FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

24日のイベントに参加してください


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


リーダーが自分のやってることややってきたことに疑問や反省がないと、考えや行動を変えられず、間違った道をとにかく闇雲に進まざるを得なくなる。
でも、すぐに行動を変えるリーダーも困る。
といって、初動の段階でいつだって正解なんかできない。
そして、おそらく初動の間違いをずっと意見され続けなければならない。

そう考えると、リーダーになんかなるもんじゃない。と思う。

生徒会長だって、学級委員長だって、PTA会長だって、なんだって、なんで好き好んでやる人がいるのか不思議だった。

ま、それでもPTAの役員はくじ引きでやることになって、まあそりゃ大変だった。
だいたい、PTA自体がもう形骸化してて、硬直化してるから、やるもやらないももうそもそも「参加して損」のレベルなんですよ。

そこで、例えばなんかのイベントの意見を出したところで、もうなにやってもダメなんですね。
必ず反発が出る。

もちろん、最善の策を考えはするけれど、それでもそれはある程度「この集団で何をかしよう」みたいな一体感があって最善、ということであって、ソレがない場所では、何を言っても最善は最悪にしかなりません。

だから、俺は何も聞かないようにしました。
とにかく、初動で通そう、と。
で、「参加したくない人は参加しなくていいです。俺が一人でもやります」と言いました。

なんにしても、やらなきゃ終わらないんですね、PTA。
PTAバザーとか、PTAの行事も、やる必要があるのかどうか、ということから話し合いを始めるほど、時間も気力もありませんでした。
本当は、そこから話を始めなければならなかった。

でも、それはもう放棄したんです。
とにかく、任期を終わることだけを考えた。

でもまあ、そんな中でも、いろいろと参加してくれるお父さんやお母さんがいたので、最後はまあ、大団円で終わりましたけど、まあ彼らも「バザーが必要かどうか」までは話し合いたくはなかったんだと思います。
ソレをやってしまえば、逆に、子どもが卒業した後も、未来にも責任を負うことになってしまうから。


てなことでね。
ま、リーダーになんかなるもんじゃないし、なりたくもない。
俺にはそんなに野望もなければ、思いもない。

けど、まあ俺もここでは専従の最古参になってしまったので、それなりに毎日の中で何かを決めなければならない場面も多い。
決めなければならないから、決める。
でも、ソレが間違ってたな、と思うコトもある。
そういうときは、もう「間違ってた」という人になろうと思っている。

そういう最古参は頼りないかもしれないが、でも、しょうがない。
俺にはそんなに自信がないし、実力がない。

ま、多くの人に支えられて、なんとか毎日はやってるけれど、俺が何をかできているともあまり思えない。


だからまあ、藤井を失ったのは小さくない。

ま、藤井のことだけど、藤井がどう自身のことを思っていたかは知らない。
俺に言っていたことが彼の本音だったかどうかはわからないからだ。
でも、おそらくは、彼が俺を失っていたら、同じように、「小さくない」と言っただろう。
おそらくではなく、ほぼ100%。

ただまあ、彼は障害当事者であって、俺とはまた立場が違う。
彼は何があっても闘い続けなければならなかったわけで、それは俺とは違う。
俺は、別にここから去ることは可能だ。
どこに行っても、おそらく生きていくことはできる。
彼は、まあソレができない立場にあった。

腹の据わり具合も違ってはいたと思う。

ただ逆に言えば、俺のそういう立場からすると、そういう男を失ったという穴は小さくない。
大きいとは言わないが。


何が書きたいのかだんだんわからなくなってきたけれど、俺はでも、証明しなきゃいけないと思ってて。
リーダーになる、のではなく、少なくとも最古参で居続けることを。

そしてそれはトンネルの中に放置されたような気分だ。


んなわけで、24日に、みなさんとお会い出来ますよう。


24日の藤井の遺作を見る会の詳細→ http://www.nijirock.com/blog/?p=11368







(BGM:フィーバー「悪魔に口づけ」fromYOUTUBE)
→いや、もうね、女の子三人組ってのがさ、どういう女の子の組み合わせにするか、ってことなんだな、ってのがよくわかる。
可愛言っていっても、同じようなタイプでは意味がないというか、3倍売れたい、というか、「どっかに引っかかってくれ」的な感じなのか、三者三様にかわいい、という。
しかし、この振り付けはなんだか、サビになると急にキビキビしてるので、ちょっとひく…。
スポンサーサイト

<< 大人になるとすごく難しくなる | ホーム | それでも悩みは続く ★ 「聲の形」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP