FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

霊が実在するという前提、なのか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


菅野久美子さんの書いた「事故物件めぐりをしてきました」、森史之助さんという人が書いた「事故物件に住んでみた」を読んでみたわけですが。

事故物件、というのは、まあ平たく言って、事件とか自殺とか、そんなことで人が死んだ部屋、みたいなことですか。

まあ、どうなんでしょうね。
不気味ではあります。

霊というモノが存在するとするならば、確かにそこには、この世に未練を残した霊が存在してそうだし、後から住んだ人を自殺に追い込みかねない、という気もしてきます。
そうとうな恨みを持ったまま死んだかもしれない。
そう考えると、ちょっと恐ろしいモノがあります。

今は、大島てる、とかいうサイトがあって、事故物件を明確に地図にしている。
というのも、事故物件は隠されがちである、ということなのだろうと思われる。

事故物件というのは、専門用語?で「瑕疵物件」というらしいけど、一つ次の入居者まではその告知の義務はあるモノの、その後はないらしい。
だから、事故があったらとりあえず担当する不動産やの社員なんかを形式上住まわせて、数ヶ月したら入居者を募集する、ということもあるらしい。
つまり、霊ロンダリング、みたいなことだろうか。

それでこの世に自殺するほどの恨みを持った霊がいなくなるとは思えないが、そうやってまあ、「告知義務」だけは免除される、という仕組みである。

それをまあ「悪徳」というか、どうか?

そもそも、世の中は「霊などいない」という建前で回っているから、そもそもこの「間に入居者一人入れればいい」というのも悪徳と言うより、「霊がいるかもしれませんし」という「親切な人」という気もしなくもない。

ただまあ、この告知義務も、そもそも霊の存在を認めてそうしてるわけじゃなく、「気分悪いでしょ?」ということなのだから、まあなんだか回り回って何が何だかもうわからない。
でも、よくよく考えれば、それもそもそもは「霊が残ってるかもしれないし」みたいなこと、って気がしなくもナイ。
ま、よくよく考えれば、物件に限らず言えば、長い歴史の中、人が死んでない土地などなかろう、って気もする。

まあつまり問題は「霊がいるかどうか」と、「霊はその部屋に残るのか?」という部分なんだけれど、その部分がもうなんにしてもなにもわからないので、まあ、周りでみんなでうろうろしてる感じがします。

本当に霊がいるとしたら、もうこの世は霊でいっぱいであろう。
霊も、いい具合に、例えば50年で消える、とかいう寿命があれば別だが。
でも、よく落ち武者の霊は目撃されるが、縄文人的な人の霊、というのは聞いたことがナイので、霊にも寿命があるのかもしれない。

どっちにせよ、まあ部屋どうであろうと、その土地では必ず誰かが死んでる、といって過言ではないはずで…。


さて、そんなわけで、みなさんはどうでしょう?
例えば、瑕疵物件、UR言うところの特別募集物件、というヤツですか。
10万円の家賃のところ、5万円でいいですよ、となったら?

実際、この人たちはその物件に接してるわけだけれど、特に取り憑かれて自殺をしているわけじゃない。
でも、不幸が連鎖する物件も確かにあるにはあるというのがこの本からわかる。
下の階の人から「ずるずるとものを引きずる音がうるさい」などと、全く身に覚えのないことを言われたりはするようだ。

ふむ…。
こうなると、なかなかに難しい選択である。
ギャンブルである。
不幸が連鎖するといっても、本人が死ぬんじゃなくて、友達が泊まりに来たら死んでた、とかいうこともあったりするらしいし、その部屋ではないが、隣の部屋で入居者本人じゃなく、訪ねてきた人同士で事件を起こした、ということもあったり。

つまり、自分の内なるチカラと事故物件の闘いであるのかもしれない。
そうなると、自分の内なるチカラがどの程度かわからないし、中にはもう入居しなくてももらい事故のように、その部屋に訪ねていっただけで事故に遭わないともいえないのである。

というのも、それもこれも「霊がいる」という前提ではあるんだけど。
霊はいなくても、「霊がいる」と信じる人の心がそれを起こしているのかもしれないけど。

さて、そんなことも含めて考えた場合、どうしますか?
住みます?
安いですよ?

ということなんですが、まあわざわざそんなギャンブルをしたくはないよな。
霊がいようがいなかろうが、それを信じようが、なんかちょっと信じちゃうかもしれない気持ちがある限り、やっぱ避けますね。

中には、もしかしたら例えば多少、床が斜めになってる、みたいなことで、精神が不安的になる、んで自殺に追い込まれちゃう…、みたいな物件もあるのかもしれないな、とか思いますし…。









(BGM:夜叉「One More Chance~孤独の賭け~」fromYOUTUBE)
→「ワンモアチャ~ンス!」っていう、「チャ~ンス」の部分のシャウト&エコーが哀しい感じをすげえ出してます。
歌謡曲とロックの間、歌謡ロックみたいな。
この路線、キライじゃないですけどね。
スポンサーサイト

<< 大ファンだった | ホーム | 一緒に逆襲して欲しいんだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP