FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

背伸びだけど


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、井上が飲みに行くからお金を貸して欲しい、と。
ふむ。
ま、それはよくあることなんでいいんだけど、なっちゃんと行きます、と。

なっちゃんと言えば、昨年にウチを辞めて。
前からやりたかった仕事で、あきらめかけていた仕事から声をかけてもらえたとかで、まあその話があった時はみんなももう泣いたりして。
必至に止めたりして。
そんないろいろがあったんだけど、その後、まあ一緒に野球行ったりもしてくれたりしてたり、ちんどんのライブにはメイクで駆けつけてくれたり、そんな感じで、彼女の仕事の休みにはいろいろて手伝ってもらったり、遊んでもらったり。

ま、そんな感じで、とてもいい感じで仲良くしてもらってるんだけど。

井上なんかもね、まあなっちゃんに限らずいろいろ人を誘っては飲みに行ったりしてるんだけど、まあ大丈夫なんかな、とか思ったりもしますが、あまり介入はしてないんです。

なっちゃんとは、普段俺も飲みに誘ったりもしてるので、様子わかりますが、そうじゃないとなかなかわからないんですが、ま、だいたいは井上が「飲みに行きたい」みたいなことを電話したりメールしたりして日程を調整する、みたいな感じらしいんだけど。

井上は「自分が誘ってる側」という、なんか「カッコつけた意識」もあって、飲み屋も決めなきゃ、とかがあって、いろいろ相談してきたりします。
あとはまあ、やっぱ金の払いの場面の問題で、まず「割り勘とは何か?」から説明して、ただまあ、それだと一円の単位まで割れちゃいますから、それではちょっとあれなんで、どう説明したもんかと思ったんだけど、行く人数を聞いて、全体の値段がこのくらいだったらいくらで割れ、みたいな表を作ってやって持たせることにしました。
そうすると、まあ井上も気が落ち着くようで。

かなり背伸びはしてるんですけど、井上はまあ背伸びをしたいわけで。
そもそも「飲みに誘う」というのが背伸びという気がしますけど、そしてミツとかを誘う、とかも背伸び感、リーダー感がありますから、彼としてはそれがやりたいわけで。

ま、そんなわけで、楽しい時間を過ごしたようでよかったんだけど。


ノブなんかも。こちらは誘ってもらって、行ったりしてるようですけど、なかなかこう誘った側の人が「他のメンバーもぜひどうぞ」と言っているのに誘えない、みたいなところもあったりして、なぜなんだかわかりませんが、ま、確かに人を誘うのは難しい。

井上はノブを誘わないし(どうも派閥的な感じがする)、そういう感じの中で、どうやって、誰に誘ったらいいか、というのを優しいノブは考えちゃってる感じもあります。
ま、なんかあったら相談してね、というような話はしているところなんですが。

これから先、どうなりますか。


ま、なんにしても、冒頭のなっちゃんとか、ノブを誘ってくれるとか、そういう「外の人」が彼らには存在するので、これはまあ素晴らしいことだよな、と思うんです。

そもそもはにじ屋のイベントなんかに来てくれたりして、彼らと仲良くなって、電話番号を交換して、みたいな流れの中で、そういう感じになっていくわけですけど。


こういう人たちの存在は、本当にありがたくて。
というのは、俺たち、例えばアキにしても外口さんとかコンさんとかにしても、それと同じようなコトはできないというか、俺たちはまあ井上のことをよく知っていて、普段のことも知っていて、逆に言えば深い話はできるだろうけど、そうじゃない飲み会、というのはできないわけです。

なんとなく飲みに行く、みたいな。
ま、そういうことも我々ともありますけど、それとも違ったそうじゃない飲み会になるわけじゃないですか。
俺らがいれば、井上たちにしてみたら金のことでも、なんのことでもまあ「任せちゃえばいいし」みたいな感じになるわけで、でも、そうじゃない飲み会、というのは俺たちとは彼らはやれないわけです。

それの実現は、彼らの存在なくしてはできない、というか。
だから、いろいろな経験させたい、みたいな軸でいうと、本当になんかありがたいわけです。


それに、まあこういう外の人がいる、というのは、毎日の中で困ったコトがあった時、辛いことがあった時に、メールしたり、電話したりもできるわけで、それってすごく空気が入れ替わる感じ、というか、そんなのがあっていいよな、とも思うのです。

ま、井上たち、認識の高い連中の話ではあるんだけどね、この辺は。
でも、その辺の連中がこういう経験をしてなければ、閉塞感ももっと高くなるような気がします。
彼らがそうやって多少の背伸びという経験も含めて、人とのつながりを広げていくことは、カイとか喋らない連中にとっても、空気感としてプラスになってるような気がします。


そして、なっちゃんや外の人たちにしてみたら、知的障害者と飲みに行く、なんてことが人生にあるとは思ってなかったと思うけど、でも、それが実現した、みたいな、なんかそれもいいよな、とか思ったり。









(BGM:愛川欽也・うつみ宮土理「マン・マン・マーチ」fromYOUTUBE)
→キンキンケロンパ。
ステキなご夫婦ですね。
「さあさ、みなマン、始まるマン、マンマンマーチでスタートマン!」
…ま、マンです。
すべからく全ての言葉にマンを着けていくという謎の唄なわけですが、これがなんか残るわけですね。
冒頭、そして途中に入るベートーベンがなんかイイね、これ。
スポンサーサイト

<< 女の人が惚れる女子プロレスラーがもっと出てこないかなあ | ホーム | 古き良きフジテレビドラマ ★ 映画 「コードブルー」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP