に、このくらいの金をつぎ込んだら、いや、ミッションインポッシブル越えるんじゃないか?簡単に?
どうも才能と金が釣り合ってない感じであります。


てなことで。
これ、まあどんなにネタバレしたって、映画を見るにはあまり関係ないような気がします故、じゃんじゃん書いていきますけど。

だって、映画見たら、絶対に面白いモン。
泣いて笑って、最高の娯楽だよ映画ってヤツは、って必ず思ってもらえますから。


うだつの上がらない映像監督の元に、ワンカットゾンビ映画のオファーが来る。
この監督がね、まあ、もうイイ感じなの。

「安く、早く、そこそこの作品を作ります」みたいなことを営業トークで言っちゃうくらいの。
でも、どっかそれに対する反発というか、「オレはこんなモノをとりたいんじゃない!」みたいのもあったりして。
とはいっても、そんなこと言っても仕事が来ないから、まあそうやって自分を低く見積もって仕事をし続けている、って感じの。

その奥さんが元女優。
女優が過ぎて、役に入りすぎてしまって大混乱させてしまう、みたいな人。
で、一度レスラーの役をやって本当に主役の腕を折ってしまい、追放、みたいになってて。

その娘が親の背中を見たか映像に関わっていて、それがすげえまあ直線的に「イイ映像を撮るぞ!」みたいな。
いや、この娘、きっとこのお父さんの監督始めた頃の最初の頃の姿、って設定なんだな、これ。

集まってくる役者さんもみんな一癖二癖あって。

ま、そんなメンバーで「ワンカットゾンビ映画」を撮ろうって言うんだから、もうしっちゃかめっちゃかになったりする。
でも、「カメラは止めない!」。
それは監督自身の監督としての誇りというかな、そういう感じになっていって。

で、その短い映画の時間、みんなが力を合わせて、その映画を完成させるんだけど。


これね、最初にその映画が流れて、その裏側が続く、という形態なんだけど、確かに映画の時に不自然だった全てが、その裏側を見てすべて納得できちゃうようにできていて。
裏側では、その映画を越えるほどの映画的なみんなの努力が詰まっている、という。

そして、勘違いしたアイドル役者もイケメン役者も、そこでなにか一皮むけていく。
その場にいたみんなが、一体になって映画を作り上げるという、なんか文化祭を思い起こさせるような感じではあるけど、それがなんか身近でなお胸にグンと来る。

そんな裏側に感動がアリ、笑いがアリ、涙あり、という。
男はつらいよを越えたでしょ、これ。


まずね、この「映画の裏側」を映画にしよう、という発想がね、ありがちっちゃあありがちだけど、それを「ワンカットの映画」にしたところが、この映画のすごいところで。
しかも、その作られた全編をなんの注釈もなく流した後に、映画が始まる、というのは斬新。

で、まあとにかく脚本がよくできているんだね、これ。
マイクの人がうんこしたくなっちゃうとか、アイドル役者が勘違いしてるとか、キャラも立ってる。

そしてなにより、この最初のワンカットムービーがよくできてるよね。
映画の中ではトラブルが発生していろいろと修正をしつつ進む、ってことになってるけど、それを修正はできないわけだ。
だって、後半の裏側のシナリオが変わってきちゃうから。

エンドロールに、その「裏側の裏側」が実際に映ってるんだけど、いや、つまりさ、これ、その裏側をまた撮ってた人がいたんだよね。
いや、これをエンドロールにしたってのも、なんかすげえ正解。
それだけでもなんか涙出た。


いや、これね、ひじょうによくできた映画です。
お近くで上映の際は、絶対に見にいくべきだと思います。









(BGM:五木ひろし「明日の愛」fromYOUTUBE)
→テレビシリーズ「日本沈没」のテーマ曲ですけどね。
どうなんでしょうかね、やっぱこの時代にはコレが合ってたんでしょうか。
工藤さんに全話DVDを借りて見たんですけど、なんだろう、すげえ違和感だったんです。
愛とか言ってる場合じゃないし、みたいな。
スポンサーサイト

<< 「こっち側」 | ホーム | 距離を縮めてきた男 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP