FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ヒエラルキーは利用するモノかもしれない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、値段付けをしながらカズミと話していて思ったんだけど、俺はそういえば、小学校の時は目立たない子だった。
どっちかというと、もういるんだかいないんだか。
静か~な子だったし、人と遊ぶのもうまくなかった。
だから、仲間にもなかなか入れなかったし、逆にクラスで真ん中にいる子たちがすごく羨ましかった。
みんなとワイワイやれてていいなあ、って。

当時は、運動ができるか、勉強ができれば、その仲間に入れたんだけど。
そういう人をものすごく羨ましく思ってたな。
運動も勉強もできなかったから。

俺が小学生の頃、葬式ごっこが問題になって、イジメというのが顕在化してきたんだけど、そういう凄惨なイジメみたいのはなかった。
仲間はずれ、みたいなことはあっても、二三日すれば収まったし、謝れば収まったりしてた。
俺はまあ、そこにも登場しない、まあなんの特徴もない子だったな。


で、中学になって人が変わったようになっちゃうんだけど。
まずなにせ中学の卒業アルバムとか、もうなんか俺ばっかりのってる、みたいな。
高校になったら、もうそりゃ学校で一番目立ってた連中とつるんでたし、真逆の人生になった。
クラスの感じもあったろうし、そもそも俺は当時は、中学になってなんか背も伸びて、かっこよくなっちゃって、とにかくモテたのだ。
それで人生が変わった。
中学までが、いわゆる付属だったのもあって、高校は違ったんだけど、そうなるとまあ高校では相対的にすごく成績よかったし。
中間テストクラス1位とかままあることだった。
学年だともっと出来る子はいたけど。

そうなると、まあまわりの見立ても変わってくるし、なんか、それでまあ変わったなあ、と思うんだけど。


カズミは、なんか小学校の時から出来た子だったようで、学校で目立つ子。
運動万能、勉強できる、みたいな。
中学に行くと、もうそれに疲れちゃったんですよね、とか言ってた。

学校の頃は、出来る子、目立つ子、ってのは、先生にもよく「使われる」んだよね。
俺も高校の時とか「文化祭はお前たちにかかってるんだから」とか言われた。
「運動会でも、お前らが応援団やらなくてどうすんだ」とか。
ま、そうやってクラスの雰囲気をあげていきたい、という先生の目論見はわかる。
というか、アタマがいい子は、その当時からその先生の目論見がわかっちゃうから、まあ疲れもするだろう、というか。


俺は、中学で変わったから、というか、結果的にだけど。
だから、疲れると言うことはなかった。
でもまあ、クラスの中心の人には中心なりの悩みもあるんだなあ、というのはわかった。

小学校の時、ワイワイ楽しそうな人は、本当にワイワイ楽しいんだろうと思っていたけど、それはそれなりにやっぱいろいろ苦労もあるわけで。
おまえやれよ、なんで俺ばっかり、みたいな気持ちにもなっちゃったりね。
なんか全部自分のせいにされたりね。
目立たなきゃそんなことはないわけで。


で、俺はね、なんかよくわからないけど、中学になって中心になった時に、中心じゃない子とも時折遊んでたのよね。
だって、俺がそっち側だった時、そういう中心の人に誘われたらすごくうれしかったから。
それ、やろう、って思いがなんかあった。

高校の時もそういう感じがあって。
つるんでいた学校一の悪いヤツがそういう感じだったこともあって。
ま、そいつが今思えばすごい人格者だったんだけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-2717.htmlのシリーズ)。

みんな楽しかったらいいのに、というか。
そういう気持ちは彼の影響で、今でもある。

それにね、ちょっとやらしいけど、そうやって誘った子はさ、必ずなんか俺に感謝してくれるというか、一目置いてくれるでしょう。
逆の時そうだったから。
俺の中学の同級生のYなんかも、まあドラムがいなかった時に「ドラムやって」って頼んだら千葉の向こうの方からやってきてくれたけど。
卒業して何十年たっても、いまだにね。
そういう関係が変わらない、というか。


何が言いたいかというと、真ん中にいる子は、それなりに悩みがあるのよ。
疲れちゃうくらい。
でも、そこにいる、いなきゃ、というプレッシャーもあって、やっぱイジメとかしちゃうんかな~って。

でも、そういうのやめて、もう「みんな楽しかったらいいじゃん」「アイツ誘ってやろうよ」って考えに転換できたら、もっと気楽に真ん中もやれるんだけどな、って思ったり。
そうしたら、必ず一目置かれるよ。


だって、子どもの集団にヒエラルキーは必ずあるわけだから。
それを「みんな平等です」って言ったって、やっぱイジメはなくならないもん。

要は「いじめっ子がそのヒエラルキーを使ってどう出るか?」だと思うんだよな。









忘年会

(BGM:大西ケンジ「チャンス」fromYOUTUBE)
→はるな愛さんだそうですけど、確かに声は今の彼女ですね。
俺はけっこう彼女好きなんですけどね、こんな曲も出していたとは知らなかった。
スポンサーサイト

<< 本当は次の話が… | ホーム | 運命に導かれた結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP