FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

仲間が増えるというのはなんにしても嬉しいことです


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


さて、お盆休み前の日に、新人みずえちゃんの歓迎会なんか(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4531.htmlのツイート部分)をやって。
先月から来てくれてたんだけどね。

始めはイチマルが「カラオケ行こうよ」と言ったんだけど、それってまあスズの時の歓迎会だったんですね。
というのも、スズは合唱部だった、というのがあったからで、「歓迎会=カラオケ」というわけじゃない。
じゃなくても、イチマルなんかは「決まったことしかしない」という、自閉症の教科書のような人ですから。

そういう「=図式」はちょっとイヤなので、カラオケがまあ簡単ではあったんだけど、違うのにしよう、と。
だって、カラオケは行けばいいし、あと金払えばいいから簡単じゃん。
逆に言えば、市丸が言い出しさえしなければカラオケに行ってた可能性も大。

というか、カラオケって、けっこう人が出るじゃないですか。
新人のことを知る、俺たちのことを知ってもらう、という意味でも、とてもカラオケはけっこう有効なわけですよ。
どんな歌を歌うのか、とか、世代とか、趣味とか、そういうのが出ますから。

でもまあ、もう市丸が言い出したのでカラオケはナイ、と。

アキや外口さんや加納さんなんかがいろいろ考えてくれたらしく、結局なぜかまずボーリング、という。

…もう歓迎会じゃないですけどね。
特にボーリング好きな人、うまい人がいるわけでもなく、低レベルの闘いが繰り広げられ、でもまあ、面白かったですけどね。

コバが右手で投げてるから、なんでやねん!お前、左利きじゃん!左で投げろよ、と。
そう言ってたら、右利きのツノまでが左で投げるという。
ま、どっちで投げてもそうそう倒れるピンの数は変わらない、ということもあったりして、利き手ってなんだよ!と。

まあ、ツノはそもそも悩みがちなんですよね。
ピンが倒れない、ということで悩んでしまう。
地団駄踏んでましたけど、どんどんしたところでピンは倒れません。

ま、そんなに真面目にやるもんでもないし、そういう感じでもなかったんだけどね。
でもまあ、ツノはやっぱ真面目なんだよなあ。
他の人は倒れてるのに、自分は倒れない!みたいな。

だからって投げ方を変えるわけでもナイというか、変えられないというか。
投げ終わった後に、必至にボールに「こっち行け!こっち行け!」って身体で念を送ってるんだけど、それもやっぱりうまくいかず。

なかなかねえ…。

そんなにまあいいんだよ、倒れなくても。
そういうゲームなんだから、と言ってはみるモノの、ツノは投げるたびにしょっぱい顔で帰ってきておりました。

モトミ先輩なんかも、やる気があるんだかないんだか。
どっちかというと、ないんですけどね。
でも、倒れるとなんか多少、堂々と戻ってくるし、ガーターに入っても最後までボールを見送る、という。
ガーターのボールを苦々しくにらむ、というか。

なかなかね、面白かったんですけど。

で、ネット事務所の前でバーベキュー、となりまして。
もう、一日かけての歓迎会となりました。
というか、結局ボーリングで騒いで、バーベキューで飲んで騒いで、という。

どうでしょうかね、みずえちゃんにとって、歓迎会になったのかどうか。
でもま、最後に挨拶してもらったら、なんかとてもいいこと言ってて。
嬉しいことというか。

一緒にこれからも楽しくやっていけたらな、と思っています。

やっぱ、遊びも一生懸命やって、自分の人生を明るく、楽しく生きていきたい。
なんだろう、苦しむことが大事なことなんかじゃなくて、苦しいって、目指すモノがあるから結果、まあ後になって「苦しかったよな」、って話でしかないと思うんだよね。

しかも楽しいこと、明るいこと、って、一人よりも二人の方が倍になるというか、そういうこともあると思うのよね。
自分に再び倍になって戻ってくるというか。
つまりは、それって、相手にも倍になって返しているということでもあって。

どっちにしても、できないことはできないし。
だったらもう、楽しくやるしかないんだわ。

ま、覚えてもらうことはまだまだたくさんあるけれど、それもこれからだな。

なんにしても、仲間が増えるというのは嬉しいことです。
職員が増えた、ってことでもないのよね。
仲間が増えて、嬉しいです。







(BGM:クラフト「僕にまかせてください」fromYOUTUBE)
→やけにさだまさしさんだなあ、と思ったら、作詞作曲がさださんだった。
歌詞が抜群にいい。
泣ける。
スポンサーサイト

<< これは仲間とつながる道具です | ホーム | 「こっち側」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP