FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

出されたショートケーキのイチゴだけがない、という恐怖


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「驚愕!リアルドラマSP 本当にあった怖い話」

「ほんとうにあった」、と平仮名のものや、「こわい」が平仮名、とか、まあいろいろなシリーズがあります本当にあった怖い話シリーズ。

これですね、まあ本当になかったですね。
というのも、もう古典ね。
古典が多い。
「目撃」という作品は、例の「近所の殺人事件について警官が聞きに来たが、その警官が犯人」というヤツ。
「ドクター小林」ってのも、廃墟で肝試しをしたのが5人だったはずが廃墟内では6人になってた、みたいな。
設定はともかく、いわゆる定番。
「鎌男」ってのもですね、まあ「ヘンな集落がある」というのは定番。
にしても、まああまりにストーリーがなさ過ぎる…。
ずっと鎌を持った男に追いかけられるだけで、最後は車に乗せてもらって助かりました。
あんなことはこりごりです。
…って、おいおいおい。

「残業」って作品もまあ、オーソドックス。
火事で死んだ子が現れる、という。
それだけで、そんなに怖くない。
というのも、出てくる子どもをもっと白塗りしないと。
この生気溢れる子どもでは、急に出現しても怖くない。
呪怨のとしおくんを見習って欲しい。

しかしですね、これ、よかったのは「訪問販売」って話。
訪問販売員の主人公がある家に行く。
そこで、奥さんとおぼしき人になんか一般的なセールスマンへの対応以上の過剰な応対をされる。
で、ケーキを出されるんだけど。
そもそも、セールスマンにケーキを出すってのがおかしいんだけど、そのケーキ、明らかにショートケーキなんだけど、イチゴだけがないのよ。
イチゴだけ食っちゃったみたいなケーキを出される。

これ、怖い。
ネジが一本ズレている、というのは怖い。
そして、この奥さん役、一貫して怖い。

これはなかなか健闘していました。


「クレーマー case2」

これですね、別にクレーマーじゃないですね。
結局、最初の発端はクレーム電話だけど、その後は流産の末自殺した女性の霊と主人公の闘い、となります。
ので、クレームのやりとりとか、そういうのじゃない。

途中、クレームを受けた会社が成分表示を偽っていた、とか出てきますけど、それもなんの伏線にもなってない。
別れた元旦那が他の女と付き合っていた?みたいになるけど、それもほったらかし。
流産した末に自殺した女性が旦那と恋仲だった、というのなら話のスジは通るけど、その確証がないまま終わります。

なんで、もうなにがなにやら。
最後、その女の亡霊が股から何かを落としますけど、ちょっとそれは苦笑でしかなく。


「コントロール」

凶悪な殺人犯、死刑が確定したが、その犯人を被験者として「善人になる薬を試す」というのがこの映画のスジ。
しかし、薬が効いたかどうかが微妙なのね。
冒頭、かなりこの「効いたぜ」からの、大暴れ、が繰り返されるので、「もう大丈夫」となって社会に出されたあとも、「本当に効いてるの?」という疑念が拭えない、というのがこの映画のスリリングなところ。

そしてラスト、これ、全てがひっくり返ります。
そして泣けます。
男を担当してた医者がその後、子どもの施設で働いている姿を見て、俺は泣いてしまいました。

ま、書いちゃうと陳腐なんで、どういうことかは書かないけど、人はやっぱり人によって更正するのだ、というね。
きっかけはなんであれ。

時間あったらぜひ見てください。


「ひきこさんVS貞子」

いや、これね、いじめられた側の描写と、いじめた側の描写、あまりにその描き方に落差がありすぎるでしょ。
いじめた側のは催眠術師が絡んできてコントみたいじゃないか。
しかも、ひきこさん、貞子が実写化して着物着て出てきて…って、まあもうコントだよ、これ。

いじめられっ子の主人公がいい味出していただけに惜しいなあ、これは。







(BGM:アダムス「旧約聖書」fromYOUTUBE)
→いや、この壮大なコンセプトに負けないサウンド。
早すぎたな、これは。
ちょっとプログレファンとかにも聞いて欲しい一作。
スポンサーサイト

<< さじ加減 | ホーム | 敵を見誤るな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP