FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

俺たちの仕事とはなんだろう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


昨日、Aのことを書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4539.html)、冒頭に今の作業所の人になんで電話しないんだろう、という疑問を書きました。
まあ、してるのかもしれないけど、それでは彼の中では何かが足りないからウチの連中への電話が復活したわけですね。
毎日ですからね。
でもまあ、これ、疑問ではないというか、俺の中では答えというか、考察はあります。

以下に書きます。


彼のように事実上孤立してしまった知的障害者に対して、新しい施策を行います、新しい制度を作ります、といったところで、しかしこれなにも解決しない。


前には、他の例で、例えば公共施設、図書館や公民館に行ってはその受付の人にずっと話しかけ続けてしまう、という人もいました。
まあ、暇ならいいんでしょうけど、彼らにも仕事がある。

とある時には、ほとほとその施設も困ったらしく、ウチのメンバーでも何でもないのに、なぜか本人が虹の会に連絡してくれ、みたいなことを言ったらしく、タクシーで、しかも着払いで乗せられてきた、ということもありました。

ま、たらい回し、というヤツです。
回された方もはて、どうしたもんか、とはなりますが、まあ一緒に楽しくやってたんだけど。
でも、その彼も夜になったらどっかに出て行ってしまいました。
井上の家に泊まっていいよ、となったんだけどね。
そしたらどっかに出て行っちゃった。
もう追わなかった。

ま、その繰り返しなんでしょう。
ウチも積極的ではないにしても、結局はたらい回ししたわけです。

前回書きましたが、親の問題もあって。
親の意向で決まってしまうわけですから。
で、この当人の親とはちょっと前にいざこざがあって、ウチとしてももう手を出せないな、との判断もありました。
そこに割く余力は正直、なかった。


そういうことを回避するために、例えば困ってしまったら施設は親に連絡したりして連れて帰ってくれ、となるでしょう。
そういうことをまあ、包括的に解決するために、「孤立してしまった知的障害者への支援事業を開始します」というのは、いいことのように思える。

でも、冒頭に書いたように、それがあまり効果があるとは思えません。

なぜなら、そこに「つなげてくれる人」がいなければ、その制度は絵に描いたモチだからです。

例えば親御さんがその制度を見つけて本人とつなげてくれればいいですよ。
でも、「孤立してしまっている」という場合、本人は親からも孤立している場合があるのと、そもそも親御さんが孤立してしまっている、という可能性が高い。
高いというより、経験値から言うと、ほぼそういうことである。


つまりは、本人が、親御さんが、日常的につながれる、「この人には電話したい」と思える人が必要なんだよね。
なんか「頼る人」というか。

じゃないと、どんな制度作ったところで意味がない。


前に、「相談のハードルは高い」というコトを書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4532.html)、「困ってるなら相談すればいいじゃないか」というのは、あまりに状況を知らなすぎると思う。

彼らは、そこそこ簡単にあきらめてしまう。
人生を納得出来ないまま納得した感じで、というか、納得という感じもわからないまま、毎日を流されて、「コレはダメ」と言われればあっちに行って、あっちで出て行けと言われればまたどっかに行く、みたいな。
それで、納得してるかというと、納得もなにもない。
納得じゃなくて、そうやって生きていく術を身につけた感じで生きている。

だから、制度がなければないで、それで彼らは生きてはいけてしまう。
というか、死なないではいられるかもしれない、という感じか。


そうならないために。
豊かな人生のために作った制度にどうつなげるか?という話なんだけど、どっちにしても、普段話せる人、というのが必要ってことになります。
簡単に制度に結びつけて、手を引いて、今度は制度のたらい回しをするような人じゃなく、どういう状況にあっても話し続けてくれる人。

親御さんにも、本人にも、そういう人が必要。


それをね、例えば作業所、というような家族の一つ外の存在である「社会」であるはずの場所が担えないと、ちょっとそれは状況としてよくはない。
そういう場所がなければもうそれはそもそも孤立度が高まってしまうけど、あるのなら、そこがきっちりそれを担っていかないとどうにもならない。

それは、社会が彼ら、つまり本人と親御さんを受け止めるか、ということでもあって、そこが受け止めないと、結局親御さんは、本人とセットで社会から捨てられた、という方向に、どんどん孤立していってしまう、と俺は思うのだ。

ウチで言えば、まず、俺たちがイチマルや井上が相談出来る人、にならなければ、俺らの仕事の意味はない、と思って毎日暮らしています。







(BGM:玉川カルテット「金もいらなきゃ、何んにもいらぬ 」fromYOUTUBE)
→「金もいらなきゃ、何んにもいらぬ」で、「私、あんたと暮らしたい」ときちゃったら、まあ普通じゃん!と。
そこで、「もちょっと背が欲しい」とこないと、やっぱ。
スポンサーサイト

<< こだわってしまう自分 | ホーム | 応援してください >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP