FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「ほっとく」が一番すごいんだから


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


カイが実家の用事で、数日実家に帰る、って話があって。

そもそも昔、カイはお母さんと一心同体みたいなところがあって、今のように親と離れて暮らすなんてことは、学校時代の彼を知るひとならおそらく誰も想像だにしなかったんだろうと思いますが。

カイの実家はすぐ近くなのですが、まあ帰るのは盆と正月くらいで、そんなに帰りません。

で、前回のお盆の休みはいろいろと実家でしでかしたようで(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4537.html)、こちらではあまり最近は見ない凶暴な一面も見せたらしい。

その話を聞いて、まあそうだったなあ、と。
ちょっと前まで凶暴だったなあ、とか思い出し。
いつ頃から噛まなくなったっけ?とか。

でも時々はやらかしますよ、こちらでも。
思い出したように。
でもまあ、総じておだやかなので、忘れてましたけど。
ゼロにはやっぱなりませんからね。


まあそんな中、用事があるので、実家に帰してください、という話がありまして。
で、お母さんとしてもこのままじゃイカン、と思ったらしく。
やっぱ、なんか母子のアレがうまくいってないじゃないか、みたいなことなんでしょうか。
ちょうど用事がある日に帰ってくるなら、もう一泊こっちでいいかな?という話があったんです。

ま、何もなければ別にどうでもいい話しなんです。
どうぞどうぞ、というか。
親と一緒の機会もそうそうないわけで、そういう時間も大切かと思いますし。

でも、その次の日、延ばしたかった一日が、うちのイベントに重なってまして。
ちょっと、無理ですねそれは、って話になって。


ま、これもね、本来なら本人と親の話し合いの問題なんだけど。
「あんたもう一泊出来ないの?」
「ダメダメ、明日イベントあるから」っていう、よくあるドラマの感じのアレになるはずなんですが。

でも、カイはそもそも話しませんからね。
話せないのか、話さないのかわかりませんが、こっちの話はわかってるようなんだけど。
そんな状況なので、まあこっちと電子的なやりとりをしてたわけなんですけど。
ま、秘密ですけど。

で、「あ、そっか。じゃ、延ばすのは無理ですね」という話になって。


これね、けっこう面白いと思ったのは、「親が子どもの通ってるところのイベントの日程を知らない」ってことですね。

これ、まあ大人ですから、そりゃそうなんですが、でも、そもそも知的障害の子がいる親で、自分の子が通ってる作業所のイベントのことを知らない親がどれだけいるか?と考えると、まあうちの親たちくらいじゃないでしょうか。

ま、そもそもお知らせしませんからね。
連絡帳もお手紙もありません。
一般の方に送ってるのと同じ機関紙を送るくらいで、それもまあ、会員になってればの話で、じゃなければ、まあ送らないし。

それにまあ、大体の作業所では、イベントには親がかり出されるんだと思うんですよ。
というか、そもそも運営に関わってたりするでしょ。
そうなると、そもそもイベントのことは子より親の方が知ってたりする。

これね、彼らのメンツ、すげえつぶしちゃってるんですよね。

だって、「自分たちのところでやるイベント!」なのに、親の方が知ってたら、もう自分いらないもんね。
「自分たちのところ」じゃないもん。
「自分たちの親のところ」だもんな、それ。

そんな状況で、「仲間感」とか「一体感」なんて作れるわけない。


そういう意味でね、カイのお母ちゃんはすげえと思うんですよね。
ほっとく、ってやっぱ難しいですよ。
それが知的障害の子ならなおさら。

でもね、子離れないところに親離れはないですから。
自立だとか言ってる団体も沢山ありますけど、まず親が手を引くべきでなんだけどね。
そんなの簡単な足し算ですよ。


てなことで、まあ実はその帰る日程、帰る日、ですね、それがどうも一日間違ってたみたいで、俺が最初に聞いたと思うんだけど、特にメモを取るでもなくハイハイ聞いてたら間違った、という。

で、まあカイのことだから、「その日に帰る!」とがんばるかと思いきや、そういうこともなく。
なんか普通に、「あ、何、今日じゃないの?」みたいな。
なんだよもお、荷物準備しちゃったじゃん。
しょうがないなあ。まあ、明日帰るよ、みたいな。

いや、カイには悪いことしちゃったけど、でもまあ、カイの成長もちょっと感じた今日この頃でありました。








げすいい

忘年会


(BGM:ムスタング「ゲルピン・ロック」fromYOUTUBE)
→ゲルピンってのは、金がない、ってことらしい。
「ゲルピンだってへっちゃらさ、だってぼくたち若いんだもん 夢があるのさいつだって」
…なんかねえ、これカッコいいわ。
この時代、いい時代だったんじゃねえか、って気がしてならない。
スポンサーサイト

<< 不正と不正防止 | ホーム | 生徒会長の呪縛 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP